カテゴリ:3年間のブランクと、再スタート( 1 )
3年間のブランクと、再スタート
d0088142_633672.jpg

こんな仕事をしていると、客席でショーを眺める家族のあふれん
ばかりの幸せな笑顔を毎日のように目にします。
そんな笑顔を見ていると、自分の未来がとても不安に思えて定住
の地を求めたい…
といった強い衝動的な感情に襲われることがあります。

d0088142_642375.jpg


今から4年前、ちょうどそんな思いが強いときに
映画の完成披露パーティーで同じ思いを持ったモデルの女性と
偶然出会いました。
同じ思いを持ったもの同士ということもあり、互いにすぐに打ち解
けることができ、一緒にいるとよりその感情が強まっていきお互い
に引退を決意し、幸せな家庭を夢見て結婚しました。

d0088142_65027.jpg


幸運なことにすぐに子供も授かり、どんどん夢も膨らんで
いきました。

しかし、お互いに目標としていた道を急に変えたことから生まれる
後悔や諦めきれない思いから自分らしさを失い、しだいに愛情にも
すれ違いが出始めました。

今振り返ってみると、どちらも輝ける場所があったからお互いの
ことが魅力的に見えていたのかもしれません。

しだいにお互いへの魅力は失せてしまい
僕も彼女も愛情は子供へのものだけになっていきました。

そうなると、必然的に離婚という方向へとむかい
何度か子供の幸せのためにと軌道修正を試みたのですが、、、

結果は離婚

話し合いの結果、お互いに元の道を目指そうということになった。

子供に関しては、子供の幸せを考慮した結果
親権は僕の方に残し、子供のことで協力できることがあれば
いつでも協力するということで離婚が成立し、僕と娘との新しい
生活が始まりました。

そんな、キレイ事の約束が守られるのなんて最初だけ
あっという間に妻からの連絡はなくなり

家事をやりながら子供と過ごす毎日

最初のうちは慣れない家事に疲れ、子供を寝かしつけながら
いつの間にか自分も一緒に眠りこけてしまい家事をこなせない
まま一日が終わるなんてことも多々ありました
貯まっていく家事をこなしていると、次は仕事のための十分な
練習時間がとれず良い仕事ができない。
そんな悪循環がストレスとなって蓄積していき、全てを投げ出し
たくなる事もありました

ですが、

純粋で無邪気な子供の笑顔が、それを思い止まらせるんです
それどころか疲れを癒しパワーをくれるんです

今まさに

『守るべきものを持った者は命に代えてでも何でもできる』

そんな親の気持ちを、身をもって実感しています
子の存在って大きいですよね

今はその生活にも慣れ
どうにか時間のゆとりまでも作れるようになり
夜な夜なこうして日記を書いています

愛しい子供と過ごせる幸せをひしひしと感じ
過ごす日々

それと同時に、

常に危険と背中合わせの仕事の中で
今まで以上に失敗ができないといったプレッシャーを
感じ、更には自分の子供からの視線を受け
これまでとは違った新たな気持ちで仕事に取り組む
ことができています

d0088142_652776.jpg


幸いなことに、今のところ娘の夢は
「パパみたいになりたい」 と言ってくれてます
この気持ちを大切に育てて、いずれは
僕が今まで歩いてきた道のバトンを渡せればいいなぁ~。

この三年間いろんな事があり失ったモノも多いですが
それ以上にかけがえのないモノを得たと心から実感
しています。

そんな再スタート、この先にはどんな未来が待ち受け
ているのか楽しみです。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-09-06 15:16 | 3年間のブランクと、再スタート