カテゴリ:Germany( 3 )
友人家族のイベントに便乗し10数年ぶりのヨーロッパパーク
d0088142_553733.jpg


23、24日と、先日のドイツでのイベントに引き続きドイツ側
の国境を越えて10数年ぶり??にやってきたのは

d0088142_5533432.jpg


ここヨーロッパパーク

一度ここでお仕事させていただいたことがあるのですが
その時はまだ独身でした

子連れで楽しんでいるお客さんを見て、子供と来れば楽
しい場所なんだろうなーなんて考え眺めていた記憶が
蘇ってきます

d0088142_554393.jpg


それが今、娘と訪れているという現実が目の前にあること
になんとも不思議な気持ちにさせられます

d0088142_555674.jpg


新しく仲良くなったスイスのご家族が、この夏のファミ
リーイベントにお泊りでテーマパークに遊びに行くと
聞いて便乗させてもらっちゃいました

d0088142_556111.jpg


この夏は引越しなどで先の予定が読めず、これといった
ファミリーイベントを考えてなかったのでラムは大喜び

しかも全てがドイツ語なのでラムにとっては最高の環境

d0088142_5562740.jpg


ヨーロッパのいろんな地域や童話をテーマにした遊具や
催しがあり、キャラクター色の強いディズニーランドと
は対照的で面白い

d0088142_5571487.jpg


こんな高飛び込みのショーなんかもありましたよ

d0088142_557343.jpg


空中ブランコなんか比べ物にならない高さからのダイブ
見ているだけで背筋がムズムズとしてきて嫌な感じです

d0088142_5575456.jpg


そんな私とは対照的に、ラムはやってみたそうな感じ?!


d0088142_5584342.jpg


いつもは年齢制限があって、なかなか入れないでいた
ボールプールを発見し

一緒に行った家族の子供たちと入り楽しそうに遊んでます

d0088142_605212.jpg


私の知り合いが今シーズンのここのショーに出演している
こともあって、途中から私たちは同行させていただいた
ご家族とは別行動でショーを中心に見て回る事にしました

d0088142_612686.jpg


まず初めに向かったのは中国のショー
雑技学校出身の芸達者な4人の子供たちがいろんな演目を
こなしていきます

d0088142_615438.jpg


さすが中国!! ハイレベルなテクニックで魅せてくれます
このショーを見ただけで満たされてお腹いっぱいな感じ
なのですが

d0088142_622282.jpg


次はアイスショーに向かいます

d0088142_63294.jpg


すごいお金をかけたショーで凄い技もいっぱい見せてくれ
るのですが、、、、

d0088142_63266.jpg


なんかまとまりのないショーで、途中で帰る観客が多く
子供たちが退屈そうにしています

ラムもめずらしく見ている途中に眠っちゃいました
まぁ、ちょっと疲れもたまってるからの事でしょう、、、

今日はこれにて一旦帰宅


d0088142_672653.jpg


さて、日も変わり今日はヨーロッパパーク二日目

d0088142_682446.jpg


d0088142_685654.jpg


今日もヨーロッパパークで遊べるとあってラムは
朝からご機嫌です

d0088142_694595.jpg


早速、ストリートパフォーマーに遭遇

d0088142_6104586.jpg


d0088142_6113082.jpg


今日は乗り物にも挑戦

d0088142_6123679.jpg


久しぶりにラムのこんな笑顔を見ました

d0088142_6135872.jpg


そして、次に向かったのはイタリアエリアのエンターテイ
メントアクロバットショー

d0088142_6151713.jpg


席につくまではこんな感じで、おちゃらけていたのですが
音楽が始まりパフォーマンスの道具が出てくると

d0088142_6171181.jpg


先ほどまでの締りのない笑顔から目つきも変わり

d0088142_61873.jpg


その見つめる先にあるのは、同系統のパフォーマンス

d0088142_6184163.jpg


同業ではあってもキャリアが違います
一流のパフォーマーの演技だけあってさすがですね

d0088142_6213078.jpg


でも、

セクシーさは数年先まで敵わないにしても今のラム
ならば、技と表現力だけならば、もう1レベルぐらい
アップするだけで出来そうな気がします

時間にすると、あと一年先ぐらいかな

d0088142_6222235.jpg


なんて、考えながら次に向かったのは

水遊びの出来るエリア

d0088142_6233344.jpg


暑い日だけあって、大掛かりな遊具もないのに
大人気です

d0088142_6245354.jpg


子供は子供らしく、こうでなきゃダメだよね!!
セクシーさなんてのは、まだまだ要らない(笑)

ラムも楽しそうに一緒に行った家族の子供たちと
服をびしょ濡れにして遊んでます

d0088142_626311.jpg


ラムには尋ねてみてないけど
今回のヨーロッパパークでラムが一番楽しいと
思ったのは水遊びだったんじゃないかな

親子共に本当に楽しい時間を過ごせました
同行させてくれたご家族に感謝です
[PR]
by kinosuke_otowa | 2012-07-25 21:50 | Germany
屋外ステージを経験
d0088142_18471028.jpg


ドイツのSchopfheimという街に来ています

d0088142_18475546.jpg


今日はここで行われる Folk im Park というイベント
のステージに出させていただきます

d0088142_18491925.jpg


他の出演者は全てミュージシャン。しかも、ライブ慣
れしたベテラン揃いです

d0088142_1849454.jpg


前の出番の人が会場を盛り上げていく光景を黙って眺
めるラム

d0088142_18502452.jpg


雰囲気の違う盛り上がりに、ちょっとプレッシャーを
感じてるようです

前のバンドの盛り上がりの余韻が会場に漂う中、司会
者からの紹介を受けてステージの中央に登場したまで
は良かったのですが、緊張しているところに持ってき
て、音響トラブルで1分間の中断

ステージ上でそのまま待たされ、更に緊張してるのか
なと思いきや

会場がその事によってざわつきだしたことで、ラムの
緊張も一緒に解れたらしく、いつもの大道芸と同じ
雰囲気でショーを開始することができたようです

d0088142_1852986.jpg


はじめはザワザワしていた会場も、心地よさそうに舞
うラムの姿に観客の視線も集まりだし、徐々に静かに
なっていき

d0088142_18531488.jpg


和の曲が響き渡る会場を、神秘的で悲しくも温かい
不思議な空間が包み込んでいきます

その雰囲気に後押しされ、失敗の多いポイントもパー
フェクトにこなし大拍手と歓声の中ショーを終える
ことが出来ました

d0088142_18535913.jpg


ステージをやり遂げたことでの安心感と達成感から
自然にこぼれたラムの笑顔に、今まで会話を交わす
こと無かった他の出演者たちも笑顔で「良かったよ」
と声を掛けてくれました

d0088142_18542792.jpg


すごーく嬉しそうです

d0088142_18561597.jpg


ステージと観客が一体となった不思議な時の流れが
今まで経験なしたことのない心地よさをラムに与え
てくれたらしく、イベントの全ての演目が終わり
会場のステージが撤去されていくまで会場を去ろう
とはせず、今日のイベントが行われた会場をジッと
眺めていました

d0088142_18564539.jpg


素敵な経験をさせてくれた来場者の皆さん、そして
チャンスを与えてくれたスタッフの皆さんに心から
感謝してます

d0088142_18571197.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2012-07-22 18:44 | Germany
ドイツのミュンヘン空港で
※これは昨年の12/14から今年の1/15にかけてヨーロッパを
旅してきた時の報告日記です



12月14日の朝
成田からドイツのミュンヘンに向かいます

d0088142_1550710.jpg


ここミュンヘンには飛行機の乗り換えのため
立ち寄るだけだったのですが、次の便との間
が6時間も空いているため一度外に出て友人
と会うことにしました

携帯で連絡を取り合いながら空港内のティー
ラウンジへ

10年ぶりに会う友人なんだけど、お互いに
歳をとると見た目も性格も変わり

驚きです。。。。

なんとなく昔の面影はあり、携帯電話のおか
げもあって無事に再会は叶ったわけだが

驚きです。。。

お互いに、見た目の変化の事にはあまり
触れず思い出話にふけるが、お互いの目線
が言いたいことを理解させてくれる

悲しい。。

当時はツンケンしていたもの同士がこうして
懐かしく温かい時間を過ごせることが
なんとも不思議な感覚で、それでいて嬉しい

そして、自然な流れでそれからのお互いの歩
いてきた道のりの話になったのだが、同じ時
間を経過しているはずなのに、こんなにも違
うのかと、彼の話してくれる歩いてきた道の
りの1つ1つの出来事に驚かされる

なんか、途中で挫折したり、パフォーマンス
以外のことにすったもんだしてきた自分の
人生が恥ずかしく思えてくる

ここで少しばかし、彼について紹介すると
ロシア出身で現在ドイツ在住のアクロバット
パフォーマーで名前はYury(ユゥリ)
出会った当時はハンドトラピスと言う手から
手に飛び移る空中ブランコのようなパフォー
マンスを行なっていたのだが、その後ソロで
の逆立ちパフォーマンスで輝かしい経歴を作
った。現在はサーカスだけではなく、スポーツ
ジムナスティック界でも有名な存在で、昨年
ドイツに自分のジムを設立し現在は2店舗
抱えるスポーツジムのオーナー

彼が空港に出向いてまで私に会いたがってい
た理由は、彼のジムで使用するトレーナー
指導用マニュアルの添削お願いである

その事は事前に知っていたので、早速本題に
入りこちらの持参した資料と照らし合わせなが
ら添削作業を開始した

一通り目を通してみると、なかなか的をついた
合理的なマニュアルであることに驚かされる

中でも一番驚かされたことは、目標を持たせ
不得意な能力を向上させていく喜びを与える
従来のトレーニング方法ではなく、秀でた能力
を使用するトレーニングに不得意な能力を使用
する運動を加えることによって牽引していくという
心理的な効果をも狙った点である

とても参考になり、こちらの資料を添削する
ことと半々の作業となった

そして、長い作業となった添削も無事終了し
一息ついたところで

彼はカバンの中から、私の娘の為にと
ドイツのサーカスと教室のリスト、そしてそれらに
居る彼の知り合いの連絡先を書き出したメモと
チョコレートを取り出し、お礼だと渡してくれた

なんとも粋なお礼である

何度もくどい様だが、出会った当初は挨拶を
交わすだけの関係が

時を経て会うと

同業という繋がりだけでこうも温かく打ち解けるこ
とができるのは

歳をとったっていうことなのかなぁー

同じ年を経ているのに、方や2店舗のジムの
オーナー、それに比べ私は今だ地に足のつか
ぬ生活、、、、

彼の地に足をつけた生活が少しうらやましく
感じるが、私は娘との人生の旅の途中
まだまだ地に足をつけられないんだよね!!

あっという間の3時間が過ぎ、再会を約束し
私は再び空港の出国ゲートの中に

次に向かう地はイタリアのミラン

d0088142_1872390.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-01-16 15:49 | Germany