カテゴリ:料理( 3 )
松任産 甘栗南瓜(アマグリカボチャ)
d0088142_1317980.jpg


料理人の知る人ぞ知る食材 

甘栗南瓜(アマグリカボチャ)

これだけでは大きさが分からないので
隣にナシを置いてみました

d0088142_13193261.jpg


加賀料理には欠かせない食材で
名前の通り 甘栗のような甘さを持ったカボチャです

d0088142_1320628.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2012-09-26 13:15 | 料理
イチジク大福
今日はちょっと早起きし

先日購入したイチジクを使ってイチジク大福を作りました

d0088142_17465385.jpg


中にイチジクがそのままの形で入ってるから形は少し
いびつだけど

これが意外とおいしい

イチジクの控えめで上品な甘さがアズキと合うんだなー

中はこんな感じ

d0088142_17471167.jpg


5分で出来ちゃうわりには意外と好評だったので
レシピをここに書いとく事にします


いちじく大福

材料 ( 約4個分 )

● 白玉粉 55g
スイスで白玉粉は手に入りづらいので
アジアンストアで買った中国菓子を作る時の材料
「糯米粉 farine de riz gluant」で代用しました
● 砂糖 35g
● 水 100cc

あずき 60g
イチジク 4個
片栗粉(打ち粉用にすこしだけ)

作り方

1.形を崩さないようにイチジクの皮をむいて中に
あずきを詰めます
無理して詰めないで入るだけの少量で良いです

2.材料の●印 白玉粉、砂糖、水を混ぜる

3.それを耐熱容器にラップをかけレンジで加熱
700wレンジで約3分

4.取り出し耐熱ゴムベラで良く練り混ぜ、片栗粉を
敷いたまな板の上にあける

5.四等分に切り、それぞれを丸くなるように
まな板の上で転がす 熱いので注意!!

6.それを平たく伸ばしイチジクを包み込めば出来上がり

d0088142_17484850.jpg


今からこれを手土産に
すこしご無沙汰してしまっている
私が恩師と慕うサーカス指導者を訪ねて
近況の報告をしてこようと思います

日本の味を気に入ってもらえると嬉しいなー
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-20 10:02 | 料理
趣味と自分へのご褒美
実家に向う前にどうしても寄らないといけない
場所があります!!

話はそれますが、私がまだパフォーマーを始める
前に北大路魯山人の生涯を綴った本を読んで
彼の自ら厨房に立ち使用する食器を自ら創作する
そのこだわりに憧れ、その日からこっそりとパフ
ォーマー業の傍ら陶芸と料理の腕を磨いてます

本業ではないので毎日練習するようなことも無く

ラムが生まれてからは、家事に台所に立つ程度

それでも、

時間があるときはツテを頼って料亭なんかで
お手伝いさせてもらったり、窯で器を焼かせて
もらったりなんかしてきました

ちょうどその頃に買った安値の出刃包丁が刃も
欠けて大きさも一回り程小さくなり、そろそろ
買い換え時にきてたので

ここまで頑張って続けてきた自分へのご褒美に
今回は思い切って

自分の包丁をオーダーしてみることにしました

ちょうど日本に来る4日前ぐらいに仕上がった
との連絡が来てたので、その包丁を受け取りに
今日はカッパ橋の釜浅に来ています

d0088142_2336679.jpg


専門店だけにずらりと並んだ包丁の数々

包丁しか置いてないからラムたちにとっては
退屈かと思いきや

d0088142_23362310.jpg


目の前で見せてくれる包丁の手入れと
名前入れに釘付けになってました

d0088142_23363785.jpg


一生モノとして大切に使っていきますね

d0088142_23364857.jpg


もう少し心と時間にゆとりができてきたら
いろんな創作料理にも挑戦していこうかな
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-06 23:34 | 料理