カテゴリ:各国の大道芸スポット情報( 5 )
新しい大道芸のルール
ラムも風邪から回復し私たちは大道芸を再開

したのですが

今月からバーゼルでは新しい大道芸のルールが適用された
みたいで、その条件と取り締まりの厳しさに多くの大道芸
人がパフォーマンスが出来ずに帰って行くのを目にしまし


まるで大道芸人狩りです
コントロールが1時間おきに見回りにやってきます

大道芸が出来ないわけではないのですが、やりづらい

他国のように完全に禁止するモノでは無いのでまだ良いと
思わねばいけないのでしょうが、今回のルールの厳しさに
は驚きです

いつくか書き出すと

月から土曜日
11:00 - 11:30
12:00 - 12:30
16:00 - 16:30
17:00 - 17:30
18:00 - 18:30
19:00 - 19:30
20:00 - 20:30
日曜日は基本禁止

一回の公演は準備、後片付けも含め30分以内で
一度行なった場所で再び大道芸するのも禁止

それ以外には、電子機器、打楽器や管楽器の使用もダメと
いった感じ

それ以外にもいろいろと厳しくルールが定められていました

私たちもルールにひっかかる項目はあるのですが
他の大道芸人たちに比べるとさほどダメージは大きくはなく
少しやりづらくなるなーといった感じ

スタチュウの人たちや、遠方から訪れている大道芸人なん
かは、この時間割で大打撃を食らってるんだろうなー

しかも、人通りの一番多い土曜日の昼から夕方までが
出来ないなんて、、、、

なんと悲しいルールなんだ

決まったことはしかたがない
私たちもできるだけルールを守って大道芸しようと思います
[PR]
by kinosuke_otowa | 2012-03-16 20:49 | 各国の大道芸スポット情報
バーゼルの大道芸ルールと取り締まり
まったく誰が無茶やっちゃったんだ、、、

d0088142_8445335.jpg


先週の新聞でも告知があったのですが
大道芸の一斉取り締まりです

誰かが住民と問題を起こすか苦情が相当数
入らない限り無いらしいのですが

今回は特に厳しく取り締まっています
いつも大道芸人の居る場所や
街のいたる所に警察官が立っています

そして、15分間隔で警察に出会うぐらい
いくつもの取り締まりチームが街をくまなく
巡回している

d0088142_845179.jpg


そんな中で私たちは大道芸を開始しちゃいました
ルールに引っ掛からないように、いつも以上に
注意しながら音楽なしで大道芸していたのですが

開始早々、警察官が2組みやってきました
私たちの大道芸を2組で囲むようにして眺めている

ショーが終わると、こちらに寄ってきて身分証を
確認し30分以内に立ち去るように警告し立ち去って
行った

ここバーゼルには街で決まっている大道芸のルールが
あります

 ・客引き行為などを行ってはいけない
 ・物販を行ってはいけない
 ・火を使ってはいけない
 ・生音の楽器以外は使ってはいけない
 ・音響機器は使ってはいけない
 ・その場に30分以上居てはいけない
 ・身分証を常に持ち歩く
 ※・平日は12:00から14:00と16時以降
 (これは街の中のさらに細かい管轄でのルールらしい)
 ・土、日、祭日は10:00から20:00

などである

それ以外には、大道芸人たちの中でのルールと
商店街の人たちとの取り決めがあります

 ・できるだけ道具はきれいにまとめ通行人の
  邪魔にならないようにする
 ・隣の大道芸人の邪魔にならないよう距離を置く
 ・お店やビルの出入り口では大道芸を行わない
 ・観客の出したゴミは掃除する
 ・車の通行を妨げない
 ・飲食店のオープンテラスのお客さんへのチップ強要禁止

などです

街のルールに違反した場合は

 警告 < 罰金キップ < 連行 or 禁止勧告

となっています

無茶して苦情が上がるか、住民からよっぽど嫌われて
いない限りは、警告止まりなのですが
今回の取り締りでは今までにない
厳しい罰則を受けた人がいたそうです

仲良くしている警察官の話だと

スイスパスポートを持たない外国籍の大道芸人が
ゲマインデのビザ発行取り決めに違反したとして
滞在許可証を取り上げられたらしいです

さすがにこれは痛い、、、、

いわゆるパスポートに傷がつくとか、再びビザがとれなく
なるブラックと呼ばれているヤツです

恐ろしや、、、、、

いずれ、ラムか私のどちらかが
スイス国籍とっといた方が良いのかな
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-24 23:42 | 各国の大道芸スポット情報
今年もBuskers Bern street Festival が始まりました
今年もBuskers Bern street Festival が始まりました
これまでに日本から参加しているパフォーマーも多いので
知ってる人もいるかなーと思いますが

d0088142_16332735.jpg


Buskers Bern street Festivalとは世界各国から集まっ
たストリートパフォーマーが3日かけて街を盛り上げる
ヨーロッパでは有名な大道芸フェスティバル
今年はなんと140 artists が参加とありますが
きっと当日駆けつけるパフォーマーなんかもいるから
200人近くはいくのでは

d0088142_16344477.jpg


公式ホームページは
http://buskersbern.ch/en/info

今年の出場者はこちらで写真が見れますよ
http://www.flickr.com/photos/buskersbern/sets/72157624367253933/

もちろん、Baselでおなじみのパフォーマーも数名参加

d0088142_16354411.jpg


残念ながら私たちは今回の出場を辞めてBasel居残りで
ストリートでパフォーマンスする事にしました
こっちを盛り上げて少しでも多くの人に名前を覚えても
らわないとね

マルクトプラッツ近くのコミノ寿司さん隣で大道芸やっ
てるので時間ある人はぜひ見に来てください
ちなみに、こちらのお寿司屋さんの板前は日本人
すごーく仲良くさせてもらってます

ここに居ないときは、カラクリ噴水のあるところか
この近くの大道芸スポットを回ってると思います

それでは皆さんも良い週末を
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-08-14 16:39 | 各国の大道芸スポット情報
大道芸スポット情報 ローザンヌ(スイスのレマン湖ほとりの町)
d0088142_20582976.jpg


1.エルネスト・アンセルメ通り広場
裁判所前に広がるレマン湖を一望できる絶景の広場
ローザンヌで人気の寿司屋さんも隣にある
ジャグリングを練習する人や読書を楽しむ人など
昼の時間は多くの人の憩いの場となっている

2.サン・ローラン通り
Lausanne-Haldimand前
こじんまりとした通りなのだが大道芸人に人気の
スポット

オレンジライン.フロン駅前サントラル通り
ローザンヌフェスタのときはずらりと露天が並ぶ

3.フロン駅2階出口付近
人通りが多いことから
いつも大道芸ミュージシャンが演奏している

4.ローザンヌ駅地下通路
ここも人通りが多いことから、いつも大道芸ミュージ
シャンが演奏している
ラッシュの時間などは警察に注意される

d0088142_20585880.jpg


5.ポール広場
駅から離れたレマン湖のほとりにある広場
フィッシャーマンズワーフのような雰囲気で
観光スポットもたくさんあり人通りも多い
大道芸にも向いている
ローラースケートを履いた年配のパフォーマーが
たまにいる


このほかにも1と2の間に位置する
フロン駅前からの通りなども毎日買い物客で賑わっているので
大道芸には向いている

※その他 info

言語情報 主にフランス語
ドイツ語と英語はまあまあ

スイスはカントンによって規則は多少異なるが

基本的には大道芸で住民に迷惑をかけた場合のペナルティーは
罰金 80sfr ~
ビザや滞在許可がある人は切符を切られて後日振込み
ビザ無しの人は、その場で支払い

火の使用は基本的にダメ

アンプの使用も基本的にはダメらしい

物売りや勧誘が目的ではなく、人を楽しませる事を目的としている場合
景観や雰囲気を乱さないものであれば、お店や住民から通報が無い限り
警察も取り締まらない
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-20 21:01 | 各国の大道芸スポット情報
大道芸スポット情報 バーゼル(スイスの国境の町)
d0088142_0363890.jpg


1. マルクトプラッツ広場
日中は市場のテントで埋め尽くされるので
その脇に数名の大道芸人を見かける
昼以降夕方に掛けてテントが店をたたんでからが
大道芸が多くなる

2.バルフュッセルブラッツ駅前広場
この広場では、ほぼ毎週なにかしらのイベントが
行われています
その広場からフライエ通りにつながる短い路地
シュトライトガッセにも音楽大道芸人が必ず居ます

オレンジライン.フライエ通り
マルクトプラッツ広場からコミノ寿司までの間が

赤星.最も人気のエリア
スタチュウからジャグリング、ミュージシャン
ダンサーといろいろ

ブルーライン.ゲルパーガッセ通りでは
細い通りで斜面が多いことからミュージシャンや
パントマイム系の人向き
人通りも多くすし屋やアジアンレストランもある

グリーンライン. シュタイネンボルスタッドフ通り
夕から夜に掛けて人通りが多く映画館や飲み屋が
並ぶナイトタウン
大人向けの大道芸人にお勧め

4.バーゼル駅前公園
犬の散歩や日光浴、読書する人、楽器演奏する人たちが
多い公園

5.バーゼル駅前
駅の構内では警備員に注意されるが、駅前からトラム駅間に
ある広場ではあまり注意されない
大道芸人も多い

※その他 info
言語情報 スイスドイツ語、ドイツ語が主
英語はまあまあ  フランス語は少々

スイスはカントンによって規則は多少異なるが

基本的には大道芸で住民に迷惑をかけた場合のペナルティーは
罰金 80sfr ~
ビザや滞在許可がある人は切符を切られて後日振込み
ビザ無しの人は、その場で支払い

火の使用は基本的にダメ

アンプの使用も基本的にはダメらしい

物売りや勧誘が目的ではなく、人を楽しませる事を目的としている場合
景観や雰囲気を乱さないものであれば、お店や住民から通報が無い限り
警察も取り締まらない
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-20 00:37 | 各国の大道芸スポット情報