カテゴリ:France( 3 )
ラム 頑張ってます
d0088142_7181119.jpg


ラムは手の平に出来ては潰れるマメの痛さと闘いながら
私はトレーニングや資料作りで寝不足&筋肉痛と闘いながら
あっという間に一日が過ぎていく
そんな日々が始まってからようやく一ヶ月が経とうとしています

はじめのうちは顔を見合わせては深いため息をついていた
のですが、最近はため息も少なくなり
どうにかそのペースにも慣れてきました

サーカス学校での仕事中に休憩をとろうと出口に向かって
いると、ラムが他の先生に綱渡りを習っているのを見掛けた
ので、練習中の写真をこっそり撮ってきました

d0088142_7182685.jpg


私の仕事のせいで、スイスの小学校に通いながらフランスの
サーカス学校に通うという国境をまたいだ、フランス語と
ドイツ語を使いこなさなければいけない厳しい状況ながらも
ラムは頑張ってくれています
幸いにも小学校の方が夏から3年生に進級し、ちょうど
フランス語の授業が始まるらしいのでそれが救いです

d0088142_718509.jpg


帰り道に決まって立ち寄るケバブショップ。ラムの大好物の
ポテトとケバブ肉が箱いっぱいに詰まったドナーボックスが
ここではなんと3ユーロ
サーカス学校の後は、ここに立ち寄りドナーボックスを買って
列車で食べながら帰るというのが日課となってます

d0088142_719187.jpg


お店の人ともすっかり顔馴染みになってしまい
「おっ、ラム!! 今日の学校での練習はどうだった?」と声を
掛けられるぐらい仲良しです

d0088142_7192536.jpg


今週からサーカス学校が地元の学校に合わせて二週間の
春休みに入ります

ここのところ、ラムは頑張ってるからこれに合わせサーカスの
トレーニングを少し休んだらどうだい?

と尋ねると、

「ドナーボックスが食べれないのは残念だけど、この春休みの
間に更に頑張って春休み明けには皆を驚かしてやるんだ。
それに手のマメがまた柔らかくなっちゃうのも嫌だからね」

と、なんとも嬉しい事を言ってくれます ^ ^
こんなことを娘に言われちゃ私も休むわけにはいかない
ですよね
この休みの期間中に、私も前倒しに仕事を進めて
心と時間にゆとりを作ろうと思います

そして、そんな頑張ってるラムへのご褒美に
この休みの期間中にサーカスに連れて行ってやろうと
考えてます

d0088142_659499.jpg


このサーカスには、私のサーカスパーフォーマーとしての
人生に大きな影響を与えたウィップパフォーマーが
いるので私も彼に会えるのがとても楽しみです


実家にお願いした曲芸道具が届く日を
ラムと共に楽しみにしています
ヨロシク
[PR]
by kinosuke_otowa | 2012-04-19 07:20 | France
スタートして一ヶ月が経とうとして います
d0088142_20364315.jpg


サーカス学校での仕事がスタートして一ヶ月が経とうとして
います

私は現在指導者としての新人研修期間で、このスクールの
システムに馴染むため全ての演目指導のアシストについて
いるのですが、若い生徒たちのペースに付き合っているお
かげで身体が辛いと悲鳴をあげ、この一ヶ月間、サーカス
学校の翌日の朝は筋肉疲労で身体が動かずベットから
起き上がれないという情けない自分と戦ってます

先週はブランコの指導についたのですが、身体がブランコ
用に仕上がっていない状態でブランコをやったせいで肩が
肉離れを起こしてしまい

この一週間、首は動かない、手もあげれない、という更に
情けない状態。腰に抱えた爆弾が今のところおとなしく
してくれているのが、まだ救いです

ラムの方はと言いますと

体力と能力的には十分についていけてるのですが、今まで
は自分のペースでいつでも練習出来ていたのに、スクール
では順番待ちがあったり自分だけが集中して指導を受ける
わけにはいかないということにストレスを感じ精神的に辛
い様子
しかも、ここの生徒や先生たちは皆フランス語なのでコミュ
ニケーションが思うようにとれなく、それにも苛立ってる
みたいです

でも、この辛さは、私たち親子にとって確実に夢に一歩近
づいている感を与えてくれる辛さで、笑顔の絶えない充実
した時間を過ごさせてくれています

d0088142_2037418.jpg


こんな状況なので、サーカス学校ではまだ写真を撮る余裕
もなく、行きと帰りの道中の写真になっちゃいますが
もう少し慣れてきたらサーカス学校の様子も写真で報告す
るつもりなのでしばしお待ち下さい


これがYoutubeで見つけたこの学校が番組で取り上げら
れている映像です


[PR]
by kinosuke_otowa | 2012-04-11 23:31 | France
Mulhouse の街中散策
d0088142_523223.jpg


フランス側の隣町、Mulhouse に行ってきました
空港までは何度も行ってたのですが、街まで行くのは
今回が初めて

しかも、2年半も住んどきながら、国境を挟んだ隣町
の名前が、ムルハウスではなくミュールズと呼ぶとい
う事を今更ながら知りました

なんとも、恥ずかしい、、、

d0088142_5233739.jpg


窓の外の風景はバーゼルの郊外とそんなに変わりない
のに電車に乗り込んだ瞬間からアナウンスがフランス語

何を言ってるかわからず
ラムも少し不安になっている様子

d0088142_5242239.jpg


停車駅がバーゼルから3つぐらいだったかな乗車時間
約30分ぐらいでミュールズの駅に到着しました

d0088142_5245945.jpg


駅から出ると、こんな感じですぐにトラムの駅が
道を挟まずして正面に隣接しています

d0088142_5254691.jpg


私たちはトラムを使わず、地図を片手に町中を探索
しながら中央の大聖堂まで歩いてみることにしました

d0088142_526141.jpg


これが駅の外観

そして、標識に従い歩いて行くとすぐに大聖堂の
屋根が目の前に見えてきました

d0088142_5331437.jpg


トラムの駅にして3つぐらいなのですが、さほど遠く
もなく、ここまでの駅の間隔が直線だと隣の駅が
目視できるぐらいの距離

d0088142_5324092.jpg


大聖堂も町並みも、すごくバーゼルに似ていますね
なのに、会話も看板の表記も全てがフランス語なのは
とっても不思議な気持にさせられます

d0088142_5335742.jpg


街を歩いて気付いたのですが、この街は大聖堂の前に
ある大きな広場を中心にお洒落なストリートが外に
広がるようにのびているようです

d0088142_5345011.jpg


平日にもかかわらずバーゼルよりは多くの人で賑わっ
ていました
なんとなく平日のベルンを小さくしたような雰囲気

d0088142_5351342.jpg


大道芸にはもってこいの環境なのに誰も居ないのは
どうしてなのかなと思い、クレープ屋の店員に尋ねて
みると

d0088142_5354771.jpg


「先週、一斉に取り締まりがあってね、まだその取り
締まり中か終えた後で誰も居ないだけ。あいつらは猫
と同じで餌がもらえるところにはまたすぐに現れるさ」

おしゃべり好きのフランス人らしい少しスパイスの効
いた、それでいて憎めない返答に、ちょっと顔を引き
つりながらも、その親切に感謝しクレープを購入

d0088142_536186.jpg


あっ!!

そう言えば、バーゼルだと露天の屋台は
冬は甘栗屋で夏はアイス屋の一色なのが

ここでは、クレープ屋とソフトクリーム屋だ!!

そして、パン屋の数も多い。しかも、どの店も品揃え
はバーゼルより多く菓子パンがいっぱい並んでます

物価は、ドイツほどは安くないけどスイスよりは安い
パンだけで見るとドイツとスイスの中間ぐらいかな

スーパーも、スイスでよく見掛けるMIGROS、COOPは
なくフランスでよく見掛けるCarrefourでした

たった30分離れただけの街が、フランス、ドイツ
スイスの国境を越えるだけでこんなにも違うのかと
驚かされます

これを日本で例えるなら、日本と韓国と中国が街境
のように山や川など一つも無く繋がっているような
感じです あり得ないことですけどね

さて、今回ここにきた理由は、

前回のブログでも書きましたが、これから親子でお
世話になるサーカス学校がここにあり

その下見を兼ねての街中探索

サーカス学校があるだけあって街中にジャグリング
ショップもありました

d0088142_5372533.jpg


とりあえずは、人の多い観光スポットから見て回ろ
うと絵はがきを購入して、そこに写っている名所を
尋ねてまわる事にしました

d0088142_5381197.jpg


こんなのや

d0088142_5385549.jpg


こんなのが

d0088142_539183.jpg


街の至る所にあります

d0088142_5395780.jpg


そして、街を一望できる展望台のあるビルを発見
その下には大きなファッションモールがありました

d0088142_5403954.jpg


あたりもすっかり暗くなったので駅に再び戻り
バーゼルに帰ります
[PR]
by kinosuke_otowa | 2012-04-03 19:21 | France