<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
最近忙しすぎて日記更新とスタジオで指導できなくて申し訳ないです
本格的な暑さが始まり
スタジオで練習している子供達もバテてます。

うちのラムは元気がとりえなのですが
公園に行っても暑く、スタジオでも暑く
ラムの好きな場所のどこに行っても暑さから
逃れられないので、さすがにバテてますねぇ~

d0088142_7481590.jpg


休憩ルームでクーラーの風を受け涼みながら
おやつを食べていると
その心地よさに食べながら寝ちゃいました。

それにつられてか
体力が自慢のシーブーも一緒に寝ちゃってますねw

d0088142_748313.jpg


僕は新しいショーの練習と収録が押しちゃって
一緒に指導や練習できない日が続きみんなには
申し訳ない思いでいっぱいです。

他の先生の指導のもと、ちゃんと練習しててくださいね。
差し入れにスイカでも持って行きますからw
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-28 07:45 | ラムの日記
心と動き
私がこんな事を書くと、口幅ったいことを
言ってるようにとられ嫌なのですが
自分自身が迷ったときの指針として、そして
娘が迷ったときに役立つかもしれないので
ここに書き留めておく事にします

動きには急があり、またゆるやかさもある
息つく間を与えぬ軽やかな動きがあるかと思うと
ゆったりとした流れを感じる動きもある
激しい躍動感にあふれる動きがあるかと思うと
穏やかな静寂感を感じさせる動きもある

それが動きの美であり

たとえば高度な技だけをあざやかな
手つきで淡々と演じて見せても
心におごりがあり人を人とも思わぬ人の演技は
決して人に感動を与えない
だが、技は未熟であっても試行錯誤を繰り返した
跡の見れる演技
見てくれる人への感謝の思いが感じ取れる演技に
人は共鳴し心惹かれる

それが心ある演技である

この心と動きが合して初めて芸(道)というモノが
成り立ち、ここからがスタートラインなのです

そして、それは決してただ見せただけのものでは
ないということ

さらに歳月を重ねるごとに、それら一つ一つの
細かい動作の形が決められていき、その連続が
一つの芸となっていくのです
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-24 07:49 | ディオの日記
みんなで練習
心機一転、復帰に向け日々トレーニングがんばっています。
しかし、一度現役から離れてみて気づいた事なのですが
日々のトレーニングの積み重ねっていうものがスゴイもの
だとあらためて感じさせられます。

基礎レベルにまでもまだ行けてない…

サーカス復帰まではまだまだ時間がかかりそうなのですが
週末やボランティア用に作っている大道芸のショーが
仕上がりに近づいてきました。

ネタを少しばらすと、今回のショーは
ぼくが世界各地を回って感動した各地のパフォーマンスを
取り入れたものにしようと考えています。

日本の大道芸人はジャグリングスタイルがとても多く
そのせいか 大道芸=お手玉
 と考えている人がとておおいです。
そこで、もっといろんな芸を知ってもらうために
いろいろとりいれたショーを作りました。
そのため、僕自身あまりやったことのない芸や、苦手な芸なんか
も入れ練習しています。

その中の一つがこの西遊記雑技です。
d0088142_754346.jpg


この猿で棒術や椅子の上での逆立ちなんかを入れてみました。
このほか、ヨーロッパ、ウェスタンなんかもとりいれたものに
したのですが…笑いが無い…
これだと、笑いのあるショーではなく重いショーになって
しまっているので、現在笑いを取り込んだ構成にアレンジ中です。

スタジオに来ている子供達も夏休みに突入し
練習に熱が入っています。(いつも以上に賑やかですw)
d0088142_7545195.jpg


四歳の通称 シーブーは、現在コントーション(軟体)の練習に
取り組んでいます。
最近、スタジオに遊びに来た女の子がとても体が柔らかく
日々練習しているシーブーよりも柔らかかったことに
ショックを受けて、更なる練習量を自分に与え
お母さんの協力の下がんばっています。

d0088142_755386.jpg

なんか写真だけ見ると
イジメのように見えちゃいますけど
鼻汁垂れながら
 「もう少し…」 って言ってます
そのガンバリの表情をアップしますねw
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-22 07:53 | 練習・トレーニング
暑い…
d0088142_845671.jpg


今日はとっても暑い…
娘も友達の家に遊びに行ってる。
そんな時は、見た目だけでも涼しくなる練習をと思い
扇子の芸の練習をしてみました。
ここのところ忙しく充実した練習ができていなかったので
もくもくと練習しようと思い開始から10分後…

d0088142_851071.jpg


ラムを預けていたお宅から電話が、

「いまからタコ焼きパーティーするから来ませんか?」
と誘いがあった。

しかたなく練習を中断し、友人宅に向かった。

d0088142_85226.jpg


タコ焼きパーティーなのに『タコ』がどこにも見当たらない!!!

しかも、たこ焼き機はあるのに、針がないではないかぁー

どうなることかと見ていると、子供達のたこ焼きマンボ♪の
合唱が始まり、タコの生地が流し込まれ、タコの代わりは

なんと、豚肉!!!!

こんなタコ焼きは初めてだ @ @


そして、半焼けに仕上がってきたタコ焼きならぬ豚焼きに箸を突き刺し

クルッ!!

こんなので良いのかぁ~ 関西人が見たら泣くよ

でも、味はなかなかいけてるw
子供達も喜んで食べていた。

みなさんも、このタコ焼きならぬ豚焼きを一度ご賞味あれw


ふと時計を見ると、pm10:30!!!


練習一時中断のはずが、本日の練習終了になってしまった…
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-15 08:03 | 練習・トレーニング
みなさんが応援してくれている娘
最近、娘を応援してくれる人が増えてきたので
少しばかし近況報告。

娘はとっても生意気なことから、スタジオに来る人たち
からピノ子(マンガ:ブラックジャック)と呼ばれていますw
d0088142_881161.jpg

そんな娘も僕に刺激され鞭の練習を1ヶ月前ぐらいから
始めています。


d0088142_883820.jpg

練習開始当初は、自分に鞭が絡まったり、頭に鞭が
当たったりしていたのですが、最近ようやく鞭で
目標を狙うことができるようになりました。

d0088142_89046.jpg

それが娘にとってとっても良いストレスの発散に
なっているらしく、嫌なことなどがあると鞭と人形を
おもむろにカバンから取り出しピシピシと叩いています。

これって、良くないことなのかなぁ~

鞭を人に向けて使わないうちは注意せずに
伸び伸びと遊ばせてあげようと思いますw

これからも温かい目で娘の応援よろしくお願いします。

父子家庭でいたらぬことも多いので
気づいたことやアドバイスなどあればメールください。
近くの方はぜひスタジオまで遊びに来てください。大歓迎です
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-11 08:06 | ラムの日記
鞭の基本的な振り方 サイドアーム
鞭の基本的な振り方

サイドアーム(sidearm) 1

動画 http://www.youtube.com/watch?v=v8nn3EKJI-8

d0088142_8451858.jpg

図がサイドアームという基本的な振り方です。

図を見ていただくとお解りのように、自分を軸に円周を描くように
鞭を振り上げ横の軌道で鞭を振る振り方です。

一般的によく見かけるのがこの振り方です。

鞭の軌道が横向きであることから垂直に立てられた的を
落としやすく鞭で目標を巻き取ることも可能で使い勝手は
とても良い振り方と言えます。
難しい振り方ですが、いったん振り方をものにしてしまうと
細かいコントロールが可能です。

サイドアームは、鞭先を引き上げる動き、鞭先を振り出す
動きの2つから成ります。

図1番から図2番にかけて、鞭先を背後の頭上に引き上げる
感じで振り上げます。

構える →

d0088142_814155.jpg

引き上げる・・・・・速く力強く

d0088142_8144690.jpg

溜める・・・・あせらずに待つ

図2番から図3番にかけては鞭の長さににあわせ
鞭先が後ろに到達するやや手前まで溜めます。

d0088142_8175345.jpg


鞭先が後ろに到達するやや手前まできたところで

d0088142_818196.jpg


一気にサイドから目標めがけて振り抜きます。

d0088142_8183189.jpg


サイドから振り出す→ 目標をクラック・・・・・速く力強く

コレを応用し、鞭の長さより溜めをやや短くし
前方上方に向けて振り上げることで
空鳴らし(クラッキング)もできます。
この振り方は溜めと振り出すタイミングによって
鞭全体の重さと遠心力を鞭先に伝えると同時に
目標も定めるため、使用する鞭の特徴を熟知している
必要があります。

この動作は他のスポーツとかなり異なるため
鞭の持つ本来の威力を無駄なく発揮するにはある
程度の練習量が必要です。

これは基本的なサイドアームなので
僕のスタイルのサイドアームとは少し異なります。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-10 08:11 | レクチャー&道具
お出かけ みなとみらい
今日はひさしぶりのよい天気ということもあって
友人の子供達を誘って、みなとみらい(横浜)に
行ってきました。

海に面したみなとみらいの風は、とても心地よく
新鮮でなにか夏の訪れを感じさせるような風でした。

d0088142_8324866.jpg


友人の子供達3人とうちの娘を合わせると
女の子ばかりの4人組。
一番上は小学校1年生から下は3歳のうちの娘
まで、大きさが綺麗に並んでいることから
通りがかる人に「お子さん多いと大変ですねぇ~」と
話しかけられちゃいますw

でも娘一人を育ててる僕からすると
兄弟がいないほうが大変で…

友達の子供達が一緒にいてくれると、その中で
自分から見て学ぶことがあったり
同じ歳ぐらいだからこそ素直に聞けることが
あったりと、見てて驚くぐらいの成長があったりと
とっても助けられてます。
しかもこの友達の子たちのおかげで、娘が自分から
オムツをとりパンツにしたいと言い出しましたw

d0088142_833772.jpg


たまにおもらしをしちゃうけど、それも友達の子たちと
一緒にちゃんと拭いておかたずけまでしちゃってます。

子供であってもやはり女の子、男親の僕に言うのは
はずかしいのかなぁ~w

そんな事もあって、今日はお世話になっている友達
の子供達を連れてのサービスデーです。

週末と言う事もあり、ちょうど2人組みの
大道芸人がショーをしていました。

サーカスやショーを見慣れているうちの娘は

「もうおわりなの?」
「もっと笑ってよー」など…
とっても辛口な声援をかけていました。

僕的には十分面白いショーなんだけどなぁ~

d0088142_8334376.jpg


そんな娘の横にいる僕には当然
周りからの冷たい目線が刺さるわけで…
僕のいたらぬしつけを身をもって感じ
反省させられました。

いずれ娘のショーを客席でこうやって見ている
僕がいるのかなぁ~と考えたりなんかしていると

なにか疲れも吹っ飛び良い気分転換になりました。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-09 08:28 | ディオの日記
充実したトレーニング
昨日のサービスデーで疲れたのか、今日の子供達は
朝からお絵描き。
スタジオが空いていたので僕は朝からトレーニング。

僕の得意演目にリングがあるのですが、これをもっと
複雑に幻想的にしようといろいろ試行してみました。

僕のリングはお手玉のように投げたりはしません。

手に持ったリングが、奇妙に動きながら数が増えたり
減ったりします。
万華鏡(まんげきょう)みたいなイメージで
ゆっくりとした曲にあわせて変化していきます。

その写真をアップしますね。
写真の順に変化していきますw

d0088142_8225145.jpg

d0088142_823437.jpg

d0088142_8231826.jpg


そろそろお昼だし、子供たち連れて食事行こうかなぁ~
友人宅に子供たち連れてお昼をご馳走になってきまーすw

d0088142_8241691.jpg

d0088142_8242626.jpg

d0088142_8243757.jpg


お昼からなにしようかなぁ~
子供達お昼寝させてから、また練習しようw

d0088142_826649.jpg

d0088142_8261810.jpg

d0088142_8262929.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-09 08:21 | 練習・トレーニング
鞭の基本的な振り方 オーバーアーム
鞭の基本的な振り方

オーバーアーム(overarm) 

d0088142_8483561.jpg

図がオーバーアームという基本的な振り方です。
図を見ていただくとお解りのように、真っ直ぐ鞭を振り上げ
真っ直ぐ鞭を振り下ろす振り方なのですが
狙いを定めるために最初の立ち位置と姿勢が
重要になってきます。
オーバーアームは、鞭先が腕の動きを常に追いかける
軌道でついてきます。つまり空中を舞う鞭先より
先行する形で腕を一直線に前に振り出してあげないと
鞭全体の重さと遠心力を効率よく鞭先に伝える事が
できません。

この動作は他のスポーツとかなり異なるため
鞭の持つ本来の威力を無駄なく発揮するにはある程度の
時間が必要になる。

では実際にオーバーアームでの振り方を写真で見ていきましょう。

d0088142_850381.jpg


写真を見てください。これは左で鞭をもった時の構えです。

腰と頭を安定させ視線をターゲットに合わせます。

ここで大切なのは、鞭を振り終えるまで頭と目線を
動かさないと言うことです。

d0088142_8504484.jpg

写真がオーバーアームで振り上げるときの写真です。

d0088142_8511618.jpg

続いての写真がオーバーアームで振り下ろすときの
写真です。

図を見ていただくとお解りのように、真っ直ぐ鞭を振り上げ
真っ直ぐ鞭を振り下ろす間も、狙いを定めるために
頭と目線は1点に固定されています。

d0088142_8515313.jpg

ターゲットに対しての目標の定め方は、写真を参考に
してください。 一直線上でターゲットを狙います。

効果的に鞭全体の重さと遠心力を効率よく鞭先に
伝えるためにはオーバーアーム(overarm)の図にある
2番から3番までの返し時間を鞭の長さに合わせとって
あげることが重要です。

鞭が自分に当たったり、鞭が空中で絡まる
頭と目線を固定しているのに目標が定まらないなどは
コレが原因となっていることが多いです。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-07 08:45 | レクチャー&道具
鞭の握り方 基本
鞭の基本的な握り方


d0088142_9225833.jpg

■サムオントップ(thumb on top) 
親指でハンドルを押しハンドルを固定する握り方。
鞭のぶれが少なく力の弱い人でも力強く鞭を振る
ことができる。

d0088142_9231514.jpg

■Vグリップ(v grip)
鞭を振り上げるときに手首のスナップを強烈に
効かす事ができるため、長い鞭を使う人に向い
ている。

d0088142_9233284.jpg

■インデックスフィンガー(index finger)
力は入らないが、正確に的をクラックできる。
長い時間振っていると手首が疲れてしまうため
あまり勧められない。
他の握り方より後ろに振り上げている時に手首が
開きにくいため、後ろに振り上げている時に手首が
開く癖のある人は、この握り方で矯正すると良い。


僕はロッキングVグリップと言われるVグリップの
変形スタイルをよく使います。
Vグリップの人差し指を鍵状にハンドルの下に
添えることで、鞭を振り上げるときに手首の
スナップを強烈に効かしながら鞭をコントロール
する事ができるため、力強くそれでいて繊細な
コントロールが可能です。
しかし指と肩への負荷が大きいといったデメリット
も持っています。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2006-07-06 09:21 | レクチャー&道具