<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
X-JAPAN の復活ライブ成功おめでとうございます。
X-JAPAN の復活ライブ成功おめでとうございます。
ニュースで映像見たけど、みんなとても良い顔してましたね。

Toshiとは解散直後ぐらいかな一緒にチャリティーイベントに
参加したんだけど、当時いろいろマスコミに叩かれていた
真っ只中だったにも関わらず、本人は凛とした態度で自分の
信念を貫いていくって感じだったのを思い出します。

純粋にX-JAPAN としてではなくToshiという1人の人間として
の音楽を皆に見て欲しいと言った思いが彼の新しいジャンル
への挑戦だったのですが、それがマスコミの報道によって
とても辛いスタートとなってしまっていました。

自分の音楽への更なる追求心、友達との約束、家族への思い
いろんなものがあったのだろう。世間のいろいろには負けな
いという強い信念、お金や地位なんかには屈託しない彼の
強さをそこに見ました。

僕は自分の出番を待ち舞台袖から客席を見ていると
そこには冷やかしで来ている客からの野次やザワツキなど
歌を聞くとは思えない態度の人たちも少なくなかった。

そんな中、無言でステージに入りギターを演奏し歌いだす

すると会場はしだいに彼の奏でる世界に包まれ静まり返る。
ざわついていたお客さんが彼の歌声に魅了されていく様を
僕はそこに見たのをいまだ忘れない。


今回の復活ライブの放送を目にした誰もが、以前の歌声には
なかった澄んだ響きと音の深みを感じた事だろう。


逆境に立たされた中で彼か得たもの、そして言葉にこそしな
かったが忘れることなく彼の中にあった友への深い思いを
わかってあげてほしい。
そして、これからも変わらぬToshiでいてくれることを心から
願っています。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-31 14:30 | 友人
4月の予定
4月の予定

3/29(土) ウィップシューティングクラス 初級クラス

4/1,2(火,水) テレビ収録

4/2(水) PM4:00 ムチ協会設立ミーティング

4/3(木) 練習日 KERA &Dio

4/6(日) みなとみらい大道芸

4/8(火) 横浜大道芸ミーティング

4/9(水) オーディション

4/10(木) MTC 打ち合わせ 渋谷

4/11(金) みなとみらい大道芸

4/15(火) 映画試写会

4/20(日) みなとみらい大道芸 18:00時~

4/25(金) みなとみらい大道芸

5/12(月) - 5/26(月) 石川県

 5/18(日) 能登原子力センター
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-28 19:39 | スケジュール
スケジュールの変更
3/28.29のみなとみらいでの大道芸は
キャンセルし以下の人に代わっていただきました。

急な連絡にもかかわらず、快く代わってくださった
パフォーマーの皆さんありがとうございます。

28日 → 川原彰さん
29日 → ポールマーシーさん
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-27 18:12 | ディオの日記
親からの手紙

ときどき実家から段ボール箱いっぱいに詰まった食べ物
が送られてくる。

頼んだわけでもないのに送られてくるので、野菜や果物
がダブっちゃう事も多々。
この歳になってまで…と恥ずかしさもあったりするけど
今回は何が入ってるのかな? とドキドキしながら楽しみ
に箱を開ける自分もいたりしますw

今回送られてきた箱には娘の好物や、いつも娘と家族の
ように接し遊んでくれている友達たちへのプレゼント
などが入っていた。
うちの母親らしい…(笑)と、それらを箱から取り出して
いると、奥底から僕に宛てた母からの手紙が出てきた。

僕のこの日記をたまに読んでくれているようで、僕たち
の横浜での生活についての心配や、日記に書いた事への
母からの意見などが書かれていた。

言ってもダメとわかっていて書いているのだろうが…

親からの手紙に涙して道を変えるなんて、弱い心はこの
道を志した時から自分の中には持ち合わせていない。
そんなのあったら元からこんな職業にはついていない!

と、今まで親の前で強がってはいたのだが

さすがに自分も娘をもつ親となって、この気持ちは痛い
ほど良くわかる。

長い間、親不孝してきたなぁ…


親からの手紙の最後には、

『 子供の為を思うなら、夢やお金なんかよりまず先に
  どんなことがあっても自分自身が健康でいないと
  ダメなの。娘を見守っていかなきゃいけないでしょ』

と締めくくってあった。

親から言われると、さすがに的をついているだけに反論
できない一言だった。


何言っても、バカなやつだと言われるのわかってる…

でも

あと8年もすると、娘も全てが理解できるようになり
自分自身の道を自分で選択する時が来ると思うから
それまでだから。

たぶん僕が現役で頑張れるのはそのうちの半分4年
ぐらいかな。
それでも、どうにかこの業界に8年すがりついて
娘の人生の選択肢の一つに僕の歩いてきた道ってのを
残してやりたいんだ。


僕は家業を継がなかったけど、親父がその選択肢を僕に
残してくれてあった事にはすごく感謝している。

心のどこかに、逃げ場があるって安心感があった。それ
によってどんな窮地に立たされても頑張ってこれたのか
もしれない。

あまり尊敬できない親父だけど、だからこそ僕は負けた
くない。これが僕自身越えなきゃいけない壁でもあるんだ。

その後は、娘も僕同様に自分の人生を自分自身の意思で
歩いていくと思うから

僕も気の合うやつ見つけて新しい道を歩いていくつもり。
その時は40代半ばかぁ、まだなんとでもなるでしょww

もちろん娘の為にも健康には気をつけるから、そっちこそ
息子が頼りないと思うなら元気で長生きしてください。


さて、いつまでも寝てられない。
娘を保育園に送ったことだし、トレーニングとスタジオの
掃除でもするか。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-27 12:00 | ディオの日記
ノロ!? 風邪!? 腸炎!? 花粉症!? 原因不明…
昨晩から下痢・吐き気・頭痛・くしゃみ・鼻水で
ダウンしちゃってます…

でラムの方は、一昨日から下痢と夜のみの発熱と
咳で同じくダウンしちゃってます…

ラムはなぜか日中とても元気なんだけど、僕の方
が今朝からめまいまでしちゃって、病院に行って
点滴打ってきました。

といっても家ではゆっくりしている訳にはいかず
家事やデスクワークが…

ご迷惑おかけいたしますが、このまま体調が回復
しないようならば、大道芸キャンセルします。
レッスンが引き延ばしになっちゃってる生徒さん
には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
もう少しスケジュールの調整待ってください。

それとムチの協会設立に向けた動きもちゃんと進ん
でいますので、待っている方もうしばらくお待ち
ください。設立した時には、魅力的な指導者が数人
加わる予定です。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-26 18:14 | ディオの日記
春の訪れと共にようやくいつも通りの日々を取り戻しました
春の訪れと共にようやくいつも通りの日々を取り戻し
今日からラムも保育園に行きはじめた。

タイミングよく今日は進級するクラスへの荷物引越し
の日。思い出いっぱいのさくら組の教室から、次の
ひまわり組の教室へと移動です。

横浜に来て1年以上も待たされやっと入れた保育園。
そして、はじめての入園だっただけにいろんな事が
あったさくら組での出来事、その全てが良い思い出です。

ラムは進級と共に仲良しだったお友達2人が転園となり
お別れ…
今日はそのお別れとなる2人の友達といっぱい遊んで
きたらしく、その事を嬉しそうに語っています。

語りながらの食事で箸がなかなか進まず、箸から掴んだ
ものが落ちているのにも気付かず話し続けています。

d0088142_19351243.jpg


なにやら僕が海外に行っていた間に、ラムが祖母に手伝っ
てもらい、いろんな人にハガキを出していたらしいのです。

始めのうちは、お礼を言われても意味が解らずキョトン
としていたのですが、しだいに内容がわかり驚きました。
お返事くれた方、お礼のメッセージくれた方、ありがとう
ございます。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-24 19:36 | ラムの日記
スケジュールの変更
今週の週末のみなとみらいでの大道芸キャンセルしました。
楽しみにしていた人、申し訳ありません。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-20 16:28 | スケジュール
とても長い一日 ラムと合流
本日、娘を迎えに行ってきます。
娘にとっても僕にとっても、こんなに長く離れて
いたのは初めて。

『よくがんばったね』ってことで

別れた女房にラムを連れて来てもらうよう頼んで
おいた。
そして3人でディズニーランドに行くのが
僕がラムの為に準備した今回のご褒美。

僕たちが離婚する前、ラムの誕生日を祝いに
ディズニーランドに行った時の写真が
アルバムに残っている僕たちが揃って撮影した
最後の写真。
それもあって、ラムはこの再現を何度となく
僕にリクエストしてきていた。

しかし、

たまに会って良い印象ばかり植え付けられたの
では僕が面白くないと、断っていた。

片親での子育てって、優しく子供に接する時
以上に、厳しく子供に接しなければいけない時の
ほうがはるかに多い気がする…

しかも、別れた理由も含め全ての事はラム自身が
大きくなって自分の目で全てを見て判断して欲し
いという思いがあって、僕からは何も話さないよ
うにしている。
そのため、ラムの中では自分の都合の良いように
勝手なイメージが出来上がってるらしい。

だからこそ嫌だったのだが、どれぐらい喜ぶのか
見てみたいって気持ちも少しあって今回計画して
みた。

空港に着くと、ラムたちもちょうど到着したところ
だった、元気そうな姿を見れてひとまず安心。
d0088142_12241051.jpg

久しぶりに会ってみると、実家でそうとう甘やかさ
れてたみたいでワガママ全開だった。


なんか少し大きくなったか?!
離れてたからそう感じるだけかな???

d0088142_12243588.jpg

ディズニーランドは春休みということもあって人も
多く、人気あるアトラクションの待ち時間が120
分以上… 

これに機嫌が悪くなるかと思いきや、そうでもない
らしい
d0088142_12244948.jpg

ラムにとって見るもの全てが憧れていた世界で、し
かも3人揃っている事にご満悦状態です。
ハイテンションで歩き回ったせいで、お昼ごろには
パワーダウンし疲れて寝ちゃいました。僕もラムを
抱えながら少し眠っていると、雨が降り始めた。
d0088142_12251679.jpg

そこでショッピングに目的を変え、いろいろ買い込
み帰る事に。欲しいと思ったものは何でもためらわ
ず買っちゃう元女房の豪快な買い物ぶりにラムの目
が輝いている…
d0088142_12253172.jpg

でも長旅の疲れがとれてないらしく、また眠ってし
まった。

目が覚めたとき、僕たちは横浜駅でタイ料理の店に
いた。

タイ料理を食べ終え駅に向かうともう別れの時間

ラムにとっての楽しい時も、アッという間に過ぎ
横浜駅で別れることとなったのだが、そこで
僕が心配していた事が起こったのだ…

「ラム、ディオさんのこと大嫌い…
  ママと一緒に行くの… エーン・エーン(涙)」

と大泣きが始まった。さすがにそれを聞いて
元女房も涙してしまった…

そして、「部屋まで一緒に行こうか?」と言ってく
れたんだけど

僕は、ラムの言葉がとても心に突き刺さり
かける言葉が出てこない…

静かにラムを抱きかかえると
さらに 「嫌~ やめてー どっかいけぇ~」と
暴れはじめた

困り果ててると、元女房が「このまま、行って…」
と言ってくれた…

きっと、この一言とっても辛かったことだろう
この一言に背中を押され僕はラムを抱きかかえ

タクシーに乗った

振り返るとそこには、もう元女房の姿は無く
ラムも泣きながら母親の姿を探していた

部屋に着いても、ラムの機嫌はおさまらない…
布団にもぐりこみシクシクと泣いている。

僕が声を掛けても、「大嫌い」としか言ってくれない

そのままラムは眠ってしまったのだが

僕はなんとも言えない感情がこみ上げてきて眠れない…

こうなる事は予想していたのだが
思っていた以上に辛い結果となってしまった。

娘にとってこんな悲しい環境を作ってしまった事への
罪悪感と、日々寂しい気持ちを押し殺し明るくしてい
る娘の事を考えると、申し訳なさでいっぱいだ

娘の為にと頑張っている事全てが、本当に娘の為に
なるのか… と不安になってくる

娘の為に… って…

娘の「イヤ」って言った一言が僕の全てに重くのしか
かって来る。



それと、

元女房には感謝しています。そして、今回辛い思いさ
せてしまった事ゴメン。
互いに別々の道を歩いていても応援している気持ちは
変わりないから、新しい生活を頑張ってください。

ラムと僕も、振り返ることなく僕たちの信じる道を歩
いていきます。
明日からまたいつも通り頑張ります。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-19 12:23 | ラムの日記
どうにか回復
日本に帰国し病院に行くよう言われていたのですが
タイで処方された薬がとても効き筋肉の腫れも引い
てきたので様子を見る事に。
丸1日ゆっくりと睡眠をとることで、ほぼ完治して
しました。

短期間でつけた肉体は所詮、それだけのもの…
弱点というか落ちるのも早い

たった3日間の休息だったにも関わらず、少し筋肉
が痩せてきているのに気付く。

あとはスタジオのブランコで直接必要な筋肉だけを
使い込んでいけば必然的にその筋肉が仕上がってい
くってのが僕のトレーニングスタイル。
現役の力には及ばないにしても、老体鞭打って頑張れ
ばなんとかそこそこのレベルまでにはもっていけるはず…
そうじゃないと困る

その為にスタジオの大掃除!!

それと、忘れてならないのが娘を迎えに行ってこな
いとね。
今回は娘に寂しい思いをさせてしまったので、娘に
とってとっても喜ぶシチュエーションを考えていま
す。(ちょっとばかし後が心配なのだが…)
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-16 14:45 | ディオの日記
11日目プーケット滞在わずか1日での帰国…
11日目の朝。

気がついたらプーケットの部屋の玄関に横になっていた。
身体全身、蚊に刺されてひどい状態になっている。
そして、腕に力が入らない…

昨日部屋にたどり着いたまでの記憶はあるのだが…

脂汗を流しながらタクシーでどうにか部屋について
そのまま痛さで気を失っちゃっていたらしい。


情けない…


腕も腫れ上がっているので、荷物はそのまま
病院に行ってみた。

血液検査の結果

血糖濃度が異常な数値でホルモン値にまで異常が見られ
ると使用した栄養剤やいろいろなことが、先生にはお見
通しらしい。

全てを悟っているかのように

「英語の診断書出すから、それ持って日本の医者に行き
なさい。鎮痛剤とマッサージクリーム出すから毎日忘れ
ず使用すること。日本に行ったら日本の医師に薬を見せ
てその先生の指示に従うこと!!!」

「あっ!! それと現在使用している薬はとりあえず止め
て、回復の様子を見てください。トレーニングもダメ」

と念を押されて、帰国宣言されてしまった…

結局、急激な筋肉の発達で筋肉のジョイント部分がそれに
ついてこれないで痛めてしまったらしい。


せっかくプーケットでのジムの手配も済ませて
あったのに、急遽 帰国準備となりました。

荷物を持ち空港に向かいチケットカウンターで診断書を
見せると、すぐに成田行きのチケットを手配してくれた。

バンコクに着いたのはpm10:00。
このまま国際線に乗り継ぎ成田に向かう。
日本到着予定時間は翌日朝8:00。


お土産を買う間もなく、日本へ帰国となりました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-03-12 09:07 | ディオの日記