<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
本日よりトレーニング再開
いつまでも遊んでばかりもいられない!!
本日よりトレーニング再開しました。

d0088142_12372516.jpg


僕達が今日、トレーニングの為に訪れているのは
志賀町立総合体育館。

都会では考えられないぐらいの広さの多目的体育館が

な・ん・と

温泉リゾート地の中心にあるという、最高の立地条件

一汗かいた後は温泉へ

なーんてキャッチフレーズがそのままいけちゃうような
感じです。

トレーニングルームに向かうと、その広さに驚き!!

d0088142_12381057.jpg


トレーニングマシーンは一通り揃って、恵まれすぎた
環境ではあるのだが

トレーニングマシーンが12畳部屋ぐらいの広さに
1つずつ ポツーン… ポツーン… と置かれ

小さなジムに慣れている僕としては、ちょっと違和感が

不満があるわけではないのだが


う~ん

この気分を例えるならば

マシーンに座っていると、12畳部屋ぐらいの真ん中にある
便器に座り用をたしているような寂しさがw

d0088142_12382713.jpg


僕は、空中ブランコに向けた練習のため

鉄棒での基礎体力作り

d0088142_1239131.jpg

d0088142_12392616.jpg


ラムは、床演技の練習のため

マットにてバク転

d0088142_12393822.jpg

d0088142_1239516.jpg


お互いに思う存分、汗を流してきました。



そして、最後は

もちろん 温 泉 ♪ で、締めくくり。


d0088142_1240687.jpg

しっかり身体作りして来週、横浜に帰ります!!
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-10-27 12:40 | ラムの日記
これにて一見落着です
前回の日記と、みなさまの意見がホテル側の担当者の
目と心に留まったらしく、本日、謝罪にフロントの上司の
方2名が来て下さいました。

しかも、『丁寧な支配人からの謝罪メッセージ』と
『菓子箱』までいただいちゃったりして…

来て下さったホテルの方はとてもテンションが高く
熱のこもった謝罪をしてくれているのですが

それを聞いている僕の方はと言いますと、事件からの
時間差もあって怒りも冷めてしまい

その熱心な姿勢と謝罪に
なにか少しばかしこちらが申し訳ない気に…


いやいや、違う!! ここはちゃんと

誰が悪いとかじゃなくて、こんな事が2度と起こらない
ようにサービスの向上を約束していただかねば!!

てな訳で

皆さんからの意見は、僕の意見と共にちゃんと伝えました。




いやぁ~ 考えて見ますと

たった一人の従業員の不始末でそのホテルのイメージ
全てが決め付けられてしまうってのも大変なことですね。

それが『仕事』で『責任』で『信用』ってもんだろ!!って
言われちゃうとそこまでなのですが

人の集合体ってのは、時にすごいパワーを持っている反面
それを維持して更に大きくなっていくのは、
リスクとも戦っていくってことなんなんだなぁ~と思っち
ゃいました。

特に人相手のサービスを売り物とした業種ってのは
更なる難しさがあり
温泉って自然の恵みを仕事として売っていくには
衛生面や安全面などこれまた大変な事なんだと思います。

  他の温泉で発覚した偽温泉騒動でのお客減少
      ↓
  能登沖地震によるダメージ
      ↓
  今回の円高での観光客減少 と

まだまだ辛い時期が続く温泉業界だとは思いますが
そんな中でもサービスを落とさず頑張る姿勢を
みんな見てないようで、ちゃんと見ています。

それがいずれ人伝いに広がり
信用となって花開く日を楽しみにしています。

謝罪に来てくださったホテルの方、頑張って下さい。


コメントくれた皆さん、ありがとうございました。

これにて一見落着です


風邪気味なので、ちょいと横浜に帰るの遅れそうです
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-10-25 22:41
ブチ切れさせられる事が…
さてさて

美味しい秋の海の幸三昧

家事から解放され昔の仲間と遊び三昧

毎回、場所を変えての温泉めぐりと

この上ない三拍子揃った能登への帰郷を
楽しんでいる僕達親子ですが~♪

それに喝!!

を入れるかのごとく今日は久しぶりに
ブチ切れさせられる事が…

しかもそのおかげで風邪ひいたみたいし。

これ話すと長くなるから
こんな話、うっとうしいと思う人はスルーでOKよ

 (なんか、こんな日記うちのスタッフも
  書いてたな~ww
  なんかとんでもないヤツラが集まった会社
  みたいでイヤだけど書かずにはいられない)

--- ここから 本編 ---

今日も一日の最後は温泉で、疲れと心を癒そうと
お気に入りだった某ホテルの温泉に出掛けたわけよ!

サウナに露天風呂、大浴場と、心も身体も綺麗になって
気分良く脱衣室に出てくると

無い!!!

服が全て無くなっちゃってるのよ。
脱いだ服も着替えも全てが!!!

脱いだはずのカゴの中が

きれーに カラッポ!!

こんな時って困るよね…

持ってるものは、濡れた手ぬぐい だだ1つ

どーすりゃイイの…

慌てるな、慌てるな、と自分の心に言い聞かせ
まずは、この事をホテルの人に伝えなければ!!

濡れたタオルを絞り腰に巻き、風呂場入り口の番台を
覘くと

無人… ァヒー 誰もいない

イカン、温まったはずの身体が冷えてきた…

また風呂に戻ろうかな~と思ったりもしたが
この事態を、まずはホテルに伝えなければ
なにも進展しないなぁ~ 電話だ!!

とりあえず携帯は…

ない… 脱衣のポケットの中だ…

ありえない…(涙)


ちょっとドライヤーで髪を乾かしながら考えるかと
思っていた

その時

僕の服と似た服を着たおっちゃんとその奥さんが
脱衣所に現れた!!

軽く会釈をして僕の隣へ

奥さん連れて風呂で脱衣って、どんだけ俺様な
おやじなんだよ

と思って見てると、その服を脱ぎ籠へ入れだした

ん、ん…

お、おい

そんな下着とシャツまでが僕とお揃いって…

それ、俺のだろ!!

「あの、それ僕のじゃないですか?」と声を掛けると


「あっ、そう」

と言ってもくもくと脱ぎだす。

そして、脱ぎ終えて別の籠の服を身につけて一言

「はい」

と僕の服を、その奥さんが差し出した。
おっさんは知らんぷり

ここで、冷えた身体が一瞬で熱くなり
体内の全ての血液が頭に しゅーちゅー

爆発です!!

僕:「ちょっとまて。人の服着て立ち去っといて
  たとえ、それが間違いだったとしても
  それを渡して、はい ってそんなのないでしょ」
 「まずは謝罪の言葉ってのがあるだろ」

奥さんは、無言で裸で怒鳴った僕をポカンと眺めてる。
そして、おっさんはむこう向いて鼻くそほじってる。

脱衣所は静まりかえり、他のお客は静かに着替えて外へ…

そして、奥さんとおっさんは
そんな僕を 無 視

知らん顔して着替えて立ち去ろうとしてるので

僕:「てめー日本語つうじてんだろー
  なんか言うことないんですか?」

とタオルを腰に巻いたままの裸姿で進路をふさぐと

奥さん:「どうすればいいんですか?」

開き直って僕に聞き返してきた ムカツクー
ちゃんと言葉も通じてるじゃーねーか

僕:「どうすればいいんですか?って
   誰にきいてんだよー
   はい って渡されておっさんが身につけた
   パンツとシャツ着て帰れってのかー」
  「あんた、逆の立場で考えてみてください。嫌じゃないですか?」

脱衣所に響き渡るすごい怒号に
番台のおばちゃんが戻ってきたらしく

そっと入り口からこちらを覘きこんでる

それに気づいた奥さんが、番台のおばちゃんに駆け寄り
さっきまでとは違う、かよわいキャラを演じ

奥さん:「うちの人が、あの人の服を間違えて着て
     それをあの人が許せないって…」

おいおい、ちょっと話のまとめ方が違うくなってないか??

寄ってきた番台のおばちゃんに

僕:「ちょっと、その説明おかしいから。被害者こっちだから。
   風呂上がって着替えから脱衣まで全部無くなって
   探してるところに、それを身につけたこのおっさんが
   現れて、脱ぎたての下着を はい って渡され。 
   謝罪の言葉すら無く、この言われようです。
   ちょっとフロントか責任者呼んでいただけますか!!」

慌ててフロントに行く番台のおばちゃん。

そして待つこと更に10分。まだ僕は裸です。
風呂から上がって既に30分は経過してる…

フロントマンが現れて一言

フロントマン: 「事情は番台から聞きました、向こうの
        お客さまも間違えに気づいて戻って
        きたわけですので、ここは事を荒立てず
        お許しいただけませんか」

僕:「このままですか?」

フロントマン: 「はい。」

僕:「誰一人として謝罪の言葉もなく、このまま
  このおっさんが身につけた下着つけて帰れと言うのですか?」

フロントマン: 「許していただけるのでしたら」

僕:「ちょっとまてこらー。お前が仕事じゃなくて逆の立場なら
   はいわかりましたって、おっさんの身につけたパンツはいて
   かえれんのか!! 」

フロントマン: 「そういわれましても、ホテルにはシャツも
        パンツも置いてありません。ゆかたでよろしければ?」

僕:「今まで、いろんな国のいろんなホテル泊まってきたけど
   こんな対応おかしくない? ここは事を荒立てずって
   お前の立場の話してんじゃねーよ。こんな対応あったって
   事実残す事の方がホテルとしてもまずいだろーが」
   それに、売店にティーシャツぐらい売ってんだろう!!」

フロントマン: 「お客さんが買っていただけるのでしたら…」

奥さん:「それじゃ私がそれ買いますので」

フロントマン: 「申し訳ございません。では、すぐに鍵を開けて
        きます。お客様はとりあえずそれまで浴衣をどうぞ」

フロントマン! てめー誰に申し訳ないって言ってんだよ。
当たり前のことだろー
しかも、被害者は俺じゃねーか コラ!!

またしばらく置き去りとなった僕達…

気まずかったのか奥さんが

奥さん:「この人ボケちゃってて。申し訳ございません」

やっと出たー 謝  罪

僕:「そんな介護を必要とする人なら、一人で温泉に入れちゃ
  危ないですよ。もし、風呂場で何か起こったらと考えたら
  わかるでしょ。誰かがなんとかしてくれるだろって他人任せ
  じゃイカンでしょ」

奥さん:「ですね。あんたも謝って。」

おっさん:「あっ、すみません」

おっさんしっかりと言葉も理解できてるじゃねーか!!このやろー
しかも、あっ、ってなんだ!  全く心が入ってないだろ それ

言うだけ無駄か…

身体が冷たい…

待っても来ないので、仕方なく下着はつけず
ズボンと上着だけを身につけて

娘が待っているので立ち去ろうとすると

フロントマンがそれに気づき、浴衣を手に走り寄ってくる

フロントマン: 「とりあえずこれを」

僕:「もういいから、服着たから帰る」

フロントマン: 「そんなこと言わず、どうか売店まで」

と、帰ろうとする僕を売店まで連れて行こうと強引に誘導する

こっちは身体が冷えてるのにノーパンに上着だけで寒いし
娘も待ってるし帰りたい

娘の待ってるところまで、しつこくフロントマンが
ついてくるので

さらにアタマきて!!

僕:「もういいから、服着たから帰るっていってるだろーが
   もう服着てんのに、売店で服もらってたら
   それ目当てで絡んだみたいで嫌な感じだろがよ!!」

って怒鳴ってしまった


その僕の怒号を聞いて、タイミング悪く娘が駆け寄ってきた

そして、フロントマンにむかって


娘:「どうしたの、なんか買ってもらえるの?」


って、こんな時に欲まる出しで愛想使ってるし…
場の空気読んでよ(涙)

全てが、うっとうしくなってきたので、ホテルマンに

僕:「もういい。てめーが客と勝手に話しつけとけ」

と娘をつまみあげ、温泉から帰ってきた


あームカツク ムカツク ムカツク

寒さで風邪ひいたみたいで

さらに ムカツク

ホテルの案内サイトのお客様の感想欄に
書いてやろうか!!!

って思ったけど、

そんな事、しちゃいかんよねー
ここはジッと堪える

きっとホテルの関係者がこの日記見て気づいたら
なんらかの誠意ある謝罪があるだろうと期待し

今日は布団に包まって寝る…
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-10-21 23:30 | ディオの日記
調子乗って、またやらかした…
毎日、遊びほうけているラムが

調子に乗って

また!! やらかしました


前回は、前髪バッサリでしたが

今回は、ハサミでマユゲを切っちゃいました…

d0088142_14381339.jpg



あきれて、かける言葉も無い

本人も、叱られないのが
かえって、泣くに泣けないらしく
バカ顔で笑いをとって、ごまかしてます

d0088142_14382756.jpg


翌日、内心かなりショックだったのか
洗面所でマジックでマユゲを書こうとしてるのを見つけ

慌てて止めましたw
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-10-16 14:38 | ラムの日記
今日はエコイベントに行って きました
今日は地元で行なわれているエコイベントに行って
きました。

d0088142_1732531.jpg


弟の会社がこのイベントの下請けとして設営に加わ
っているので、その頑張りを見てくるかとラムと
お出かけ。

なかなか観客としてイベントに訪れる事が無いので
とても新鮮な感じてす。
会場に着いてすぐ真っ先に目に付いたのがピエロの
フアフア。

d0088142_17331095.jpg


「ピエロだ!」と、ラムが走りだしました。

靴を脱ぎ捨て、中に飛び込もうとすると

ピ・ピー!! そこ、ちゃんと列ついて待って」

とお叱りをうけてしまった… 恥ずかしい

満足するまでひたすらジャンプし
飽きてきたので建物の中へ

d0088142_17332912.jpg



そこは『花のミュージアム』と名づけられているだけ
あって、外は紅葉の季節なのに室内は南国の花が
華やかに開き一面、お花畑。

d0088142_17335137.jpg


その真ん中にある噴水を見て、ラムが一言

「これってお尻洗うヤツみたいね」と喜んでいる

花の感動より、そっちかよ…
感受性の無さに、親として情けない
もっと美しいものを見せて育てるべきだった…


d0088142_17343190.jpg


あまり花や緑への関心が無いようなので
ハロウィンコーナーで記念撮影し別のイベント会場へ。


そこであるものを発見!!


「あーっ!!」親子揃って声をあげ走った先とは
元小泉首相の乗ったことで話題となった

『次世代型2輪マシーン セグウェイ』。

列につき、楽しみにしていた自分の番がくると
スタッフは何を勘違いしたか、ラムの荷物を僕に渡し
ヘルメットとプロテクターをラムに着け始めた…

d0088142_17345961.jpg


僕が乗りたかったのに…

そこで「僕が─」なんて言えない小心者なので我慢

ラムも自転車も乗れないくせして乗る気満々で
説明受けてるしw

どうなることやらと眺めていると

d0088142_17351934.jpg


この通り。これがなかなか上手に乗っちゃってます。


本人はすっごーく嬉しいくせに、それを顔に出さないよう
に我慢した、すかしたツラで僕の前を通り過ぎていく…

d0088142_17394141.jpg



性格わるっ~


こんな感じて今日も一日、ラムと楽しい時間を過ごしました。

ちょうどこの時に海外から仕事の依頼の電話が…
帰ったら来年に向けた身体づくりに忙しくなりそうです。
この楽しい旅の後に待つ現実のことは、まだラムには
まだ伏せておく事にしよう。


ここのとこ毎日、ラムと遊んでいてふと
こんな言葉を思い出しました。

I wonder whether what children need in order
to grow freely and in a healthy way is not
consistent rules and a well arranged environment,
but, rather, the feeling that someone
“loves them the best in all the world.”

子供たちがのびやかにすくすく育つために必要なのは
理路整然としたルールや整備された環境ではなく
実は“誰かに世界一愛されている”という実感なのでは
なかろうか。

引用: 原田 宗典 『家族それはヘンテコなもの』
d0088142_17413288.jpg



まだまだ、不器用な子育て初心者ではありますが
この言葉の意味が、今回の旅で少しばかし実感できた
気がしてます。

生意気なこと言ってスミマセン
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-10-13 17:41 | ディオの日記
巨大アスレチックを制覇しに行ってきました!!
d0088142_2226420.jpg


ラムと一緒に地元にあるピラミッド型の
巨大アスレチックを制覇しに行ってきました!!

d0088142_22261990.jpg


これに怯まず果敢に挑むラム

d0088142_22263639.jpg


そして、あっけなく頂上制覇

「記念写真用に逆立ちして」と言うと
「ここ狭いしこわいよ~」とビビッちゃって
してくれませんでしたw

d0088142_2226504.jpg


そして、下りはピラミッドの大滑り台

名前は『大滑り台』だ・け・ど
長さは笑えるぐらいすっご~く 短くて笑えます。

簡単な気持ちで滑るラム

しかし、なめてました…

d0088142_2227797.jpg


角度が急角度!!

滑る時のラムのひきつった表情を見てくださいw


次は僕も一緒に頂上まで登ってみた。

周りを見渡すと最高の絶景。

d0088142_22272360.jpg


横浜のビルの上から見る風景とは違い
緑とオレンジの紅葉が混ざり合い一面に敷き詰められ
その景色の綺麗さに言葉を無くしてしまいました。

こんな事って何年ぶりだろう…

ラムとの横浜生活が始まって以来かな

それまでは旅から旅の生活で、移動する度に
新たな地での感動と冒険があり楽しかったなぁ~

そんな毎日が懐かしい…

なーんて思っちゃったりしました。

でも、次からの旅はラムと一緒!!

きっと、今まで以上に楽しくなりそう。


そして、アスレチックとの第2回戦に突入

d0088142_22274491.jpg


『浮き島渡り』を僕は逆立ちジャンプで挑戦してみました

d0088142_2228522.jpg

ラムはターザンに挑戦!!

弾け過ぎた僕達親子に危険を感じたのか

10組以上は居たはずの家族連れが

気づいた時には

この広い公園に僕達しか居なくなっていた…


汗かいたから
この後は、温泉だ!!!!!
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-10-11 22:29 | ラムの日記
今回も夜行バスでの帰郷
またまた今回も、夜行の高速バスを利用しての帰郷。

d0088142_10444124.jpg


やっぱ、これ便利だわ~

すぐ近くの横浜駅から乗れて
しかも、出発がPM10:05だよ!!

飛行機とか、こんな遅い便無いんだよねー

d0088142_10445679.jpg


バスに乗り込むとラムはシート倒して寝支度開始
バスのタイヤ音と揺れが

心地よく眠りに誘ってくれるんだ~

d0088142_10453645.jpg


乗ってしばらくしたら

消灯

d0088142_1045517.jpg


朝、目が覚めたら金沢に着いちゃってました

d0088142_1046395.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-10-07 10:53 | ディオの日記
ラムとデート
今日は仕事を早く済ませラムとデート。

d0088142_23393013.jpg


仕事のことや練習の事は忘れ、今日は思いっきり
普通の親子としての時間を楽しもうと出掛けた

でも、

仕事のことや練習の事以外の話題となると
お互いすぐにネタ切れとなりへんな沈黙ができてしまう

なんて、不器用な親子なんだ…

こんなじゃ、せっかくの時間が退屈なものと
なってしまうので、
ラムの大好きなサーカスの話をすることに。

でも、

その前に1つ話しておきたいことを思い出し

その為に向かったのがラムの大好きな
クレープのお店。

「まだ、お店があると良いね」

と不安と期待を持たせ、クレープのお店向かうと
以前に訪れた時と同じ所にそのお店はまだあった。

ラムもお店を見たことで以前に来た時のことを
思い出したらしく

「あーっ、ここのイチゴクレープおいしいんだよね」

と店に向かって走り出した。
そして、以前に来た時と同じ店員に同じものを注文した。

d0088142_23395580.jpg


ラムもそれに気づいてたらしく
席についてすぐに

「前に来たときの人と同じ人だったね」

とイチゴ生クレープに食らいついた。

僕は今回サーカスの話をするのにここに来たのには
訳があって、どうしてもラムに教えたいことがあって
こを選んだんだ。

僕がラムに「おいしい?」と問いかけると

ラムは「うん、むっちゃおいしいw」と答えた。

ヒッヒッヒ

これで僕の思惑通りとなったので話し始めることにした

僕:「ほら、クレープ屋さん見てごらん。
  次から次とお客さんがクレープ買ってくよね」

ラム:「うん」

僕:「どうしてだと思う?」

ラム:「おいしいから」

僕:「だよね。あそこのクレープおいしいからなんだけど
 それじゃ、もし、ラムのクレープだけ作るの失敗して
 おいしくなかったらどうする?」

ラム:「イヤ」

僕:「だよね、もう来たくなくなるよね?」

ラム:「うん。新しいのに変えてって言うかも」

僕:「もし、それがダメって言われたら
  もう来たくないよね」

ラム:「うん」

僕:「もし、それがラムの大道芸だったらどう?
 みんな楽しみに見に来て、それが失敗とかダラダラ
 してたら、もう見に来たくなくなくなるよね」

ラム:「う…うん…」

僕:「毎日練習で同じ事してて、飽きてきたかも
 しれないけど、だからってショーで失敗とか
 ダラダラしてたら、それを見たお客さんはどう
 思うかな?」

ラム:「イヤ…」

僕:「だよね。あのクレープ屋のお姉さんも毎日、毎日
 何十個もクレープ作ってるんだよ。
 だけど、飽きたからって手抜きしたりダラダラしてない
 よね。そして、おいしいクレープ作ってくれたよね。
 だからまた来たいって思うんでしょ?」

ラム:「うん」

僕:「じゃ、ラムも大道芸で毎回ちゃんとパフォーマンス
 しないとね」

ラム:「うん」


ちゃんと、言ったことがラムの心に伝わったかな~

d0088142_23401564.jpg


「うん」と言いながらもクレープに夢中にカブリついてる
ラムを見るとちょっと不安…

まぁ解ってくれたと言ってるので、それを信じることにして
ラムの大好きな『サーカスを旅してきた話』に入った。

この話はここで書くと長くなるので
省略ww

今日はこの後、ラムと横浜西口を食べ歩きしながらの探検!!

長い時間歩き回って疲れもピーク、お腹も満たされ

帰って、ラムは布団に横になって1分もしないうちに
熟睡してしまいました。


次に、教えたい事は
失敗しても、そこから頑張れる人になってもらうこと。

横浜に帰ってきた後の大道芸、例えラムが失敗しても
成功するまで続けます!!

たとえ見ている人たちに痛い親子と思われても!!


あっ、いけない…

今日は思いっきり
 普通の親子としての時間を楽しもうと思ってたのに

それが結局こんな終わり方となってしまった…

てなわけで、明日も引き続き
 家族のための休日とさせていただきまーす

おやすみなさい
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-10-04 23:40 | ラムの日記
打ち合わせ + 打ち合わせ + 打ち合わせ の毎日
ここのところ毎日が

打ち合わせ打ち合わせ打ち合わせ

と打ち合わせ続きで身体を動かす時間が無く
ちょっと運動不足気味

しかも、打ち合わせとなると高確率でプラス
食事なので、ちょっと太りつつあります…

レストランの秋のメニューは魅力的
食べ物が多くて、見ちゃうと
その誘惑に負けちゃうんだよなぁ~(涙)

更に、打ち合わせって夜が多く
家事と留守番をスタジオのスタッフに頼み
出かけてばかりいるもんだから

久しぶりに保育園にラムを迎えに行ったら
先生が寄ってきて

「ラムちゃんが、パパも出てっちゃって
 私は一人ぼっちの子なの…って言ってましたよ」

なんて言われる始末。

そう言えば、最後にラムと会話したのって
「ズルして練習サボってたら帰ってこないからね」
と言って、打ち合わせに出掛けた時の会話が
最後だった気が…

まさか、こういう風になってるとは
ラム、ゴメン

ん!? でも、そう言ってたって事は
練習サボってたってことか??

まぁ、ラムとの話はこのぐらいにしまして

僕は現在、鞭協会の代表として
大使館や国際交流団体の方々の協力のもと
他国の鞭団体と国際交流を実現させようと
いろんな方々と打ち合わせを続けているのですが
これがなかなか、こちらの思惑通りに
簡単に進んでくれません

今、取り組んでいるのは、こちらの団体を相手国の
方々に理解してもらえるよう、現在のホームページを
他国言語でも見れるようにするためのリニューアル。

こんなの僕一人の力では出来る訳なく

急遽、協会員でホームページ作成と翻訳のスキルを
持った人を集めたスペシャルチームを結成し
その皆さんのお力を借りてホームページのリニューアル
を進めています。

技術的な事で僕に出来ることは少ないことから

僕に与えられたポジションは、みんなが心地よく
取り組める環境づくりと打ち合わせ

などと勝手に決め付け

打ち合わせ + 打ち合わせ + 打ち合わせ

とスタッフ皆さんの所を行ったり来たりしながら
資料集めやお買い物、配達などなど
トラブルの解決の為に頑張っているわけです。

d0088142_23595319.jpg


そうそう、写真はそのメンバーの一人で
フランス語翻訳を担当してくれているエドくん。

彼は本職がアニメーター。現在担当しているアニメが
シ○ゴキャラとマク○スと、現在放送中の人気の
アニメだけあってこれまた忙しく
なかなかゆっくりと時間をとって打ち合わせが
できないんだなぁ~

昨日も新宿まで出向いて、会って会話できた時間は
15分ぐらい。
喫茶店で席についてすぐ携帯で会社に呼び戻され
寂しそうに戻っていきました

彼のは、いずれは母国のフランスに帰って

『鞭を持ったキャラクターのアニメ作品を作る』こと

なーんて嬉しい事を言ってくれてるので
そっちの話もしたいのだが、お互いに時間が無くて
これについての話が出来ない状況。
鞭のアニメ、実現したら嬉しいなぁ~

本当は、仕事のことよりも
こっちの話をゆっくり朝まで語り合いたいんだが
まずは本業!! そして、協会のこと!!
いずれ、ゆっくり話せる時が来るのを楽しみに
しています。

忙しい、忙しい、と言いながらも
僕だけ来週から休暇をとって里帰りなんだよね~ww
頑張ってる皆さんスミマセン
[PR]
by kinosuke_otowa | 2008-10-03 00:04 | ディオの日記