<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
イメチェン写真
d0088142_17565148.jpg
d0088142_17571622.jpg
d0088142_17574391.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-30 17:57 | REUNION
こちらの近況を報告
さてさて、こちらの近況を報告しますと

6月に島の西側にサーカスのワークショップが出来
ることとなりました。

私はそこの協力を得ながら、東側のサーカス学校の
再建に取り組む事となりそうです

一度潰れたものを再設するのは、新しく作るよりも
難しい、、、

きっと長くなりそうだ

でも、これがうまくいけば
ここは驚くことに日本よりも物価が高い
アフリカ地区の拠点となって、いずれは他の地域を
助けることができればいいなーなんて考えてます

道具がなんにもない所からのスタートだけど、今回
は人に恵まれているからなんとかなるでしょ

d0088142_220999.jpg


そう考えながら今日は海岸で、日が沈むまでウイッ
プを振ってきました。

d0088142_2204098.jpg


ラムはと言いますと、サーカス学校との合流は
月1ペースにし、体操チームに合流して週4ペース
で練習することとなりました。

d0088142_232846.jpg


なぜなら、ここレユニオンは体操のレベルが高く設
備が整っていることからです。

d0088142_2335896.jpg


合流することはすでに決まっているのですが、来週
さっそくどのクラスと合流するかのテストがあるそ
うです。

d0088142_234387.jpg


ラムは気合を入れるためイメージチェンジしました。

がんばってます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-29 02:35 | REUNION
ココナッツ
d0088142_1649943.jpg


この島のいたるところにある

ココナッツとサトウキビ

d0088142_1657449.jpg


お願いしてココナッツをとってもらいました

d0088142_16582115.jpg


割って中を食べたけど

d0088142_1659086.jpg


あんまり おいしくなかった

だけど 満足


今日、旅先で書いたはがきを出した
届くといいなー
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-25 16:59 | REUNION
一人一人のウィップが協会の信頼を背負っているのです
一通のメールが匿名で送られてきた。

そこには、協会員がパーティで行ったデモンストレーションの
失態が克明に書かれていた。

事実かどうかはわからないが、その会場では以後ウィップの
使用は禁止となったらしい、、、、

終わったことを言っても、しかたがないが

事実ならば

この背負った十字架の重さを軽く受け止めないで欲しい

私も以前、パフォマンス時のアクシデントによって業界から
干されたことがある。それはプロとしてあってはいけない過ちで
当然の報いだった

その事から、いろんな意味で辛い思いをしました

人前でウィップを手にするとき、そこには大きな期待がむけら
れる。だが同時に大きな責任が生まれ追い詰められている
ことを忘れてはいけない。

その期待は無責任にも、より過激なものへとエスカレート
していき、期待と言うプレッシャーで追い込んでいく

だが誰も責任という言葉は口にしないし
代わってはもらえない

この事を「悪魔のささやき」と言ったパフォマーがいるが
実にうまい例えだと思う

この駆け引きに乗って、優れた才能を持っているにもかかわらず
悲しくも消えていった人たちを何人も見てきた。

きっとお客さんの期待とは比べもにならないぐらいの愛情で
そのパフォマンスに接してきたはずなのに、、、

本当に惜しいことだ

起こそうと思って、事故を起こす者はいません
どれだけ上手な人も事故の可能性は常についてまわります

だからこそ、その道のプロとしてやっていくならば
安全なラインを見失わず、そのことに細心の注意を払う
必要があります

ウィップの上手さとは、車の運転と良く似ていると思う時がある
なによりも重要なのはコントロールの正確さ。それこそが上手さ
セイフティードライビング ならぬ セイフティークラッキング
だと思います。

正確さを追求した練習を重ねるうちに、その延長線上にいつの日か
過激に見えたはずのパフォマンスが、単純な基礎の上にある
ものであったことが見えてくる時がふと訪れるはずです

この失態の話が事実ならば

協会員である以上、自分ひとりの問題ではないことを自覚し
以後二度と同じ過ちをしないように心がけて下さい
一人一人のウィップが協会の信頼を背負っているのです

そして、プロとしてうけた仕事ならば
事故には業務上過失という責任が常についてまわることを
忘れないでください
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-24 15:54 | ディオの日記
Reunion島について
今回は日本ではあまり知られていないこの島について少し紹介します。

d0088142_1551595.jpg


レユニオンは島の持つ複雑な歴史の背景からなる色々な文化の
織り交ざった複数の人種の生活する島です。

地上の楽園と言われてたセーシェル共和国の近くと言う事もありと
ても似た環境で観光地となっている。フランス領であることから本土
からの観光客が多い南国のリゾート地だ。

d0088142_15515131.jpg


大きさも2,512 km²と、日本の沖縄(2,271 km²)
と同じぐらいです。

d0088142_15523147.jpg


住民は黒人と白人の混血であるクレオールが大半で、インド人
パキスタン人、フランス人、中国人、アフリカ人、マダガスカル人
モーリシャス人といった具合で続く。

私が滞在してるのはSt.Andreと言う名の、のどかな地域です。

d0088142_1553138.jpg


車で少し走れば首都のSt.Denisがあり、そこには日本食の
レストランやアジアンスーパーがあります。

d0088142_15535380.jpg


こんなものまでありました

d0088142_15543030.jpg


今日は、しょうが焼きを作って食べることにします。

d0088142_1555818.jpg


車がなくても海岸線に島を周遊できるようにバスが走っており、地図
を片手にどこにでも行けます。


次に紹介するのはSt.Poul。

d0088142_15553930.jpg


ここは上流階級の人々が多く住む地域で、中国人が多いです。

d0088142_15561093.jpg


写真では伝わりずらいですが、家も高級感あるものが多く貧しい中国
人は目にしませんでした。

次に紹介するのが St.Gilles-les-Bains

ここはレユニオン最大のリゾート地です。海岸線に海水浴できるビーチ
もあり、海水浴に訪れる人やサーファーで賑わっている。
高級ホテルやナイトクラブが連なり、大道芸するにはもってこいの場所
だ。でも、それなりに治安は悪そうです。

d0088142_15564141.jpg


少し車で南に走ると、南の中心都市 St.Pierre
ここのビーチは格別に美しい。ここで海水浴することにした

d0088142_15571272.jpg


日本で見たことない透き通った海。そして水の中にはたくさんの熱帯魚

d0088142_15574471.jpg


ラムもゴキゲンです

d0088142_1558196.jpg


バーべキューをたらふく食べて帰路につきました。
あとは内部にある火山や高原を探検すると大まかに、この島の魅力に
触れたことになるらしいです。

この日記書くのに二時間かかった、、、、
日本からノートPC送ってもらおうかな
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-23 16:01 | REUNION
私の到着が遅かった,,,,
この島には東と西に一つずつ二つのサーカス学校があったのだが
私の到着が遅かったのか、すでに一つはつぶれてしまっていた。
私が滞在しているのは東、悲しいことにつぶれてしまったのは
こちらの東の学校、、、

しかも、悪評がそうとう高かったらしい。

だからといって、そのままにしておけない
私の初仕事は、この学校をどうにかすることからはじまるみたいだ。

まずは、ラムのためにも今日は西のサーカス学校に行ってくることに
します。

それにしても、言葉が通じないってのは不便なことだ、、、

ラムはこちらで友達ができ毎日楽しそうに遊んでいるのですが
いったいどうやって理解しあってるのか不思議です

日本のスポーツウィップ協会の皆も頑張ってるみたいだし
こっちも負けてられない。今日も一日頑張るか


それでは、行ってきます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-21 13:51 | REUNION
レユニオン島 到着
d0088142_20293124.jpg


タイを飛び立ち8時間30分、現地時間で早朝6時30分に最初の赴任地であるレユニオン島に到着しました。

d0088142_2030393.jpg


ここレユニオンは、南アフリカ地区に位置するフランス領でマダガスカル島の東にあります。

d0088142_20303791.jpg


自然を感じて過ごすには最高の地です。

d0088142_20311595.jpg


日本のように何を行うのにも便利な環境とは言えないけど、生きていくのに必要なものはそろってる地です。

d0088142_20315116.jpg


ラムはまだ地図をちゃんと把握していないので、ここがどこなのかは解ってないみたいだけどすごく遠くに来たのはわかるみたいです

ずっと海を眺めていました

d0088142_20322621.jpg


ここレユニオンは、今が冬。それでも日本の夏のような暑さです


PCを持ってこなかったので、ここで日本語で日記を書くのに苦労します短い日記でごめんなさい
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-18 20:34 | REUNION
バンコク旅立ちの時
バンコク旅立ちの時

d0088142_1442850.jpg


タイ新国際空港にやってきた

d0088142_14444636.jpg


今回、搭乗する航空会社のエアオーストラルはタイでもあまり知られていないらしくチケットカウンターを探すのに苦労しました見つけにくいのもそのはず、3社での提携便でカウンターの表示がエアマダガスカルとなっていた。

チェックインすると、なんと荷物を預かってくれる重さがエコノミークラスで30kgまでと多い
この他社に比べ+10kgがとても助かる。エアチャイナで日本からタイまで+10kgで80000円ぐらいとられたきがする。

d0088142_1445212.jpg


今回のタイ滞在でラムがお気に入りだったタイ風のカキ氷を最後に食べてゲートに向かった。

d0088142_144604.jpg


d0088142_14464045.jpg


さて、ここから先はラムにとって日本語が通じるのは私だけ
どうなることやら
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-17 22:40 | ディオの日記
タイ滞在 最終日
現在はタイに滞在中。 日本との時差は-2時間。

本日、タイ最終日。BTS(タイの電車)に乗って買い物にMBK(デパート)に行って来ました。

タイの電車は年齢制限ではなく身長制限で子供運賃が
決まるらしく、まずは身長チェック。

d0088142_157206.jpg


残念ながら無料にはならずチケットを購入。

d0088142_1574465.jpg


まぁ、買っても20B(60円)だからいいか

BTSに乗り込むと、さすがは敬愛に満ちたタイ王国
学生が率先してラムに座席を譲ってくれました。

d0088142_1583373.jpg


アジアンチックな衣装のラムを見て学生達から

「かわいいー」と言われ、愛想を振りまく
タイでも人気者のラムです

買い物を済ませ、ついでに日本で使ってなかった海外用
携帯を使用できるように修理してもらい次は腹ごしらい。

d0088142_1591720.jpg


同じ建物内にあるタイのクーポン食堂に入りタイ料理を
数品頼んでみた。

ラムは「日本の食事と違うニオイだから食べたくない」と
言ってたんだけど、そんな事言ってたらこれから先
生きてはいけないと無理矢理少し口に押し込んでやった

d0088142_1594375.jpg


すると、味は気に入ったらしく全てきれいに残さず食べ

それどころかデザート(タイ風かき氷)まで頼み

d0088142_15101013.jpg


この至福の表情

d0088142_15103466.jpg


まぁ、調子こいてこんなに食べると当然なのですが

数時間後に、下痢とお漏らし

d0088142_15105660.jpg


帰ってシャワーしながら汚した衣服のお洗濯

そう言えば一年前まで毎晩、ラムが寝た後にお漏らしの
衣服を手洗いしてたなぁー 懐かしい

これも全てが旅の勉強!!

叱りませんよ、こんな事ぐらいでは

でも、ラムにはこれを理由に練習を3セットほどこなして
もらいますw

疲れきったところで飛行機に乗り込み移動中に寝てくれる
のを企んでいます

なぜなら次は飛行機で8時間の移動だから

今夜、アフリカエリアに向けて旅立ちます。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-16 15:12 | ディオの日記
日本-台湾-タイ
d0088142_1146286.jpg


祖父のやっさんとオバサンに見送られ金沢駅を後にしました。

d0088142_11463822.jpg


出発直前までラムは旅先のいろんな出会いや発見を楽しみにしてる気持ちが
前に出てて、すっかり寂しさを忘れていたのですが

見送る側の寂しそうな気持ちを察し、自分も寂しくなったらしく
横浜行きのバスで弱音を口にした、、、

しかたないよね

早朝に横浜駅に到着。YCATへの移動の時になんと、たった10分
の乗り換え時間だったのにミユキちゃんがラムに会いに来てく
れました。ラムのディズニーランド仲間だけあってラムの大好
きなお姫様ティアラを旅立ちにプレゼントしてくれました。

もう、これで朝からご機嫌です

道中何度もかばんの中のティアラを覗き込んでニヤニヤしてま
した。

ミユキちゃんありがとう

空港に着いてチェックイン。なんと荷物が15kgオーバーで超過
料を払わされました。こんなならビジネスクラスにしとく方が
安かった、、、最悪の出費

d0088142_1147327.jpg


ラムにとって物心ついて初めての海外への旅。見るもの全てが
新鮮で驚きの連続です。

「ここは飛行機の駐車場?」

「ここはまだ日本?」

質問が絶えません。

d0088142_11473039.jpg


中でも機内に移動してから目にしたキャビンアテンダントの
綺麗な制服がお姫様ドレスぐらいに気に入ったらしく感動して
ました。

d0088142_11475175.jpg


感動の連続のラムとは別に、私は2人分の重い荷物から解放さ
れホッと一息つける瞬間です

この二人の感情の温度差を記念に撮っておきます

d0088142_11481299.jpg


私は少し寝ようと横になるが、揺れや機内サービスが多く
簡単には眠らせてはくれません

そうこうしているうちに、眠れぬまま台北に到着です。

d0088142_11483798.jpg


経由を利用しての資料の受け取り、台北から出発する同胞が
出発ゲートまで資料を届けてくれた。
重かった荷物の話をすると、彼も同じだったらしい。

ラムは、アナウンスも全てが日本語ではなくなり
やっと外国に来たという実感が沸いてきたみたいです

そうそう、やはりどこの空港でもマスクしてる人多いですね
世界的にインフルエンザに警戒しているのが伝わってきます

d0088142_11485847.jpg


資料を受け取り同胞と励ましあい、それぞれ機内に移動
私達はバンコクに向けての移動です。

うはっ!! また機内食です、、、

d0088142_11492085.jpg


でもラムは、喜んで また食べてます

d0088142_11493970.jpg


どうにか無事にタイに到着

d0088142_1150248.jpg


古くからの友人、タイ在住のハルコが迎えに来てくれた。
ハルコのフォローでタクシーに乗り、市内へ向かう道中

目にする看板のタイ文字を見て

d0088142_11503063.jpg


「なんか落書きみたいね」だってw

d0088142_11505315.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-05-15 11:52 | ディオの日記