<   2009年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Saint-Gilles(サン・ジール)という町 のお祭り
6月28日

d0088142_17322156.jpg


今日は島の西側に位置するSaint-Gilles(サン・ジール)という町
のLe Grand Boucan (ル・コン・ブコン)と言うお祭りに
Cirque de Cirqueと言うこの島でたった一つのサーカス団が
出演すると聞きつけて応援に行ってきました

d0088142_1733912.jpg


見て下さい!この小さな通りに詰め掛けた人だかりと

d0088142_17334535.jpg


その人たちをかき分けて進むパレードカー

d0088142_17343363.jpg


買い物を楽しむ人やら

d0088142_1735569.jpg


サンバ隊

d0088142_17354813.jpg


踊る人なんかで

d0088142_173856.jpg


もみくちゃですごいことになってます

d0088142_1739062.jpg


ラムも初めて見る南国の活気あるパレードにビックリの様子

d0088142_17393351.jpg


このお祭りのメインイベントはこの大きな鳥の象徴の爆破

d0088142_174051.jpg


むちゃくちゃ大きいです

d0088142_17405028.jpg


ちょっとこの写真では大きさが伝わりずらいかな

d0088142_1741212.jpg


足だけでこの大きさ

d0088142_17415598.jpg


時間が進むにつれて、人も増え
会場の盛り上がりも更に増してきた

d0088142_17424728.jpg


メインステージはもうコンサート並みの人垣で前に進むこと
すらできない

d0088142_17432476.jpg


せめてラムだけでもCirque de Cirqueのファイヤーショーを
見せてあげようと肩車

私は前の人の後頭部をずーっと眺めていただけだったけど
どうにかラムは見ることが出来た見たいです


ラムも満足した様子、私は人が多い場所が苦手なので
今回はここまでにして、彼らに声を掛けるのも諦め帰路につ
くことにしました


あっ!!

メインイベントの「鳥の爆破」見てないや
忘れてた、、、


おまけ

d0088142_17454359.jpg


座りながらも踊ってるノリノリのラム
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-28 17:31 | REUNION
ジムナスティック教室のピクニックの日
6月27日

d0088142_16372217.jpg


今日はラムのジムナスティック教室のピクニックの日

d0088142_16385796.jpg


父兄が持ち寄ったケーキやお菓子を食べて
仲間たちと思いっきり遊べる日

ピクニックの日なのは知ってたが、父兄がケーキやお菓子を
持ち寄ってくるなんてこと知らなかったので

手ぶらで来ちまった、、、、

そのことにラムは、親失格ですと言わんばかりのご立腹です。

d0088142_16395242.jpg


すごく恥ずかしそうに、私に怒りながらケーキを食べてます

d0088142_16414846.jpg


そんなラムを気づかって誘いに来てくれた先生や友達と共に
木登り

d0088142_16423537.jpg


その隙に、普段の様子を先生たちから聞きだそうと
先生たちの所に向かうと

どの親も考えることは同じみたいで、すでにどの先生も父兄
に囲まれ質問攻めにあっていました

d0088142_164382.jpg


さすがジムナスティック教室の子供たち

d0088142_16434426.jpg


どの子も運動神経が長けた子達ばかりで驚かされます

こんな優秀な人材がいっぱいいるのに、なぜにここのサーカ
スが潰れたのか、、、不思議でなりません

もっと子供たちが憧れる夢をここのサーカスに作らなければ
いけないよね

がんばろう
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-27 16:36 | REUNION
ラム練習の成果は?
6月26日

今日はラムのジムナスティックの教室の日

これがその建物の外観

d0088142_15535933.jpg


立派な建物でしょ
ラムはこんな贅沢な施設で練習してます

最近はココの外まで送迎のみなので
ラムがどんな練習しているかわからない

そこで

お迎えの時にちょっとケーキショップに寄り道し
いろいろ聞いてみることに

ケーキショップの店内は

d0088142_15571726.jpg


なんか、スターバックスにケーキショップとパン屋が
くっついたようなお店で

d0088142_15575658.jpg


こっちがパニーニなどを作っているカウンター

d0088142_15591355.jpg


好きなケーキを注文して気分も良くなってきたところで

「練習はどう?」と尋ねると

友達がすごいんだよーって話ばかりで
自分の話が出てこない

ちょっと心配になってきて

「自分が一番ってのはないの?」と尋ねると

恥ずかしそうに

「体が柔らかいだけかな、でも同じぐらい柔らかな子が
いてね、その子と仲良しだからその子が一番で良いの」

なんかヘンテコな答えだけど

まあ、仲良く楽しくやってるならそれでイイか




ジムナスティック教室での練習は見せて貰えなかった
ですが

毎朝、私とラムが一緒にやってる練習の写真を少しばかし
載せときますね

d0088142_15595598.jpg


d0088142_160257.jpg


d0088142_1605328.jpg


あっ!! 忘れてた

明日はジムナスティック教室のピクニックの日だ

そこでもう少し詳しい情報をゲットできるかも


PS: もうすぐ、横浜に居た時にラムのお世話してくれた
お姉ちゃん分レイラの誕生日。 遠い空の下からで
すが誕生日祝ってます
10歳のバースデーおめでとう
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-26 15:51 | REUNION
決断の時がきた
d0088142_1773592.jpg


今日も良い天気だ

そんな中、決断の時がきた

実は今回のお仕事、アフリカ地区のサーカスの活性化と
データー収集が目的の依頼。

訪問先の選定や滞在スケジュールは依頼主である協会が
全て決めるのだが、少しばかりプランに無理があり

一箇所に一ヶ月ぽっちの滞在では活性化どころか、何に
も成果を残せない

このままの状態で投げ出して次の地に移動したんでは
活性化を期待して受け入れてくれる人たちに申し訳が立
たない

そこで、なんどかプラン変更の申し出をしていたのだが
依頼主は実情を把握したうえで、それでもプランを強行
しデーター収集を優先して欲しいと言って来た

仕事としては依頼主の要望通りに動くのは当然のことな
のだが、それではここで知りあった人たちを裏切る事と
なる

ラムにとっても、この環境をこんな形で離れるのは辛い
だろう、、いずれ自分の歩んだ道を振り返った時に
この事実を知ったら嫌だろうな

そんな思いから、今回の依頼を放棄することに決めた

依頼ではなく、自分の意思でサーカスの活性化とデータ
ー収集を続けて行こうと思う

それを依頼主に伝えると

全ての支援は打ち切るが、協力と情報提供はしていく
データー収集の成果によって買い取りも考える

との返答

まあ、メリットを優先したリスクのない利口な決断です
私も逆の立場なら同じ選択をするだろう

問題は支援の打ち切り、、、完全に実費か、、、

自分で選んだ選択。なんとかするしかない

まずは滞在ビザの問題から解決していかないとね

今までにもこんな局面に立たされたことは何度もある
からどうにかなるさ

ラムにとっても、こんな時どうしていくのか見とくのは
良い経験になるだろう

ここは親としても頑張りどころ

ちょうど先日、娘の夢のために3つの仕事がんばってる
ママさんからの励ましのメールもらって、パワーを分け
て頂いたところ

私も負けてられない頑張ります

日本のスポーツウィップ協会のみんなに、この忙しい時
に何してんだ!!帰って来い と叱られそうだけど
こっちに来たからには、この仕事を投げ出せないの
わかって下さい

日本での皆のがんばり、ブログで見てとても嬉しく思っ
ています

帰国した時にイベントに参加するのが、今から楽しみで
なりません


PS:ラムにとって初めての海外移動生活、ラムがどうし
ても日本に帰りたいって言ったら、その時は迷わず帰る
と決めています。それだけは心に決めて旅に出ました
心配しないで下さい

d0088142_1710272.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-25 17:10 | REUNION
他国のおゆうぎ会
ラムの曲芸道具も届いたことだし、私とラムの時間が合う
時にボランティアで保育園や施設を回ろうと思っています

ラムにとっては、ボランティアで施設を訪問するのは初め
ての事

まずは、その前に下見をしようということで

近くの保育園のおゆうぎ会に行ってきました

d0088142_7291274.jpg


出番前で緊張する子供たち

d0088142_7294149.jpg


最初の演目は、演劇

なんか、こんなんで良いのかってぐらい自由勝手に子供た
ちが動き回り演劇どころではない

d0088142_7301984.jpg


観客の子供も始まって早々もう退屈そう

ラムの日本で通っていた保育園のおゆうぎ会を見せてあげた
いぐらいだ

と思って見ていると、演劇がいつの間にか終わり次の演目に

d0088142_7311649.jpg


次の演目はダンス 一気に会場のノリが変わった!!

す、すごい

さすが南国、そしてアフリカの血

腰の振り、リズム感、ステップ、その全てのレベルの高さに
驚かされました

d0088142_7315343.jpg


観客の視線はもう子供たちにクギ付け 拍手喝采です

d0088142_732272.jpg


それを見て、ちょっと自信喪失 不安を感じているラム、、、、


不安がらなくても、練習でやってる事をそのままいつも通り
にやれば良いさ!

大道芸もサーカスもボランティアも、ショーは全ていっしょ

いつの日か、更に大きなステージに立つ日が来るんだから
こんな事でめげないで頑張って

今日は他国のおゆうぎ会を楽しんで帰ろう
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-24 07:38 | REUNION
ポストオフィス まで荷物を受け取りに行ってきた
日本からの荷物が届いたという知らせが入りポストオフィス
まで荷物を受け取りに来た。

d0088142_16164513.jpg


なんかとてもやっかいで色んな窓口を回されていくんだけど
始めに行くのが、書類の受付窓口。
ここで税金などが決められて、支払いを命じられる。

見てると、荷物の発送の時に伝票に書かされる内容とその価
格から単純に計算してるようだ。

ちょっとまった!

以前、国内から海外に荷物送るときに、確か金額を問われて

「私物なので、金額なんてわからない」といったら

「これは紛失したときの保険のためだから、だいたいの品物の
相場額を書くと良いよ」と説明を受けたのに

違うじゃないか!

それを説明し、私物であることを納得してもらうのに苦労した。

「次回からは、発送時にプレゼントとか私物であることをちゃん
と箱の外に明記するように」と注意された

それと、私物でも購入後6ヶ月経過していない未開封品は購入物
とみなすらしいです

d0088142_16172017.jpg


どうにか荷物を受け取り帰宅。

総重量24kgで送料が約58,000YENもした、、、、

ラムの曲芸道具のイスだけなのに高くついたな。


中を開封してみると、実家の親が日本の麦茶パックを入れてくれ
てあった。 ありがとう

さっそく作って飲んだよ

d0088142_16175248.jpg


d0088142_16183030.jpg


うまい!!

日本でいつも飲んでた麦茶なのに、すごくおいしく感じたよ

これからしばらくの間、ラムのトレーニングの時は水筒で麦茶を
持たせることにするよ


そう言えば、今日からラムは一人で練習に行ってるんだ

全く日本語が通じないフランス語だけの環境で、他の生徒と共に
指導を受けている

心配で、迎えに行く時間を待っているこっちがソワソワしてしまう
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-23 16:19 | REUNION
彼らは超一流のワキ
私が悪戦苦闘しているのを知ってか知らぬか、久しぶりに
アメリカにいたときの仲間から応援メールが来た

地球の反対側に居るっていうのに、広いようで狭い世界だ


彼らは、ちょっと変わったヤツラで

二人でジャグリングを行うコンビジャグラーなんだけど
大道芸以外では決してメインに立たない

「メインに立たない!?」 

って驚く人も居ると思いますが

サーカスでは、ダンサー同様に曲芸がオープニングの賑わい
を演じたり、つなぎを担当することは珍しくない

日本で言うところの「脇(わき)」って役柄だ

脇役(わきやく)と言うと、日本では二流、三流と考える人が
いますがそうではない

彼らは超一流のワキ

まだ私が若かりし頃、アメリカのサーカスに参加した時
当時の日本とのレベルの違いを見せ付けられ
そこで通用するだけの長けた一芸を持たない自分に
自信喪失していたとき

サーカスは、一芸で長けた者のみが必要とされる場では無い
ということを教えてくれたのが彼らでした

出演者は本番前にリハーサルという本番さながらの練習を
するのですが

そこで、彼らの登場する演目が(彼ら無しの)メインキャストだけで
リハーサルしているのをたまたま目に驚いた

 彼らが居るのと居ないのでは
   その場面の雰囲気が全く違うのだ

彼らが居ないステージは
本番での華やかだった輝きを失い、まるで素人の一芸披露と
言わんばかりだった

サーカスでは、ステージの温度って言葉を使うのですが
彼らが居るだけで温かさが違う

演出家もその実力を理解していて新人や不安のある場面では
彼らをワキにつける

まさにプロとして生きていく超一流のワキ

そんな彼らを私は目にし
自分のサーカスでの生き方を見つけた


彼らからのメールは、私への応援と共に悲しい知らせを
運んできた

そんな彼らがステージを降りる決意をしたという実に
悲しい知らせのだった、、、

いろいろ悩んだ末の決断だと思うが
ジャグラーの寿命は長いのに、、、、残念でなりません

もう一度、同じステージに立ちたかった、、、、

ステージを降りても、どこかの空の下でたくさんの笑顔を
作っている彼らに会える日があることを心から願ってます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-22 01:13 | REUNION
教会にやってきた
d0088142_13485419.jpg


教会にやってきた

そう言えばラムにとって、ちゃんとした教会に来るのは
初めてかもしれない

「あそこで手を合わせてお祈りするんだよ」と教えてあ
げると

皆とは逆の客席に向かって手を合わせた、、、

職業病だぁー(笑)

d0088142_13493061.jpg


「何を祈ったの?」と尋ねると

「早く逆立ちちゃんと出来るようにと、お金がいっぱい
欲しいと、マックに行きたいと、おもちゃ欲しい、、」

と欲に満ちた内容を語りだした

d0088142_13501322.jpg


まぁ、子供ってこんなもんよ
日本へ帰りたいとかって言葉が出なくて一先ず安心した


教会を出たとたん、突然の通り雨

5分ぐらいで雨も止み帰路につくと、ちょうどつり橋に
通りかかったところで綺麗な虹が

d0088142_13504560.jpg


d0088142_13511747.jpg


ラムの後ろに虹がかかってるのが見えますか?

日本ではなかなかお目にかかれない
古くて味のある綺麗なつり橋ですね

d0088142_13515548.jpg


橋から下を眺めると

d0088142_13523974.jpg


こんな感じでした

気分転換もできたし明日からまた頑張るぞ

d0088142_1353744.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-21 13:53 | REUNION
親子二人での旅となると楽しさが二倍の反面
d0088142_16473399.jpg


今日、ラムに

「ディオさん最近、笑わないね」 って言われた。

そう言えば、こっちに来てから笑うことが少なくなった
かもしれない

自分では、まだまだ平気なつもりなんだけど
精神的にゆとりが無くなってきてるのかな


子供って、あんがいそんなことには敏感なのかも


勝手気ままな一人旅とは違い、親子二人での旅となると
楽しさが二倍の反面、苦労も多い

娘にとって最高の環境を最優先にと考えるのは親として
当然なのかもしれないが、、、、

それだけじゃ、やってられない気持ちになることもある
んだよね

d0088142_16481080.jpg


そう言えば「子供の幸せが親の幸せ」と言う言葉を逆に

「親の幸せあっての子供の幸せ」と言ったヤツが居たが

それも、あながち間違っていないのでは、、

と言う気持ちになる

d0088142_16484211.jpg


どうにかラムにとって最高の環境は整ったのだが

自分の方がなかなかうまく行ってない

d0088142_16491467.jpg


最初から前途多難な道のりなのはわかっていたこと、、、

待ってても何一つ変わらない

泣きごと言わずに頑張るしかないか


d0088142_16505123.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-20 16:51 | REUNION
緑の砂の海岸
私の故郷、石川県には「琴ヶ浜(ことがはま)」と言う
踏むと「キュッ」と音が鳴る泣き砂の浜がある。

これも不思議なことなのだが、ここレユニオンには

緑の砂の海岸 がある。

d0088142_15184748.jpg


天気が良いともっとグリーンなんだそうだが、ちょっとこの写
真じゃわかりずらいかな。

d0088142_15191727.jpg


こうやって、手に取ると黒い砂と緑の砂があるのがわかっても
らえるだろう。

d0088142_15194832.jpg


ここは火山が噴火するたびに、溶岩が海に流れ込むルートにな
っており、海に流れ込んだ溶岩が海で研磨され黒い砂と緑の砂
を作り出しているのだそうです。

d0088142_15201849.jpg


これが陸地の溶岩の流れた跡地です。


さて、話は変わって

日本から送ってもらった荷物がまだ届きません、、、

国際小包にはEMS航空便、航空便、SAL便、船便の4種類あり
中でも一番早くて信用できるEMS航空便を利用したのですがま
だ届いていません。

2週間と少したつかな、、、

曲芸道具なだけに紛失だけは避けたいのだが。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2009-06-19 15:20 | REUNION