<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ローザンヌ行きの列車
<< これは出張に行く時に書いた日記です >>

本日から出張です。独り朝5:00に起き駅に向かいます

d0088142_8114162.jpg


どうにか間に合いローザンヌ行きの列車に乗り込みました

d0088142_812478.jpg


そして、お決まりの雨、、、、

私が何かある時必ずと言って良いほど
雨がお見送りやお迎えしてくれます

何も無いよりは良いか!!

さて、ここバーゼルからローザンヌまでは列車で片道
約2時間の旅

あっ、そうそう

スイスでは、バス、トラム、メトロ、電車に改札はありません

ただ窓口に行って切符を買って乗り込むだけ

列車だけが社内で車掌による切符の確認があるけど

それ以外はほとんどチェック無しです

たまーにトラムとかでも車掌の切符検査があるけど
そんなのはごく稀な話
毎日トラムに乗ってても、半年に一度そんな場に出会うか
どうかって感じですね

もし、その時にキセル乗車がバレルと80frの罰金だそうです

d0088142_8122936.jpg


ローザンヌの駅に到着しました

d0088142_8124888.jpg


なんか悲しい駅だなぁ

目的地に向かいどんどん坂道を上り、後ろを振り返るといくと

d0088142_813655.jpg


レマン湖です

d0088142_8132493.jpg


絶景じゃないですか!!

d0088142_8134195.jpg


さて目的地に到着です
今日からしばらくの間この地でお世話になります

d0088142_814667.jpg


新しい土地でのスタートって
新しい人々や色んな事との出会い、そして少しずつ街が見えて
いく感覚、そんなワクワク感と心地良いプレッシャーが
自分のテンションを高めてくれて良いですね

このテンションを維持してがんばろう!!
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-27 08:10 | Switzerland
バックマネージャーに任命されました

さて、更に皮肉にも

ラムが出場を目的に頑張っていたサーカスの大会から

次は私に案内が届き、私がこの大会の出場者を影で支える
バックマネージャーに任命されました

とても嬉しい事なのですが

ラムが出場審査に落ちているだけに素直に喜べない微妙な
気持ちです

d0088142_305792.jpg

YOUNG STAGE
INTERNATIONAL CIRCUS FESTIVAL BASEL
25-28 May 2010, BASEL - SWITZERLAND
http://young-stage.com/

この大会の運営メンバーとなったので、わからない事や質問等が
ありましたらご連絡ください
私もドイツ語とスイス語はわかりませんが、できるだけ頑張って
お答えしたいと思っています


それとですね
今週から1ヶ月間、出張で単身フランス側に行ってきます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-19 12:16 | Switzerland
大道芸人とスイス料理
またまた本日も、水平器を持って大道芸する場所の下見に
街へ出かけました

d0088142_18122611.jpg


駅を降りると、イベントの準備で広場が賑わってます

d0088142_18124155.jpg


ドイツ語がわからないので何が書いてあるのかわかりま
せんが

d0088142_18125437.jpg


なにやらメインはこの特大スイス料理らしい

良く見ると見覚えあるギネスのマーク

d0088142_1813883.jpg


ギネス認定証を見ると、この特大料理が認定されている
みたいです

d0088142_18132335.jpg


ラムと共に列についてスイス料理をいただくことに

d0088142_1813373.jpg


食べてみましたが、、、
サクサク感が無くなるほど水にしたした甘くないコーン
フロストのかたまりような

何とも表現しづらい、おいしいとは言い難い味でした

d0088142_18135670.jpg


イベントだから味よりも雰囲気だよね

d0088142_1814921.jpg


ワインを飲みながら、スイス料理とチーズを食べて

d0088142_18142522.jpg


スイスの音楽を聞いて雰囲気に浸る

これがこのイベントの楽しみ方なのかなぁーなんて
勝手に考えながら会場を後にしました

さて本来の目的、大道芸の場所の下見に向かいます

今日は天候も良い事からいつも以上に大道芸人がいます
新顔も多い

d0088142_18144323.jpg


彼もその一人、ワンマンバンドといって一人で数種の
楽器を演奏するパフォーマンスなのですが
メインがバグパイプなのがここヨーロッパらしいですね

d0088142_1815061.jpg


街を歩くと、色んな所から音楽が流れてきます

d0088142_18151582.jpg


それが自然な光景になっているところが良いですよね

d0088142_18153318.jpg


ディアボロのような、ヨーヨーを操る男の子のパフォー
マーに出会いました

d0088142_18154851.jpg


あまり人は集まってませんでしたが、それを気にすること
なく

d0088142_1816527.jpg


これでもか!! これでもか!! と黙々と技を繰り出していく
その姿がとても初々しい

若いうちはそれでいい

ラムにも、このハングリーな姿勢を見習ってほしい

さて道をさらに進み、常連パフォーマーにご挨拶に向かうと

d0088142_18162167.jpg


珍しいゲストが

d0088142_18164513.jpg


イタリアのジャグラー
アントニオ・ブッチ(Antonio Bucci)です

彼は来日経験もある有名なボールバウンスのジャグラーで
かつてはこの技で世界記録を持っていた方です

d0088142_1817525.jpg


三人そろっての記念写真

ドイツからベルンに帰る途中にバーゼルに立ち寄ったらしく
久しぶりに新顔の日本人のパフォーマーに出会ったと
喜んでました

パフォーマー同士の青空の下での再会と別れって
久しぶりに会う家族との再会のような温かく心地良い空気を
持ってます

お互の近況を話し合い、情報交換をしてこの場を立ち去り
目的地のマーケットプレイスに向かいます

d0088142_1817242.jpg


まだ少し肌寒さの残る青空なのですが、アイスクリーム屋が
いっぱい出てました

d0088142_18174042.jpg


こんなのも、ここにはまだ走ってるんですよ
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-18 18:18 | Switzerland
Baselの大御所 大道芸人
本日の仕事を終え、再びラムと共に大道芸場所の下見の為
バーゼルのメインストリートにやってきました

d0088142_18324476.jpg


暖かくなってきたせいか、いろんな大道芸人が出てくるよ
うになってきました

d0088142_18325774.jpg


これはなんと言う楽器だろう!?  子供が頑張って演奏す
る姿は見ている人たちを「私も頑張ろう」って気持ちに
させてくれるから不思議です

d0088142_18331853.jpg


歩いてると、なんか日本の曲が流れてくる

日本人の胡弓弾きの大道芸人に遭遇

d0088142_18333484.jpg


話しかけたかったんけど、演奏始めたてだったので声を
かけれませんでした

次回また会えたら声を掛けてみたいと思います

d0088142_18335197.jpg


次に向かったのは、ここの大御所たちのところ

d0088142_1834558.jpg


ちょうど準備を始めたところでした
この方は木琴の演奏なのですが、この状態から演奏終了
までに道幅が埋まるぐらいの人垣を作りだします
横浜の大道芸で例えるならば川原あきらさんのような方
ベテランならではの卒の無い構成

d0088142_18342422.jpg


演奏開始から5分でこの状態です

d0088142_18344240.jpg


演奏終了時には人垣がこの3倍、いや4倍になります

そして、すこし移動したところにもう一人の大御所がい
ました

d0088142_183535.jpg


金色のスタチューおじさん

d0088142_18352917.jpg


彼もここの大御所、小ネタの数々と記念撮影で地味に
ですがそうとう稼いでます

d0088142_1835483.jpg


ラムも何度も顔を合わせることから顔なじみとなって
いるのですが、まだその素顔は知りません

d0088142_183643.jpg


お金を入れると色んな小ネタを見せてくれたり記念写真
に一緒に写ってくれます

d0088142_18361968.jpg


さてラムのストリートパフォーマンスなのですが
ここは石畳で斜面が多く水平がとれないから日本から
送ってもらった水平な台が到着するまでは無理みたい
です

到着する頃にはビザの申請もちゃんと終了してるから
その方が都合も良いのですが

少しでも早く大道芸始めたいラムは、他の人の大道芸を
見てイライラしてます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-14 18:36 | Switzerland
近くの動物園 Basel Zoo に行って来ました
d0088142_2217067.jpg


本日、近くの動物園 Basel Zoo に行って来ました

毎日ラムと共にロードワークでこの動物園の外周を
走っているのですが、中に入るのは初めて

いつも気になっていた動物の鳴き声が何なのか解明
できるとあってラムもとても楽しみにしていました

d0088142_22172484.jpg


まず入ってすぐ出会ったのがペンギン

d0088142_22173965.jpg


これは野毛山動物園にも居たから、そんなにも感動は
なかったのですが

d0088142_22175911.jpg


すごいのが、次に待ち構えてました

d0088142_22181731.jpg


サイです!! アフリカでも出会えなかったサイに
スイスで出会いました

d0088142_22183485.jpg


次に ロン髪の牛

そして、日本の牛の色したヤギ!?

d0088142_22185091.jpg


ラムも、これ見てめちゃウケテました

d0088142_2219996.jpg


そしてシマウマ

あっ!! こいつはマダガスカルで会うはずだった奴

d0088142_22192474.jpg


こんなとこで出会うなんて、、、なんか変な感じです

d0088142_22194594.jpg


それにしても広い、、、横浜のズーラシア程ではないが
一つ一つのスペースが大きい

ちょうど休憩スペースがあったので、ここで食事を
とることにしました

今回はラムの変なリクエストにより弁当の中身は

d0088142_2220436.jpg


特大みたらし団子

この中にアンコも入ってます

d0088142_22202539.jpg


そうそう、このコーラゼロ

d0088142_22205386.jpg


ここでは日本円で1つ500円もします

そして、一緒に買ったカキ氷は400円ぐらいだったかな

d0088142_22212153.jpg


このカキ氷のシロップなんか身体に良くなさそう

d0088142_22214111.jpg


さて、カメラマンはラムにチェンジして
残りのルートを回りますか

おっ!! キリン発見

キリンの前でキリンと一緒に写してもらった写真がこれ

d0088142_2222183.jpg


キリン、、、写ってないし

d0088142_22222776.jpg


カバ の尻しか写ってないし、、、

フラミンゴ!!

d0088142_22225199.jpg


ピンクで綺麗なのいたのに
白いのばかりしか写ってない、、、

d0088142_22231721.jpg


これ!? ライオンと記念写真とってもらったら
ライオンも私も顔が写ってない、、、

だめだめカメラマンなので、交代です!!

進路をさらに進み熊エリアへ

d0088142_22234376.jpg


ピンクづくしのラムに小熊が反応してます
一目ぼれか??

d0088142_2224577.jpg


檻の中でラムに向かって激しくアピールしてる

他のお客さんも、それを見て笑ってました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-13 22:24 | Switzerland
久しぶりに練習してみたら
基本練習やラムの練習つきあって軽い練習メニューばかりやってたので
久しぶりに若い頃やってた難易度の高いアクロバットやムチの練習メニュ
ーをやってみた

もう、若くないね、、、、
身体の衰えってのを痛感する

昔、出来てた事ができない、、、、、

ふがいない自分

テンションも下がり、できる事がすべてのこの職種で
この先さらに歳とっていった時に自分に残るのは何なのかな??
なんて真剣に考えさせられる

でも、

ツライい事はイヤ!! って、楽ばかり選んで空っぽの自分にすら気づかなく
見た目や、若さゆえって事にしがみついて流されて生きてきたヤツよりは
少しましか

なーんて自分をなぐさめテンションを上げて再び挑戦


やっぱり、ツライ

テンションが再び下がってくると、自分の生きてきた道も堅実に生きる人
からみればさほどそれと変わりなく見えるか、、、
なんてネガティブに考えてしまう


そんなこと考えながら練習してると

パシュッ!!

相棒であるムチから痛恨の一撃を食らってしまいました

d0088142_1759266.jpg


改めてムチの持つ威力のすごさってのを実感させられます
ムチ先が少しだけ手をかすっただけなのに、この水ぶくれ

d0088142_1841479.jpg


スポーツウィップ用のムチなら安全なので絶対にこんなには
ならないんですが

パフォーマンス用となると威力も違います

長年の相棒であるムチから「中途半端な気持ちで迷いをもって振ってん
じゃねーよ」ってツライ一言を浴びせられた思いです
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-12 18:30 | Switzerland
イースターってそもそも何!?
先週、イースターってそもそも何!? って話してたら友人宅で
「イースターやるからおいでよ」と誘われ行ってきました

どんな事をするのか? は知っているのですが

何が起源なのか? ということが解らなくて尋ねてみた
のですが

それが伝わらなかったみたい、、、

海外に居ると言葉の壁がいろんなところで邪魔をして
きます

ラムにとっては初のイースターエッグ探しだから良いか!!

d0088142_17171679.jpg


ルールと説明を聞いて、とりあえず一度ルカ君のイースター
エッグ探しを見てみることに

d0088142_17173330.jpg


ルカ君がイースターエッグを探しを始めました

d0088142_17175810.jpg


次々とイースターエッグやプレゼントを探し出すルカ君

d0088142_17204410.jpg


見事最後のプレゼントを探し出し

d0088142_1721275.jpg


次はラムの番です

d0088142_17212493.jpg


なかなか見つけられないラムに見かねてルカ君も手伝って
くれました

d0088142_172140100.jpg


どうにか1つ目を発見できたみたいです

d0088142_17222040.jpg


ようやくコツがつかめたらしく次々と見つけていきます

d0088142_17223855.jpg


無事にイースターエッグ探しは終了

d0088142_17225442.jpg


いっぱいのチョコレートとタマゴ、そしてプレゼントを
手に記念写真

d0088142_17265693.jpg


ラムはこの綺麗に色づけされたイースターエッグの中が
気になっている様子

早速、部屋に戻って割ってみました

中は、外の色少しだけ染み込んだ普通のゆで卵でした

d0088142_17263025.jpg


無事イースターイベント終了です


しかし、なぜイースターってタマゴを塗って探すんだろう??
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-11 17:27 | Switzerland
街中観光と下見
日本では入学式なんですね

入学する皆さん、おめでとうございます

日本に居ればラムも小学校への入学式なのですが
ここでは8月からとなりそうです

それに向け一日1時間のドイツ語の指導を受け始めました
生活環境がドイツ語なので覚えてくれるのも早いと思います

がんばれ!! ラム


本日、観光も兼ね大道芸場所の下見に出かけました

d0088142_1658214.jpg


「日記で見たよりすごいね」と、ラムも実際の迫力に
息を飲んで教会を見上げています

d0088142_16584148.jpg


この教会をグルリと回りこむと

d0088142_1659057.jpg


このカラクリ噴水広場があります

d0088142_16592226.jpg


ここは最高の大道芸ポイントなのですが、いちばん
取締りが多い場所なのでガッツリとお客さんを集める
ショータイプのパフォーマーには難しいとのこと

d0088142_16593984.jpg


次に目をつけているのは、このマックのある駅から
四方に広がるストリート

d0088142_17015.jpg


ここは人通りが多く大道芸人も多いのですが道幅が狭い、、、

d0088142_1701982.jpg


ほとんどの大道芸人がミュージシャンで
流し程度に演奏している人ばかりかな

d0088142_1723397.jpg


この日も前回知り合った友人が、ここで大道芸を
行ってました

次に向かうのは、マーケットプレイス広場

d0088142_1725850.jpg


ここは私が前回、大道芸を一番多く行っていた場所

d0088142_1732015.jpg


今日は市場が開かれていました

d0088142_1734026.jpg


ここが空いてるときは、ここでやるのが私たちにとって
一番良さそうです

次に向かった場所は、川沿いの橋の袂

d0088142_17517.jpg


ここはどこからも見通しが良いうえに
きれいとは言えませんがトイレがすぐ横にある

ちょうど50人ぐらいの規模で人を集められる
スペースがあります

d0088142_1752687.jpg


きれいさを優先するなら、橋を渡って反対側のここ

d0088142_1755141.jpg


トイレはないですが同じぐらいのスペースとベンチがあります

d0088142_176753.jpg


人通りは減りますが、その場所から下に降りた川沿いにも
スペースがあり、ここでも可能

あとは隣の駅のイベント会場前ぐらいかなー

d0088142_1763044.jpg


でも、ここはイベントしてないときは人いなくて、、、

この日も大きなチェスを楽しんでる人ぐらいしか
いませんでした

d0088142_1765313.jpg


いっぱい歩いて疲れたらしくラムは眠ってしまいました

現在申請しているビザがちゃんと通らないと大道芸
始めるわけにもいかないし、まぁ、あわてず焦らず

今日の下見ははこのへんにしましてトラムで帰ります

d0088142_1771312.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-08 17:08 | Switzerland
初イースター
こちらはイースターということで、荷物整理は中断し友人
宅で一緒にイースターエッグを作ることになりました

d0088142_15164328.jpg


トラムの切符を購入しいざ出発

d0088142_15165631.jpg


ラムにとっては初体験のイースター

d0088142_1517990.jpg


いろいろ質問されるんだけど、いま一つ私も良くわかってなくて

ちゃんとした答えを返せません

d0088142_15172237.jpg


今度クレイパッチに会った時に詳しく聞くことにします

d0088142_15173661.jpg


イースターでカバンに入りきらないぐらいたくさんの
お菓子をもらってしまった

これ食べきるのに何日かかるんだろう、、、

ラムは初イースターとっても嬉しそうでした
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-05 15:17 | Switzerland
ムチに伝わってからの動きをコントロールする
先日日記で書いたメールの差出人から丁寧なお詫びの
メールが届いたので、質問について返事をメールしま
した

それについての補足として、こちらにも少し書きますね

今回の質問の内容は軌道に関するものでした

その中に、

『ムチに伝わってからの動きをコントロールする事
ってのは可能か?』

という問いがありました


私見で書かせてもらいますね

ムチは振り出すフォームの軌道でムチは先端へと流れ
ていくのですが、先端に行き着くまでにいろんなこと
に影響され、なかなか思い通りに軌道の延長線上には
進んでくれません

そこが、またスポーツウィップの醍醐味でもあり
ムチの難しいところでもあるんですよね

以前、テレビの実験で機械でムチを振る仕組みを作り
いろんな計測を行ったことがあります

その時も、風や環境、ムチの構造や素材、回転によって
しだいに貯まっていく力のエネルギー量などで同じ
ポイントに同じ力で確実に振るという事は機械の力を
もってしても難しかったです

その時にどちらの方が正確に的を狙えるかという実験
をしたのですが、機械にとって都合の良い条件に合わせ
ない限り、人の方がトータル的に優れている結果を出せ
ました

機械にとって都合の良い条件とは、他の何にも影響を受
けない状況下

言い換えるならば

状況を瞬時に把握し微調整しなくても良い条件の時

そういった条件下で機械は正確です。私は完敗してしま
いました

話を質問に戻しますが

『ムチに伝わってからの動きをコントロールする事
ってのは可能か?』

私の中では、フォームで大まかな方向と流れと力を作り
それがムチに伝わってから照準に向けての微調整を行っ
ている感じです

ハンドルをひねる事により流れる輪の向きを変えたり
先端に向かって輪が流れていくムチを引くことで的と
の距離を調整したり、手を上げ下げすることで高さを
微調整しています

その微調整には、ムチの持った個々のクセに合わせた
ものや、風などによって受ける影響などもあります

ターゲット(シューティング)のムチのフォームで
サイドアームというのがあるのですが



海外では頭上を横に振り出すフォームが主に使われて
いるのですが、これだとムチ先が重力に負けて実際の
軌道より下がってしまうため繊細なコントロールがで
きないので

私は体を軸とした下からムチ先が照準に向かっていく
フォームにしました

このフォームだと手先でのコントロールが更に良効く
為、的を絡め取ることなんかも可能になります

横浜で指導していた時の、そのフォームをわかりやす
く編集した動画があるのでここに張りますね



これが入り口となってスポーツウィップに興味を持っ
ていただけると嬉しいです
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-04-04 23:27 | その他