<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧
彼女を突然襲ったアクシデント YOUNG STAGE 2010番外編
YOUNG STAGE 2010でみごとシルバーの栄冠に輝いた
Avital Giles



d0088142_20464047.jpg


ステージ裏には彼女を見つめる1才の娘と、彼女の
ストラップをコントロールする旦那 Jochen の姿が
あった

d0088142_20465654.jpg


実はイベント二日目の夜、疲れがたたって突然の
アクシデントが彼女を襲いました



彼女の左目が腫れあがり彼女の視界を奪ったのです

翌日の早朝、異変に気づいた彼女はスタッフに異変を
報告し家族と共に病院に向かいました

診察の結果、疲れで免疫力が低下しているところに
目に細菌が入ったのが原因で充血と腫れを引き起こ
したのだと診断された。大事には至らないが処方した
薬を飲んでしばらく様子をみましょうと言われ病院を
あとにした

普段ならばそれで休養をとれば良いのだろうが、今は
コンテスト真っ最中、出場者の都合でコンテストは待
ってくれない

d0088142_20473655.jpg


家族が心配で見守る中、彼女は二つの選択肢に迫られ
ていました

これからの生活の事を考えてここで棄権するのも
一つの選択肢、誰もそれをとがめる者なんていない

その一方、パフォーマーとしてのプライドを貫いて
このまま片方の視界を奪われたハンデを背負って
コンテストを続行するのも選択肢

迫るステージ開幕を前に彼女は悩んでいました

そこに、彼女の異変を聞いて駆けつけた旦那の両親が
会場に到着

それはとても心強い応援団の到着でもあるが、同時に
彼女の判断に大きなプレッシャーを与える要因になっ
ていた


開幕の2時間前

d0088142_20475972.jpg


彼女は続行を決断


彼女は何も語らなかったが

娘を親に預けて身内を遠ざけるようにステージ裏で
孤独にストレッチに励む姿から、彼女の心の中での
大きな葛藤が窺えた


そんな中、非情にもコンテスト最終日の幕が開かれた

d0088142_20481761.jpg


プレッシャーに負けミスを連発する出場者や、最高の
出来で拍手喝采を受ける出場者、コンテストが
どんどん進む中、それらには目もくれずソファーで
目を閉じ出番を待つ Avital Giles

そして、むかえる出番を前に、私の居るステージ袖に
彼女は姿を現した

d0088142_20483578.jpg


出番を待つ彼女の後ろ姿に、いつもには無い力強さと
母親の温かさを感じ取ったのは私だけででしょうか
これがその時の写真です

彼女を包み込む温かく力強い雰囲気は、彼女の抱える
視界を閉ざされた不安を取り払うかのごとく
失敗なんて有り得ないといった静かで大らかな空間を
作り出していました

d0088142_20485036.jpg


ステージの向こう側の観客は、そんな事を知るはずも
ありません

しかし

d0088142_20491482.jpg


彼女の作り出した空間に飲み込まれ、他に無く静かに
彼女の渾身の力を振り絞って演じられるパフォーマンス
に魅了されていました

d0088142_20492968.jpg


他の出場者も輝いていましたが、それとは違った
異色の輝きが彼女の演技から感じます

d0088142_20494547.jpg


そしてパフォーマンスが終わり、ゆっくりとステージに
降りてくる瞬間

誰からとも無く拍手が始まり、客席全員が立ち上がり
テントがその拍手で揺れました

そんな中、彼女は静かにステージを後に娘の待つ控え室
へと帰って行きました

彼女の手にした栄冠はシルバーでしたが、その輝きは
ゴールドにも勝る輝きだと私は思いました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-30 20:43 | お仕事
2010年度のYOUNG STAGE コンテスト結果
d0088142_1113252.jpg


昨日、2010年度のYOUNG STAGE コンテストが終了しました
意外な展開で幕を閉じたわけですが

その結果は後に報告することにしまして


会場で久しい友人に出会いました


その相手とは あのdimitriファミリーのMASHA DIMITRI

d0088142_193669.jpg


http://www.dimitri-leclerc.ch/index.htm

知らない人のために簡単に説明すると

ディミイトリファミリーとは、
サーカス界で世界一有名なクラウン&綱渡り一家

中でもマーシャはクラウンとしての表現力とその人柄の
良さから多くの人から愛され、これまでに名だたるサー
カスで出演ならびに演出もこなしてきた人

今回は審査員としてこの大会に招かれたみたいです

私とマーシャは綱渡りをすることから度々大きな
イベントで顔を合わせてきました

始めはお互いパフォーマーとして
次に会ったのはサーカスの指導者として
その次に会ったのはイベントのゲストとしてと
歳月を重ねるごとに立場や出会う状況が少しずつ
変わってきて

そして、今回はスタッフと審査員として再会を果たした
わけです

「お互いに歳をとったねー」から始まった会話

驚くのは、お互いにまだ現役としてパフォーマーで
あること(笑)

共通の友人であった故マルセル・マルソー氏は
生涯現役を貫いて他界したわけだが、私たちも
そうなるのかねー

なんて話しで盛り上がりその場を去りました

マーシャが現役で頑張ってるんだから
私も頑張らないとね

なんかとっても元気を与えられ気がしました
マーシャに感謝です


d0088142_1135339.jpg


さて、YOUNG STAGE コンテスト最終日の話

リハーサルが始まってから今日まで
ほぼ一週間が経過
出場者たちにもかなりの疲れが見えます

d0088142_1145654.jpg


この大会の出場条件が27才までと制限されているのですが
27才といえばもう十分にベテランそれ相応の場数を踏んで
きてます

それと肩を並べて戦う10代にとって、他にない幸せな環境
ではあるのですが、取れと同時にハンデ無しで彼らと戦う
不利な状況でもあります

d0088142_11886.jpg


開催期間が長くなればなるほど、キャリアのあるベテラン組み
の方に有利な展開に進みます

d0088142_1223932.jpg


なぜかといいますと、ベテラン組みは長期戦に向けたスタミナ
のコントロールを知っていたり、精神面での制御が可能であっ
たり、人間関係の程よい距離感なんてものを知ってるからです

開催期間が長かったりすると、これがすごく重要で

d0088142_1265018.jpg


ベテラン組みはこれらをうまく調整しながら、時には相手に
トラップをしかけたりなんかしてきます

ステージ裏で観察していると、そんな駆け引きなんかも
見えてきて面白い

d0088142_1284868.jpg


あいにく今回は、相手に嫌がらせや潰しにいくような
癖のあるパフォーマーはいませんでしたが

スタミナ切れと人間関係のお付き合いに疲れている若者を
横目で見ながらマイペースでトレーニングに励む
ベテラン組はさすがだなぁーと思いました

d0088142_1294293.jpg


そして今回、少しかわいそうに思えたのが
エアリアルやアクロバット組み

本番のためにステージに道具がセットされているので
それを移動し練習することも出来ず、それでいてステージ
で練習できる回数も限られちゃってます

十分な練習環境が得れないのは、かなりこたえます、、、

d0088142_1355148.jpg



そんな環境の中、むかえたコンテスト最終日の本番!!

明暗がはっきりと分かれた結果がこれです


見事、GOLD の栄冠を勝ち取ったのは
カナダの Duo Reflex


そして、惜しくも SILVER の栄冠を得たのは
イスラエルの Avital



そしてBRONZE の栄冠を得たのはスイスの Maxime
彼はこの他にも多くの特別賞を受賞しました



この他多くの参加者が特別賞を受賞しました

d0088142_138683.jpg


惜しくも賞から漏れた参加者も中には居ましたが
この結果以上に大きなものを頑張った全員が得た
はず

今回は審査員の好みによって、このような結果と
なりましたが
本来ショーの良し悪しを判断するのは
専門家の目ではなく
客席から熱いエールを与えてくれた観客

客席で見ていた観客それぞれに違った評価を
持っていると思います。
それらが参加者のサポーターとなって、これからの
彼らを大きく成長させてくれることでしょう

d0088142_1385030.jpg


次に彼らに会った時に、その成長を見るのが
いまから楽しみでなりません

参加者、関係者の皆様おつかれさまでした
そして来場してくれたお客様に感謝しています
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-29 23:08 | サーカス
エアリアル(aerial)と呼ばれる空中演技者たちのグループでの話し
d0088142_23321830.jpg


コンテストをステージ横で見ていると

まだまだこれから先のある彼らがすでにこんなにも
ハイレベルのパフォーマンスを身につけていることが
とっても羨ましく思えてならない

d0088142_23325338.jpg


それと共に

「自分もまだまだ経験とキャリアを武器に
新しいものに挑んで頑張っていけるのでは!!」

といった不思議な気持ちにさせられる


でも、それをいざ実行に移すとなると
その為には彼ら以上の練習量と故障との戦いが待ってるん
だよね、、、

そのモチベーションを維持し続ける自信が無い

これも経験とキャリアゆえに身についた諦めか
それとも年齢ゆえに生まれる思考なのか

一歩が踏み出せないそんな自分に嫌気がさしてくる
せっかく彼らから良いパワーをもらっているのに情けない



さて大会の話に戻ります

同じ舞台に立つもの同士、舞台裏では色んな人間関係
グループができてきます

d0088142_23332632.jpg


今回はエアリアル(aerial)と呼ばれる空中演技者たちの
グループでの話し

繊細かつ色んな表現ができる柔軟な身体、自身を空中で
支えるだけの筋肉、ショーセンスとキャラクター
それらのバランスで成り立っているこの種目

ベテランの大会だと出場するパフォーマーのほとんどが
大体の技は会得しつくしているレベルなので、技術差に
大差はなく、ショーの構成や技のきれ、表現力とショー
センス、そしてその人柄(キャラクター)で戦うこととなる
極端な話つまりはパフォーマーからしてみると、大きな
失敗がない以上、自分の用意した演目と審査員の好みとの
相性によって評価に差が出るような感じなのですが

d0088142_23335421.jpg


今回は若手の大会、完全体ではない柔軟性と適応能力を
持った彼らなりの戦いが繰り広げられていました

それぞれに国も違うし師も違うので会得しているテクニック
もそれぞれに違う

この演目の基礎となっている、柔軟かつ演技に必要となる
筋肉をちゃんと持っている者は、まだ体得してないテクニ
ックを見ても、それらを共に練習することですぐに自分の
ものへと身につけていきます

それをタフでポジティブな思考でもって、どんどん自分の
演目に加えていくから

その技をコピーされた者や、共に練習しててもその技術に
ついていけない者にとってはたまったもんじゃない

しかもここはコンテストの場、プライドもあってそれを
「辞めてくれ」なんて情けないことも言えない

そんな舞台裏でのやり取りを審査員は知るはずも無い
当然ながら審査では

同じものをより綺麗にバリエーション豊かに
表現する者に得点を入れる

無情ですが、、、それがコンテスト

d0088142_23342665.jpg


そんな戦いが舞台裏で行われていました


この世界、タフでポジティブで柔軟な精神を持った
ヤツが生き抜いていくんだけど

臆病だったり、時々失敗なんかあっても
そんな自分と戦いながら逃げずに頑張っているヤツを
たとえ結果が出せなかったとしても応援してあげたい
ですね

d0088142_23345380.jpg




--------------

d0088142_9192462.jpg


YOUNG STAGE
INTERNATIONAL CIRCUS FESTIVAL BASELL
5月25,26,27,28日

公式サイトはコチラ
http://www.young-stage.com/

チケット購入はコチラ
http://www.daszelt.ch/de/programm/pdetail.php?show=121

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-27 03:31 | お仕事
本日のPM8:00よりYOUNG STAGE 始まります
さていよいよ

d0088142_0282534.jpg


スタッフ全員にもスタッフTシャツが配られ
本日のPM8:00よりYOUNG STAGE 始まります

d0088142_0284349.jpg


泣いても笑っても、この中でトップに
立てるのはたった一人

d0088142_0285666.jpg


それぞれがここに至るまで頑張ってきた練習の日々

d0088142_0291056.jpg


背後に抱える周囲からの期待と応援

d0088142_0292547.jpg


プレッシャーとの戦い

d0088142_0294674.jpg


それがヒシヒシと伝わってきます

d0088142_03053.jpg


この場に立つからには
勝ち敗けを覚悟し挑んでいるはず

4日後にはその結果がでていると思いますが

その結果以上に
ここで得た経験や仲間が、彼らを更に大きく
成長させてくれたということに気づかせてあげたいと

バックステージマネージャーとして
思っております

d0088142_0302540.jpg


みんな頑張れ!!

ラムがいずれこのメンバーに加わる日が
来てくれると

いいなぁー



--------------

d0088142_9192462.jpg


YOUNG STAGE
INTERNATIONAL CIRCUS FESTIVAL BASELL
5月25,26,27,28日

公式サイトはコチラ
http://www.young-stage.com/

チケット購入はコチラ
http://www.daszelt.ch/de/programm/pdetail.php?show=121

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-26 00:30 | お仕事
ラムの複雑な思い
一方ラムはと言いますと
前回の失敗が恐怖心となって大きな殻を作り出し
てるみたく、まだ大道芸再開に一歩踏み出せない様子

ラムの中で、
あんなに身近にあったはずの大道芸、そして憧れ
としていたサーカスのステージがとても遠く感じ
てるみたいです

d0088142_19241619.jpg


いつもの大道芸プレイスに張られたYOUNGSTAGEの
ポスターを眺めながら

「Dioさんのお仕事の場所だよね」と笑顔を作って
見せるが

その無理してつくった会話から伝わってくる
なんとも複雑なラムの心境

d0088142_19243640.jpg


全てラムの力不足が生んだ状況なのですが
親としてだまって見てるのも辛く

「ラムが望むならラムが落ちたYOUNGSTAGEの舞台。
その先にどんな世界があったのか見せてあげるよ」

とラムにたずねてみた



複雑な表情ながらも、頷いたので

d0088142_19245614.jpg


私の職場 YOUNGSTAGEのテントに向かった

d0088142_19254480.jpg


嬉しいけど申し訳なさそうな表情のラム

d0088142_192631.jpg


ちょうど裏でミーティングが行われていた

d0088142_19262274.jpg


ビッグプロデューサーたち勢ぞろいで緊張した
空気の中、私たちも席に着いた

d0088142_19264349.jpg


この重々しい空気にラムもご覧の表情


そして、場所を移し会場となるテント内へ

d0088142_19265874.jpg


初めて目にする大会の舞台
ラムは何を思って眺めているのか

ステージで行われているリハーサルを長い時間
一言も話すことなく見つめていました

d0088142_1927216.jpg


その日はちょうどオープニングのリハーサル
全ての出場者がオープニングダンスのレッスンを
受けていました

パフォーマーたちにとって不慣れなダンス
怒号が響く中、それぞれが額に汗し必死に
踊る姿を背に

d0088142_19274686.jpg


じゃまをしないように、そっと私たちは会場を去りました


そんな一日をラムと共に過ごしたわけですが
ラムにはどう映ったのだろうか??


今回は残念ながら出場という願いは
叶わなかったけど
近い未来、ステージに立つラムの姿があると
信じています

ラムにとって、今 目の前にある壁は
とっても大きく見えるかもしれないけど
その先には更なる大きな壁が次々と
待ち受けています

今それを言ったところで、わからないと思うから
口にはしませんが

こんなところで諦めず、夢に向かって更なる先に
進んでくれることを誰よりも願ってます

そして、ずーっと先だろうけど
ラムがこの日記を笑顔で見てくれていることを
願ってます

最後に、そんな私の想いを察し
ラムエントリーのため審査員から外れても
別のポジションのスタッフとして私を受け入れて
くれたYOUNGSTAGEのビッグ
プロデューサーたちにとても感謝です


--------------

d0088142_9192462.jpg


YOUNG STAGE
INTERNATIONAL CIRCUS FESTIVAL BASELL
5月25,26,27,28日

公式サイトはコチラ
http://www.young-stage.com/

チケット購入はコチラ
http://www.daszelt.ch/de/programm/pdetail.php?show=121

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-24 19:29 | ラムの日記
今日から3日間リハーサルと調整が行われます
d0088142_2322436.jpg


テントに灯りがともされました
これから始まるサーカスに命が
吹き込まれる瞬間です

でも今回はサーカスではなく
この円形リングで
世界各国から集まったこれからのサーカス界を
担っていくパフォーマーたちの腕を競う場となります

d0088142_23222162.jpg


学校や所属するサーカスの名の下
そのプライドを賭けてここに立つ者

d0088142_23223315.jpg


賞金を狙ってここに立つ者

d0088142_23224654.jpg


家族の応援と期待を背負ってここに立つ者

d0088142_2323065.jpg


ここでの受賞をステップに更なる野望を抱き
挑む者

d0088142_23231449.jpg


などなど

それぞれに背負ったものや思いは異なれど
その頂点に立てるのはたった一人

その座を賭けた熱いバトルを前に今日から
3日間リハーサルと調整が行われます

d0088142_23233128.jpg


私は今までも何度かサーカスや大道芸の
コンペディション運営に携わってきましたが
どこの国でも、どんな大会でも
開催前のこの3日間は運営側、参加者共に
なんとも例えようの無い空気が張り詰めます

ステージの裏では、参加者間での精神的な駆け引き
グループ作りなんかも繰り広げられます

この空気を、程よい緊張感とモチベーションアップに
つなげるようにコントロールするのが私の役目
とってもヤリガイあるポジションです

だまって彼らの行動を見てると

明け方まで皆を誘って飲み明かし、つぶれているる
皆をよそ目に自分ひとりそのままちゃっかり
早朝から練習しているシタタカな者

馴れ合いを嫌い誰ともつるもうとしない者

親が周囲からの誘いや重圧をしっかりとガードしている者

これもまたいろいろです

--------------

d0088142_9192462.jpg


YOUNG STAGE
INTERNATIONAL CIRCUS FESTIVAL BASELL
5月25,26,27,28日

公式サイトはコチラ
http://www.young-stage.com/

チケット購入はコチラ
http://www.daszelt.ch/de/programm/pdetail.php?show=121

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-23 23:20 | お仕事
総メンバーの初顔合わせ
d0088142_712582.jpg


テントも無事に組みあがり

d0088142_7131740.jpg


総メンバーの初顔合わせ
スタッフ、出演者共に緊張の瞬間です

いろんなフェスタやサーカスで耳にする
名前がずらりと並んでますね
今回は前回をはるかに上回るハイレベルな
争いになりそうと他のスタッフが話してました

一方、会場は
この時点ではまだ内部の仕込みは出来てなく

d0088142_7134044.jpg


ガラーンと広がったスペースに
上を見るといくつかのパーライトが
ぶら下がってるトラスがあるだけ

d0088142_7135586.jpg


ここから数時間後には、このテントに
命が吹き込まれます
その瞬間が今から待ち遠しい

d0088142_7141463.jpg


--------------

d0088142_9192462.jpg


YOUNG STAGE
INTERNATIONAL CIRCUS FESTIVAL BASELL
5月25,26,27,28日

公式サイトはコチラ
http://www.young-stage.com/

チケット購入はコチラ
http://www.daszelt.ch/de/programm/pdetail.php?show=121

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-22 23:14 | お仕事
いよいよ始まります YOUNG STAGE


いよいよ始まります 世界各国から集まった
これからのサーカス界を担っていく
若手サーカスパフォーマーのコンテスト

YOUNG STAGE
INTERNATIONAL CIRCUS FESTIVAL BASELL
5月25,26,27,28日

d0088142_9192462.jpg


世界各国から応募のあった300名以上のパフォーマー
の中から勝ち残った19名のパフォーマーが
4日間掛けて行われる更なる厳しい審査に挑みます

公式サイトはコチラ
http://www.young-stage.com/

チケット購入はコチラ
http://www.daszelt.ch/de/programm/pdetail.php?show=121



さて告知はここまでにしまして

実はこの栄誉ある大会の運営スタッフに抜擢され
今回から参加しています

d0088142_9204538.jpg


ほら、ちゃんとスタッフリストにも名前があるでしょ

今回の私のポジションは

なんとバックステージマネージャー!!
出場者の裏での統括チーフといったところ

最高のコンディションで出場者を舞台に送り出して
あげるのが私の使命です

頑張らねば

日本の皆さんにはなじみのないフェスティバルだと思うので
ブログでも色々報告していきますね
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-21 09:21 | お仕事
大道芸スポット情報 ローザンヌ(スイスのレマン湖ほとりの町)
d0088142_20582976.jpg


1.エルネスト・アンセルメ通り広場
裁判所前に広がるレマン湖を一望できる絶景の広場
ローザンヌで人気の寿司屋さんも隣にある
ジャグリングを練習する人や読書を楽しむ人など
昼の時間は多くの人の憩いの場となっている

2.サン・ローラン通り
Lausanne-Haldimand前
こじんまりとした通りなのだが大道芸人に人気の
スポット

オレンジライン.フロン駅前サントラル通り
ローザンヌフェスタのときはずらりと露天が並ぶ

3.フロン駅2階出口付近
人通りが多いことから
いつも大道芸ミュージシャンが演奏している

4.ローザンヌ駅地下通路
ここも人通りが多いことから、いつも大道芸ミュージ
シャンが演奏している
ラッシュの時間などは警察に注意される

d0088142_20585880.jpg


5.ポール広場
駅から離れたレマン湖のほとりにある広場
フィッシャーマンズワーフのような雰囲気で
観光スポットもたくさんあり人通りも多い
大道芸にも向いている
ローラースケートを履いた年配のパフォーマーが
たまにいる


このほかにも1と2の間に位置する
フロン駅前からの通りなども毎日買い物客で賑わっているので
大道芸には向いている

※その他 info

言語情報 主にフランス語
ドイツ語と英語はまあまあ

スイスはカントンによって規則は多少異なるが

基本的には大道芸で住民に迷惑をかけた場合のペナルティーは
罰金 80sfr ~
ビザや滞在許可がある人は切符を切られて後日振込み
ビザ無しの人は、その場で支払い

火の使用は基本的にダメ

アンプの使用も基本的にはダメらしい

物売りや勧誘が目的ではなく、人を楽しませる事を目的としている場合
景観や雰囲気を乱さないものであれば、お店や住民から通報が無い限り
警察も取り締まらない
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-20 21:01 | 各国の大道芸スポット情報
大道芸スポット情報 バーゼル(スイスの国境の町)
d0088142_0363890.jpg


1. マルクトプラッツ広場
日中は市場のテントで埋め尽くされるので
その脇に数名の大道芸人を見かける
昼以降夕方に掛けてテントが店をたたんでからが
大道芸が多くなる

2.バルフュッセルブラッツ駅前広場
この広場では、ほぼ毎週なにかしらのイベントが
行われています
その広場からフライエ通りにつながる短い路地
シュトライトガッセにも音楽大道芸人が必ず居ます

オレンジライン.フライエ通り
マルクトプラッツ広場からコミノ寿司までの間が

赤星.最も人気のエリア
スタチュウからジャグリング、ミュージシャン
ダンサーといろいろ

ブルーライン.ゲルパーガッセ通りでは
細い通りで斜面が多いことからミュージシャンや
パントマイム系の人向き
人通りも多くすし屋やアジアンレストランもある

グリーンライン. シュタイネンボルスタッドフ通り
夕から夜に掛けて人通りが多く映画館や飲み屋が
並ぶナイトタウン
大人向けの大道芸人にお勧め

4.バーゼル駅前公園
犬の散歩や日光浴、読書する人、楽器演奏する人たちが
多い公園

5.バーゼル駅前
駅の構内では警備員に注意されるが、駅前からトラム駅間に
ある広場ではあまり注意されない
大道芸人も多い

※その他 info
言語情報 スイスドイツ語、ドイツ語が主
英語はまあまあ  フランス語は少々

スイスはカントンによって規則は多少異なるが

基本的には大道芸で住民に迷惑をかけた場合のペナルティーは
罰金 80sfr ~
ビザや滞在許可がある人は切符を切られて後日振込み
ビザ無しの人は、その場で支払い

火の使用は基本的にダメ

アンプの使用も基本的にはダメらしい

物売りや勧誘が目的ではなく、人を楽しませる事を目的としている場合
景観や雰囲気を乱さないものであれば、お店や住民から通報が無い限り
警察も取り締まらない
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-05-20 00:37 | 各国の大道芸スポット情報