<   2010年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
キッズサーカス
d0088142_1914054.jpg


今日はキッズサーカスの発表会があるので
ラムと共にお出掛け

キッズサーカスと言ってもプロではなく
サーカスを楽しもうという目的のもと集まった
子供たちのサーカス

d0088142_1915539.jpg


こんな環境があるってのは、とっても羨ましい
日本にもこんな環境があったら良いのになぁ

d0088142_192711.jpg


ショーが始まりました

d0088142_1922411.jpg


子供たちのハレ舞台に駆けつけた家族たちは大盛り上がり

d0088142_1923659.jpg


それに後押しされ会場は本物のサーカス以上の盛り上がり

d0088142_1925074.jpg


失敗を責める人も無く、評論する人も無く

d0088142_193777.jpg


子供たちの頑張りに素直に拍手を送る観客

d0088142_1932148.jpg


そして、演じる子供たちも
とっても満足そうな笑顔

d0088142_1933567.jpg


この中から更なるサーカスへの階段に足を進める人は
何人いるのかなぁー

d0088142_1935092.jpg


この、客席からもサーカスの種をもらって
このステージにいずれ上がる子達がいるんだろうなぁー

なんて思いで私はショーを観てましたが

d0088142_194846.jpg


この会場が一体となった空気感をラムはどう
とらえてたのだろうか

d0088142_1942524.jpg


近い未来、ラムもスポットライトを浴びこの空気の中に
立ってるんだろうなぁー

楽しみです
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-30 18:57 | Switzerland
大道芸再開しました
d0088142_17543645.jpg


本日のメインはラム
私が人を集めてのラムへのスイッチ

d0088142_1756832.jpg


しばらくぶりの大道芸
しかもラムにとってはスランプ明け初のショー
なだけにちょっと心配だったんだけど

d0088142_17562482.jpg


でも落ち着いてしっかりとこなしてます

d0088142_17565069.jpg


ミス無しでソロのコントーションのパートをこなし
時間ピッタリで決めのポーズ

d0088142_1757764.jpg


続く椅子のパート

d0088142_17572067.jpg


終始笑顔を絶やさず順調に椅子を積み上げていき

d0088142_17573584.jpg


最後の五段目

d0088142_17574861.jpg


さてどうにかラムもスランプ脱出
夏本番、気合を入れて頑張ります

PS:「ナベちゃんミユキちゃん! ちゃんとできたよー
いっぱい心配かけてゴメンネ。横浜戻ったらショー
見せてあげるからね」とラムが言ってます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-24 16:54 | Switzerland
スイスに到着して数日が経ちました
スイスに帰ってから、少し時間を要しましたが
ようやく落ち着いた日々に戻りつつあります


こちらに着いてまだ間もないのに
すでに日本食が恋しく

d0088142_1772186.jpg


おにぎりを作っては日本を思い出しています


まずは私(Dio)の近況報告から

こちらに来てすぐ、いくつかの病院で検査を受けた
のですがどの先生も意見は同じ。
そして、診察料がバカ高い!!

結果はといいますと

「まだ生活にはさほど支障ないにしても状態は良く
ない。この状態まできて自然に治るって事はまず
考えられません。今はシビレと時折の痛みだけで
済んでいますが、いずれは大きな問題を引き起こす
でしょう。そうなったら間違いなく即手術ですね」

と言われた

救いなのは、こちらでは人口椎間板を
使った日本より良い手術をうけることができる
という嬉しい情報を得ることができたこと

しかし、それも束の間

それが桁外れの金額、、、、

日本で安い一軒家を買えるんじゃないの!?って金額


でも、ここまで来てお金の問題で挫折なんか
できるかってーの!!

ここは、日本人の忍耐力の強さでもって
もう少し頑張って手術のためのお金を貯めなければ!!
こんなので家族に迷惑かけれないし

この身体でも出来る仕事を探すぞー


続いてラムの近況報告から

日本でいろんな人からの励ましの言葉が嬉しかった
らしく、こちらでの大道芸再開に向けて意欲的に
練習に取り組んでいます
そして、いよいよ来月から
ラムのこちらでの小学生生活がスタートします

d0088142_1774261.jpg


本日それに向けたお買い物でゴキゲンのラム

d0088142_178373.jpg


親子それぞれに頑張ります!!
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-23 17:06 | Switzerland
スイスに向けて
早朝に東京に到着し、そのまま成田へ直行

d0088142_210233.jpg


宅配便の受け取りカウンターで無事に荷物を受け取り
荷物の詰め替えをしようと思い

妻のほうを見ると、落ち着かない様子、、

どうしたのかなとたずねてみると

「鍵をなくしました、、、」

と泣きそうな表情

そこで、受け取りカウンターのスタッフに道具を
借りて鍵を壊してどうにか荷物の詰め替え終了

そんなこんなでドタバタしてるうちに
チェックインタイム

危うく場内アナウンスをかけられるところでした

d0088142_211993.jpg


チェックインと入国手続きを済ませて搭乗ゲートに

すると、そこにはおびただしい数のマスコミの人たちが
待ち構えてました

d0088142_2115372.jpg


何の騒ぎか知らないですが、そんなの私たちの知ったこと
じゃない

その人たちを横目に飛び立つ前の記念写真

d0088142_21287.jpg


さてさて

今回は思いもしなかった情況での帰国となったわけですが
次に日本に帰ってくる時こそは、なにか更なる結果を
海外に残して帰ってこようと思います!!

スイスに帰ると

d0088142_213847.jpg

ラムは小学校が始まり
ドイツ語だけの環境で頑張らないといけません

d0088142_2141066.jpg

私はスイスの病院での再検査と手術
これを乗り越えないことにはね、、、、



夢に向って頑張ります
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-21 02:09 | ディオの日記
日本の文化に触れる
大阪に到着したのは深夜

観光する場所もなく
しかたなく、コンビニでお買い物

d0088142_19255834.jpg


そして、日があけて

d0088142_19261729.jpg


京都へ

今日はいつに無く日差しが強く
そんな中での観光は子供たちにとって
ちと辛い事から二班に分かれての移動

ラムはいとこ達と共に大阪でのお買い物

そして、私と妻は母と共に京都観光

d0088142_1926419.jpg


母は茶道会館にて用があるとのことで、それが終わる
まで2人で二条城を観光

そして、母に頼まれていたお買い物をするために
京都の銘菓店に向いました

d0088142_19265715.jpg


蕎麦屋と銘菓店がくっついているだけに作りも立派
そこらの菓子屋とは違います!!

d0088142_19272161.jpg


日本らしい作りに、えらく感動しちゃってます
日本の和菓子店が全てこんなだと勘違いしちゃったかな

その帰り道、さらに勘違いしちゃいそうな場所に遭遇!!

d0088142_19273792.jpg


この日はちょうどコスプレ写真会が開催されてて

d0088142_19275449.jpg


d0088142_19281363.jpg


こんな感じでしたw

いまやマンガとコスプレは
海外で日本の文化として認識されているとはいえ
こんな光景にはそうそう出会うわけでは無いと
ちゃんと説明しとかないとね

d0088142_19283189.jpg


英語のマンガが棚にずらりと並んでいたのに
すごーく喜んでました

ちょうどその頃、ラムはと言いますと

d0088142_19291100.jpg


買い物を終えて、クーラーの効いた妹夫婦宅で
いとこ達と遊んでました


思いっきり日本を満喫したのでスイスに戻ります!


今回の旅では、いろいろな事がありましたが
皆さんからの温かい励ましの声、そして家族の笑顔で
身も心もリフレッシュできました
もちろん友人たちの支えも忘れていません
全てに、すごく感謝しています

スイスに向けて再び移動です
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-19 19:23 | ディオの日記
日本の夏を満喫
一時帰国での日本の夏を満喫しています!

こちらに到着してから雨ばかりだったのが、ようやく
夏らしい猛暑の続く日々になりました

全ての毛穴から大汗を流しながら観光を楽しんでます

本日が地元滞在の最終日なので荷物をはやめにまとめ
近場の能登を観光

まず、向った先は巌門

d0088142_17121784.jpg


スイスは海が無いからこんな光景は、まず見れないよね

d0088142_17123816.jpg


さらに下に降りていくと

d0088142_17125769.jpg


潮も引いて、いつもは通れない道も海面から顔をだして
いたので更に更にと波打ち際に近づいてみると

d0088142_1713131.jpg


貝を狩っているおじさんに遭遇

d0088142_17133248.jpg


籠をのぞいてみると、貝がこんなに

d0088142_1714341.jpg


おじさんに習って、ラムもゲットです!!

d0088142_17141815.jpg


さてと、そろそろ大阪に向けて出発しますか

d0088142_17144362.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-18 17:10 | ラムの日記
たくさんの励ましのメールありがとうございました

前回の日記で

多くのサーカスパフォーマーの方々から
励ましのメールをいただきました

現役でサーカスで活躍されている先輩方々

私を目標と言ってくれる後輩たち

サーカスで働く同胞たち


その温かい言葉の数々に感慨無量な思いです


不幸中の幸いと申しますか

幸いなことに強運にも海外の医学レベルの高い
地にいるので

そこで更なる強運をもって残された可能性に
賭け治療を受けてみたいと思います

もしも、現役続行が不可能だったにしても
協会業務や委員会業務、指導などは今まで通り
変わりなく続けていけるので

お役に立てる事がありましたら、ぜひ一声掛け
てください

明日、石川県を発ち、京都、大阪を観光し
21日の早朝に東京に戻り
そのままNH207便にてミュンヘン経由でスイスの
バーゼルに戻ろうと思います


ありがとうございました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-17 19:10 | ディオの日記
椎間板損傷、、、、
忘れてはいけない大切なことを
私はすっかり忘れてしまっていました

To obtain, something of equal value must be lost.
人は何かを得るとき、同価の何かを失う

それは私の人生の分岐点で必ずついて回ったことであり
多くの別れや悲しみ、旅立ちや新しい出会いなど
良かれ悪しかれ多くのことを私に与えてくれました

辛い時には、

この辛さと引き換えに何か得るものがあるはず

と私を支えてくれた言葉でもあります


今回、私の得た結婚という大きな幸せと引き換えに
失うもの

そんなこと、これっぽっちも考えてもみませんでした

しかし、

そんなに都合良く進ませてくれないのが私の人生

今回、私の得た大きな幸せと引き換えに代償として
失うものがおとずれたのは、この話の流れから
言うまでもなくわかっていただけると思います




それは私たち家族の新しい生活が作り出す
予想できる環境の変化とは違い、

ラッキーの代償として訪れた予想すらできない
アンラッキーな知らせでした


知り合いのつてを頼って整形外科で腰治療の
経験豊富な先生を紹介してもらい診察を受けに
行ってきました

現在、私の抱える症状は
くしゃみをする時や無理な姿勢をした時に
腰から身体全体に走る激痛と、常に両太モモと腕
そして背中にシビレを感じる事です

今までいくつかの病院で、その原因は椎間板ヘルニア
だと診察され、そうだと思っていたのですが

それ以外のケースも考えられるからと、今回は再び
レントゲンとMRI、血液検査を受けることになりました

なぜならば、先生が言うには

椎間板ヘルニアが起こす症状で両足同時にシビレと
痛みを起こすというのはごく稀なケースでそれ以外の
事が原因でそれらを引き起こしている可能性も十分に
考えられる

とのことでの再検査

半日かけて病院内をグルグル回り検査を受けて
再び先生からの診察となりました

診察室に入ると先生を取り囲むように5人の若い
ドクターたちが私のMRIの資料を眺め

ただならぬ雰囲気

先生に仕事を尋ねられたので、
いちいち説明するのもめんどくさく簡単に

「自営業で協会などで事務仕事を手伝ってます」と答えた

すると

大きな事故や、今までにスポーツなどの経験は? と尋ね
られたので

「とくに大きな事故は経験ありません。スポーツは、、
体操のようなことをやってました。いまもたまに
続けてます」

と答えると、納得いかない感じで頷いた

そして、見せられた写真がこれ

d0088142_1539949.jpg


d0088142_15392644.jpg


「これは一見、椎間板ヘルニアのようにも見えるのですが
私(先生)の経験から、これは椎間板ヘルニアだと
思って手術すると手術を繰り返しても治らないケースで
正しくは椎間板ヘルニアでは無く、症状をなにか病名に
当てはめるならば椎間板損傷と言ったほうが相応しく

つまりは

椎間板が壊れてしまっている状態でそれによって骨が
神経に触れているから痛みとシビレを引き起こしている
と考えられます

いままで数回同じような症状を持つ患者に出会ったのですが
それはスポーツ選手や大きな事故経験を持つ人で
普通の生活でこんなことはあまり考えられないですね」

と言われた

先生の言わんとすることはよーく解ります

そして更に先生は

「椎間板が壊れちゃってるので、まずこのままだと
しだいに痛みは強くなって良くなる事は考えられない
です。よくこの痛みに耐えれてますね、、、
手術を受けるとなると牽引治療しながら様子を見て
内視鏡での手術が可能かを探る、もしくはプレートを
体内に入れる手術となりますね。
それを選んで手術したにしても、次はそのプレートを
入れたことでの痛みがついてまわります。
また、プレートを入れたことで背骨全体の負荷を与え
るバランスが崩れ、次の新たな問題を引き起こす事も
考えられるので、何も無い健康状態に完治ってことは
ちょっと期待を持たない方が良いですね。
手術を受けるとなると、一週間から一ヶ月の入院で
半年間ぐらいは通院でのリハビリとなります。
もし、その間の帰国が無理ならばこの資料をお渡し
するのでスイスかドイツの病院で治療を受ける
のが望ましいです。もしかして、ドイツの方でさらに
新しい治療法が見つかるかもしれません」

と言われた、、、

死ぬって言われたわけじゃないから、まぁ最悪の結果
ではないけど

これって、つまりはサーカスパフォーマーとしての終了
を通告されたんだよね!?


今からって時に、、今が大切なときなのに

なんて事だよ

まだラムにしてあげなきゃいけない事がたくさん
あるのに、、せめてあと6年、いや4年あれば

なぜ? どうして今?

という思いと、悲しみや悔しさが入り混じって

なんとも言えない気持ちで、先生の話中に
涙がこぼれ落ちそうになりました

あと6年でラムに私の学んできたこと全てを与え
その後、私は新しい道に向ってスタートをきるはず
だったのに

いつかは来ると解っていた
サーカスパフォーマーに幕を引く日が
こんな形でこんなタイミングで来るなんて、、、、



診察室の外には、私のことを心配して待つ妻とラム
しかも、
妻にとっては初めての日本旅行楽しんでるところに
こんな事言えないよな
しかも結婚して間もないのにこんな問題、、、

やっぱり、言えない

先の事より、まず今

笑顔で診察室から出なきゃいけないよね


To obtain, something of equal value must be lost.
人は何かを得るとき、同価の何かを失う

幸せにのぼせて、すっかりこの言葉を忘れていました

今回の幸せの代償は大きいです、、、

それはラムにとっても同じか
いつまで同じ舞台で、ラムをサポートして
やれるのかなぁ

もうそのカウントダウンが始まっちゃってるって
事だよね

んー、、、、


まだ、諦めちゃイカン

ドイツ、スイスで他の先生に診てもらえば
道が開ける可能性もある!!

すこしでも可能性があるならば、それに賭けてみる
それでダメならその時は。。。。

今は失うモノの事より、今目の前にある得た幸せの事
だけを見て家族旅行を楽しみたいと思います


なんか、うまく文章がまとまらない
こんな日記でゴメンなさい
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-13 15:44 | ディオの日記
テレビ局からの一通のメール


帰国して間もなく一通のメールが私に届きました

それは、「世界を変える日本人という内容で番組に
出ていただけませんか?」 というテレビ番組制作局
からのメールでした

正直なところ、驚きました

アフリカを経てヨーロッパにたどり着き現在の
スイスに至ったわけなのですが

その間、日本人と交わることの無い海外の職場での
地道なサーカス関係の裏方のお仕事

たまーに気分転換に1人でパフォーマンスを行っても
告知もしないし日本人のお客さんなんて見た事もない

どこで私の事を聞きつけたのか 不思議です


でも、嬉しいですね!!


何度も目的を見失いそうになり自分自身に

「いったい自分は何のためにここに来て
誰のために何をやってるのだろう、、、」

と問いかけ

「いやいや、これが私たち親子の夢につながる道」

なーんて、そんな問答を心の中で繰り返しながら
モチベーションを維持し

いっぱいいっぱいの気持ちでやってきました

それを、

そんな思いで応援し、見てくれていたなんて

すごく嬉しかったです

しかも、ラムへの注目ではなく
私を、、、なんて

どれだけぶりでしょうか


今回は日程的にスケジュール調整がつかず無理でしたが

その嬉しい言葉を胸に、
海外で何か結果を残せるよう頑張ってきますので

これからも応援よろしくおねがいします

本当にありがとうございました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-11 09:56 | ディオの日記
コントーションのトレーニングについて
サーカスパフォーマーを目指して日々コントーション練習に励んで
いる方々から同じような質問メールが多く届くので、ここに私なりの
解説を書いとこうと思います
でもこれは、あくまでも私の経験の中で得た個人的な意見と言う事
をお忘れなく

Q1:

コントーションのトレーニングについて
独学で見よう見まねで練習しているのですが
なかなか進歩が見られませんアドバイスお願いします

A1:

毎日続けていて成果が見られないのならば
考えられるのは、日数が少ないか練習方法が間違って
いるのどちらかです

特にコントーションを始めたばかりの人は
他の演目と違った上達の遅さに、いら立ちを感じる事で
しょう

大切なのは、毎日続ける事
ウォーミングアップに時間をかける事とリラックスした状態で
トレーニングする事

上達の近道は、パートナーを見つける事

この2つをお勧めします

後で説明しますが、特に背骨の柔軟は1人では難しく
間違った方法でトレーニングを進めていくと、取り返
しのつかない故障を引き起こすことも考えられます
パートナーを見つけ正しいトレーニングを心がけて
ください

個人差はありますがサーカス学校では、早い人で
約3週間でブリッジから元の立った姿勢に起きあがれる
ようになります

Q2:

開脚はどうにか縦横共にできるのですが、どうしても
背中の柔軟が思うようにはかどりません
良い練習方法を教えてください

A2:

背骨はブロック関節で、24個の骨から成り立っています

d0088142_8345015.jpg


これを横から見ると、こんな感じです

d0088142_836824.jpg


間違ったトレーニングをしてきた人の大半の背中は、背骨がこんな
感じに曲がります

見てお解かりのように、負荷のかかる場所が数箇所だけに集中し
これだと背骨への負担が大きく、故障につながる可能性が高く
限界も見えてます

d0088142_8362397.jpg


ちゃんとした指導の下、トレーニングをしてきた人の背中の
背骨はこんな感じに曲がります
全体に負荷が均一にかかるため、背骨への負担も小さく
故障につながる可能性も低く、安全に更なるトレーニングに進め
ます

d0088142_8363833.jpg


方法はいろいろありますが
この状態を目指し、それぞれの関節のストレッチを
行ってください

パートナーもしくはトレーナーとトレーニングできる人は
パートナーに、どの関節に負荷を与えて欲しいかを伝え
ゆっくりと伸ばしていくことが大切です

以下に私たちのトレーニングの動画を載せときますね



方法は他にもいろいろあるので、この方法だけにとらわれず
あくまで一例として参考にしてくれると嬉しいです

それではこれからも練習頑張ってください
いつの日か海外のサーカスで活躍する姿が見れるのを
心より楽しみにしています

追記 : 「これはどうなんですか?」と、いくつかの動画のリンクや
写真をいただきましたが、勘違いが多いので追記としてここに少
し付け足しますね

ちゃんとした柔軟の基礎を身につけたうえで部分的に負荷の
かかる柔軟の技を行うのと
なにも柔軟ができていない人が見よう見まねで部分的に負荷
を与えて柔軟の技を得ようとするのとでは
事故を起こす率は数倍、いや、相当な違いがあります
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-07-10 08:32 | Contortion