<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Bielに行ってきまーす
今日からToshiさんとの合同練習開始です

ラムもちょうど今日から秋休みスタート
2週間学校も体操クラブもありません

てなわけで一緒にBielに行ってきまーす


ラムも最近は電車での移動は慣れたもの

d0088142_23262969.jpg


電車に乗る時にパスを手に持ち検札が終わると

d0088142_23264312.jpg


到着まで御覧の通り

芸人らしくなってきたw

d0088142_23265748.jpg


心地よい揺れの中、延々と続く綺麗な風景を
観てるとまぶたもおりてきて

気がついたら2人で寝ちゃってました

d0088142_23271354.jpg


そろそろ到着なので

今から練習頑張ってきまーす
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-26 10:25 | Switzerland
気持ちの再確認
今日は大道芸の日
天気は雨が降ったり止んだりの曇り空

準備を終えて街に向うと
そんな天気にも関わらず Freierstrasse はいつもに
増して人が多い

あちらこちらでブラス行進も出ていて、とっても
賑やか

でも、

たまにポツリポツリと肩を濡らす雨が
なかなか大道芸開始を決断させてくれない

しばらく空を眺めて様子を窺っていたのですが
私がそうこうしている間に

午前の体操クラブでの疲れが睡魔となってラムを襲い
ラムのテンションが下がってしまいました

そんなわけで、楽しみにしてくれていた人には
申し訳ないのですが一度家に帰って
天候を見て出直すことにしました


というわけで、家に帰った私たち

ラムは少しお昼寝

私はラムのお目覚めを待ちながら
「晴れてくれないかなー」と
空を眺めながら、昨日の事を振り返って
いろいろ考えてました

昨日、モンティサーカスでメインを張って頑張ってる
日本人パフォーマー村山真哉さんと語り合えたことは
自分にとってすごく価値のある本当に有意義な時間だ
ったと今更ながらしみじみと思います

お互いに腹を割った話が出来たのは、帰りの道中の
ほんの数分でしたが、彼の口から語られる話の
一つ一つがとても懐かしく、そして私の忘れかけて
いた記憶と感情をリアルに思い出させてくれる内容
でした

サーカスに夢と憧れを抱きひたすら頑張った日々

サーカスに入って内と外の違いに幻滅の悲哀を
感じながらも適応していく事を選び頑張る日々

やりたかった事をやれていない自身の心との葛藤の日々

観客の拍手の先にある感動を作り出す一片を自分が
担っているということを実感した時の嬉しさと達成感

いろいろな事の記憶が走馬灯のように蘇ってきます

嫌だった事や辛かった事を思うと
果たしてラムがこのままサーカスを目指すのが
ラムにとって幸せな道なのか、、、

親として当然
そんな気持ちも無いわけではなく

いろいろ考えてしまった



いやいや、そうではない!! 楽しい事も
いっぱいあったし

なによりもここに居るのはそれがあったから
なわけで

今はラムの夢を叶えるため
そしてそれは私の夢でもあるから
今は迷わず結果が出るまで頑張るしかない

改めてその事を再確認しました

いろんな意味で、このタイミングで真哉さんと
出会えたことに本当に感謝です

そんなことを考えてると
ちょうどラムも起きてきました

外は雨が降ってます、
残念ながら今日の大道芸は完全に無理
来週天気が良かったら今週の分も頑張ります

そこで、来年の大会に向けた新しいショーの
内容についてラムと話すことにしました

衣装は

d0088142_23211573.jpg


ラムの希望で、これでいきます!!

いまから練習に取り組むので
動画を皆さんにお見せできるようになるのは
来年に入ってからの事となりますが

楽しみに待っててくださいね

来年こそはYoung Stage 最終ステージに残れるよう
頑張りますので応援よろしくお願いします
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-25 22:55 | Switzerland
モンティサーカスでメインを張る日本人との再会
d0088142_20332780.jpg


以前の日記にも書いたサーカスモンティで活躍する
村山真哉さんと共に、スイスで生活されている
日本人のお宅のお食事に招待され行ってきました

真哉さんとはサーカスモンティに応援に行って
会った以来なのでちょうど一ヶ月ぶりの再会

こんなにも早く再会が実現してとっても嬉しいです

この再会の場を作ってくれた食事会を企画して下さ
った方にとっても感謝してます


私たちを迎えてくれたのは、ここスイスではなかなか
お目にかかれない日本具材を使った日本料理の数々

八丁味噌を使った味噌汁なんて何年ぶりだったろう
久しぶりに八丁味噌を食べたけど美味しい
名古屋で食べた味噌煮込みうどんの味を思い出し
日本が恋しくなりました
天ぷらにひじきご飯もご馳走になって
とっても美味しかったです

それに負けずと会話も盛り上がり、サーカスの外と内
の話やスイスと日本の違いの話などなど 話は尽きず

料理を食べきる前に帰路につく時間をむかえてしまい
ました

もっと長居したかったのに 残念

真哉さんは公演のため、私はラムのお迎えのため
後ろ髪を引かれながら駅に向いました

真哉さんとはバーゼル駅まで一緒だったので
帰りの道中も更に会話はヒートアップ
お互いの今後の事、心の内にある思いなんかを
語り合い

また近い再開を約束し駅で別れました

いゃー本当に楽しい時間でした
叶うならば同じサーカスリングの上で共に立って
みたいと思わせてくれる人でした

家に着いてから気づいたのですが
美味しい食事と楽しい会話で、すっかり写真を撮る
のを忘れてました

そこで、真哉さんからお土産にいただいた
モンティのTシャツをラムにプレゼントした時の
嬉しそうなラムの写真を代わりに載せときます

d0088142_6312294.jpg


すでにラムの気持ちはモンティサーカスの一員

d0088142_6313971.jpg


これがいずれ現実となる日が来るのかな

真哉さん、お食事に誘ってくれたKさん ありがとうございました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-24 22:30 | 友人
縦開脚レクチャー &  茄子そうめん煮レシピ
5才から7才の大切な時期にアフリカに行ったり日本に帰国
してたりとバタバタしてしまったせいもあって、同年代の
サーカスキッズたちに比べすっかり技術的な遅れをとって
しまったラム

でもその反面、この間に大好きだった曾爺さんを亡くしたり
片親ではなくなったりと、いくつもの精神的な壁を乗り越えた
ことで内面的なところが鍛えられ、以前に比べると心が強く
なったのが一緒に居ても伝わってくる

ショーでも自分の心の状態をすごく気にするようになった

ちとこのへんで本腰入れた練習メニューに切り替えて
技術的な遅れを取り戻すとしますか

現在ラムが私と取り組んでいるのが

d0088142_18421283.jpg


ここから

d0088142_18422833.jpg


このポーズへのスムーズな移動

肩の筋肉が弱いせいもあって、長時間のキープと安定が
まだちゃんとできてません

これが綺麗になったら

ひじを使わない二点にレベルアップし、どんどん高さを
上げ慣れていく練習に入るつもり

d0088142_18424272.jpg


筋力の強化は体操クラブにお任せし
私との練習ではコントーションならでは
の技を練習していくことにします

先はまだまだ長いですが
順調に行けば追いつくのは14ヶ月先かな

頑張りましょう



話は変わりますが

メールで縦開脚についての質問を受けたので少しばかしここで
説明しますね


■■ ちゃんとした縦開脚 ■■

もうクリアしちゃっている人にとっては退屈かもしれません
が、おさらいのつもりで聞いてください


"出来る"って事と"ちゃんと出来る"って事の
この"ちゃんと"の違いは柔軟の世界ではとても大きな事を
意味します

この"ちゃんと"をクリアしてないが為に、この先出来ない技が
できてしまうからです

特にコントーションのベーシックトレーニングは関節の
可動領域を広くするために大切なトレーニングなので
ここでしっかりと"ちゃんと"をクリアして次に進んでください

さて今回のお題の縦開脚

d0088142_18433591.jpg


この二つの写真は同じ縦開脚の写真ですが
大きな違いがあります

このちがいが"ちゃんと"なんです

どう違うかをもう少し見てみましょう

これがAの方の立て開脚

d0088142_1844052.jpg


d0088142_18442476.jpg


続いてこれがBの方の立て開脚

d0088142_18444097.jpg


d0088142_18445553.jpg


違いを解っていただけたでしょうか?

d0088142_18451936.jpg


骨盤の向きが違うんです

Bの方は

d0088142_18454793.jpg

  ↓
d0088142_1846346.jpg


この横開脚から、形だけ真似て作った縦開脚

このポーズだけ見ると同じように見えるのですが
これをちゃんとした縦開脚と勘違いして次に進むと

縦の可動域が少なく、後に綺麗なビールマンポーズが
出来ないといった不都合や、出来ない技、コンビネー
ションが繋がらないなどの不都合が生まれてきます

しっかりとした縦開脚
   ↓
しっかりとした縦開脚での前屈と後屈

これはコントーションを進めていく上で後にも先にも
常についてまわる最も重要な柔軟トレーニングの一つです


うちのレッスンを受けに来る生徒も
新体操やバレエをやってて、これがしっかりできていないが
為に先に進めず、矯正トレーニングに来ている人が多いです



さてさて、今からお昼なのですが

今日は昨晩作っといた金沢の伝統料理 茄子そうめん煮 が
ちょうど食べ頃になっているはず

これを楽しみにしてたんだよね

d0088142_1847518.jpg


冷蔵庫から取り出してあけてみますか

d0088142_18472043.jpg


そして、少し味見


めちゃ美味しいじゃん!!

アクのある茄子のうま味がダシとうまく絡んで
そうめんに滲みてます


d0088142_18473728.jpg



茄子そうめん煮 レシピ

◆材料:4人分
・茄子(スイスの茄子は大きいから1個) 日本の茄子ならば 4個
・そうめん 3束
●ダシ汁 3カップ
●うす口醤油 大さじ3~4
●酒 大さじ2
●味醂 大さじ1.5~2

◆作り方

(1)茄子のへたを取り、好みの大きさに切り
   皮には軽く斜めの切り込みを入れ2分ほど水に漬けてあく
   抜きします。 
(2)そうめんを少し硬めに茹でます
(3)その間に別に大きな鍋を用意し、中に●印のダシ汁1.5カップ
   うす口醤油、酒、味醂を入れ鍋を入れ火にかけ、沸騰したら
   茄子を入れ、落としフタをして柔らかく煮含めます
(4)茄子が柔らかくなったら残りの出し汁1.5カップを加えて味を
   薄め、そこにそうめん入れて炊き合わせます
(5)味が入ったら、タッパーに移し冷蔵庫で一日冷やします
  翌日には出来上がり
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-23 18:49 | Contortion
今日もまた嬉しいひとつの出会いがありました
でも、日記に入る前にまずは報告から

スイスのコミュニティーサイト スイスワンダーネット
さんで私たちの記事が掲載されました

d0088142_18351268.jpg

http://www.swisswondernet.com/?p=1607

スイスに住んでいる人は既にこのサイトの事は
ご存知と思いますが、ワンダーネットはスイス
の生活に欠かせない情報を幅広くカバーしている
数少ない日本語コミュニティーサイトの1つです

天気や為替の変動がトップページでわかる事から
PCを立ち上げてこちらのサイトをチェックするのが
私の毎朝の日課になっているだけに

今回の掲載はめっちゃ嬉しいです
ワンダーネットさんありがとう


さて、今日の日記

一つの出会いがきっかけとなりそこからどんどん
人の輪が広がっていくのがとっても嬉しい今日この頃

今日もまた、嬉しいひとつの出会いがありました

d0088142_18263661.jpg


学校から帰ってきたラムと急いで駅に向かい
チューリッヒ行きの列車に飛び乗りました

d0088142_18265978.jpg


先日取材をうけた情報誌の方からの紹介で

今日はこちらで三味線を教えている先生に会いに行って
来ます

d0088142_18271436.jpg


ラムと同じぐらいの歳の息子さんも
一緒に来てくれることになり
それをラムに告げると少し緊張してるようです

ショーでは緊張しないのに
こんな事には緊張するんだね

少しずつ女の子らしさが増してきてます
ふとラムの成長を知った瞬間でした

d0088142_18273014.jpg


Toshiさんも面識ある方ということで
今日は遠いところわざわざ駆けつけてくださり
チューリッヒの駅で合流

皆で少し歩いて近くの広場でくつろぐ事に

駅から歩いて5分ほどの距離だったんだけど
その間に子供たちもしだい慣れてきたようで
広場に到着した時には仲良く2人で遊んでました

いつもは1人でトイレに行けないラムが
子供2人だけでマックのトイレに行ったのには
驚きです

こちらのマックのトイレは日本とは違い
入り口に電子キーがあって
店員にナンバーを聞いて入力しないと入れないん
ですよ

日本人の子供2人がドイツ語で店員にそれを
聞いて入力を済ませちゃんとトイレにたどり
着いたってのが驚きです

今日二度目の成長したラムを見た瞬間です

私たち大人は、そんな仲良く遊ぶ子供たちを横目に
楽器の事やショーの話で盛り上がり
気づいた時には1時間半が経過

もう帰宅する列車に乗らなければいけない時間
ということで、慌てて駅に向い
再会を約束しそれぞれ帰路につきました


言葉以外に表現できるモノを持っている者同士
しかもそれぞれに家庭を持って海外ライフを
エンジョイしているってところが共通点だけあって

それぞれが自分スタイルをしっかりと持つなかで
相手のスタイルと共鳴していけるところを探っていく

大人の心のゆとりを感じさせながらも
それでいて遊び心を忘れていない

そんな会話だったような気がします

普段そんな会話しないので、ちょっと疲れたのか
帰りの列車で気づいた頃には深い眠りの中に

隣の席に座っていた人に起こされて、前の座席を
見るとラムも熟睡

今日はラムもお疲れさまでした

さて今から帰ってもうひと頑張り
練習しますか!!


私たちの記事を掲載してくれたスイスワンダーネットの
曽我さん
私たちに素敵な出会いを提供してくれた情報誌の方
夢が膨らむ会話を楽しませてくれた三味線教室の先生
いつもお世話になっているToshiさん
大切な思い出の品をラムにプレゼントしてくれたマサシ君

今日は本当にありがとうございました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-22 18:29 | Switzerland
イチジク大福
今日はちょっと早起きし

先日購入したイチジクを使ってイチジク大福を作りました

d0088142_17465385.jpg


中にイチジクがそのままの形で入ってるから形は少し
いびつだけど

これが意外とおいしい

イチジクの控えめで上品な甘さがアズキと合うんだなー

中はこんな感じ

d0088142_17471167.jpg


5分で出来ちゃうわりには意外と好評だったので
レシピをここに書いとく事にします


いちじく大福

材料 ( 約4個分 )

● 白玉粉 55g
スイスで白玉粉は手に入りづらいので
アジアンストアで買った中国菓子を作る時の材料
「糯米粉 farine de riz gluant」で代用しました
● 砂糖 35g
● 水 100cc

あずき 60g
イチジク 4個
片栗粉(打ち粉用にすこしだけ)

作り方

1.形を崩さないようにイチジクの皮をむいて中に
あずきを詰めます
無理して詰めないで入るだけの少量で良いです

2.材料の●印 白玉粉、砂糖、水を混ぜる

3.それを耐熱容器にラップをかけレンジで加熱
700wレンジで約3分

4.取り出し耐熱ゴムベラで良く練り混ぜ、片栗粉を
敷いたまな板の上にあける

5.四等分に切り、それぞれを丸くなるように
まな板の上で転がす 熱いので注意!!

6.それを平たく伸ばしイチジクを包み込めば出来上がり

d0088142_17484850.jpg


今からこれを手土産に
すこしご無沙汰してしまっている
私が恩師と慕うサーカス指導者を訪ねて
近況の報告をしてこようと思います

日本の味を気に入ってもらえると嬉しいなー
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-20 10:02 | 料理
日曜日は家族の日
今日は晴天の日曜日

スイスでは日曜日に家族と過ごすのが一般的のようで
ほとんどのお店が日曜日に定休日となります

そこで、今日は私たち家族もお弁当を持って公園に出
かけました

d0088142_9113257.jpg


いつもは年寄りとカップルが数えるほどしか居ない公園が
今日は右も左も人でいっぱい

d0088142_9114762.jpg


以前、日曜日の大道芸を試みようと町に行ったら人が
誰も居なかった事がありましたが

日曜日に大道芸するなら、ここでやるのが良いかも
しれませんね

d0088142_912470.jpg


まずお弁当を食べてから、ラムとダイアナはフラフープ

d0088142_9122265.jpg


ラムも上手にまわせるようになり
長い時は1~2分ぐらいキープしてます

私は木陰で読書をしたり、ショーの構成を考えたり

久しぶりに、家族でゆったりとした時間を過ごしました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-19 23:10 | Switzerland
スペイン人パフォーマーとの対決再び
今週もまた色んな人たちとの出会いがありました

私たちの事を聞きつけて、SWISS WONDER NET の
代表 曽我さんが会いに来てくれました
http://www.swisswondernet.com/

近くこちらの情報サイトでも私たちの事を取材し
とりあげてくれるそうです

掲載されたらここでも報告しますので、楽しみに
してて下さいね


さて今週の大道芸の報告

スペイン人パフォーマーとの対決再びです

先週はコントロールに注意を受けて彼は撤退したら
しく、その後に到着した私たちは何事もなく大道芸
を終えたのですが

今回はそんなわけにはいかなさそうです

前回バトルとなったスペイン人パフォーマーは、今回
助っ人としてエクアドルから来たコンタクトジャグラーを
引き連れさらに大音量の音響機器をもって私たちの隣を
陣取りました

私は前回のことで少し反省し
二度と挑発には乗らず、私たちは私たちの大道芸を楽しむ

そう心に誓っていたのですが、、、

今回は私ではなく、娘のラムが挑発に乗ってしまい
ました

きっかけとなったのは助っ人として来たジャグラーが
リングとムチを持ってきてとった行動!!

彼はショーの始めにリングを取り出して
それをくだらない道具と言わんばかりに地面に
投げ捨てた
次にムチも取り出し同じように地面に投げ捨て
クリスタルポールのコンタクトジャグリングをはじめ
たことに

ラムがぶち切れ

私は「別に良いじゃん。そんなパフォーマーいっぱい
居るし。私は私、彼は彼のスタイルのショーがあるから
気にする事じゃないよ」と挑発に乗らず、彼らのショーが
終わるのを待っていたのですが

その私のとった行動が、更にラムの頭にきたらしく

「ディオさんよりラムの方がお客さん集められるもん。
ラムひとりでもショーできるからやるからね!!」

とラムは興奮気味でショーの準備を始め
彼らのショーにかぶせる形でソロでショーを始めてしまった

d0088142_2583226.jpg


それが前回同様、彼らのショーを見ているお客さんを
奪う形でラムのショーに人を集めちゃったから

d0088142_2585020.jpg


むこうはそれにカンカン
完全に戦闘状態

そんな感じで再びバトルとなってしまいました

大人気ないとはわかっていても
この状況で

娘がここまでやった手前引けないですよね

こんな時に私を冷静になだめてくれるトシさんも
もう帰っちゃった後だしストップききませんでした


ならば私も、彼らの投げ捨てたムチを使った
パフォーマンスで応戦しましょう

と言いたかったのですが
残念ながら今回は私のムチを持って来てない

カバンを覗き込むと、私たちのまだ出してない道具は
未完成な狐神楽の道具のみ

d0088142_333749.jpg


てなわけで少し不安ではありましたが狐神楽の舞
やりました

d0088142_335918.jpg


まだまだ改良の余地ある内容ではありますが
日本風でストーリーのあるパフォーマンスが
スイスの人たちに気に入ってもらえたらしく

ラムの頑張りもあって
とっても温かな雰囲気でショーを終えることができました

それに彼らも黙ってはいない
私たちのショーの最後に重ねる形で
負けずと更に大音量でパフォーマンスをはじめた

それに見かねた近くのレストランのオーナーが
コントロールに通報

レストランのスタッフが、そっとその事を私たちに
教えてくれたので私たちは急いで撤収し
コントロールが到着する前に帰路につきました

d0088142_34224.jpg


観に来てくれた皆さん、本当にありがとうございました
色んな出会いと、応援の言葉とっても励みになります

d0088142_344017.jpg


そして馬鹿な親子で申し訳ありません
日記を書いてて一度ならまだしも二度までも大人気ない
行動をとってしまったのが、今更ながらとても情けなく
反省してます

「同じ失敗を二度繰り返すのは馬鹿のすること」と
ラムにいつも言ってるのに

それを目の前で見せてしまった、、、(涙)

書いてから、日記に載せようか迷ったのですが
いずれラムが今までの旅路を振り返り読む時の為に
これも親子の思い出としてここに記しておこうと思います

ラムは将来もっと利口な選択が出来る親となってくれて
いる事を心から願います
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-18 22:54 | Switzerland
親のくだらない意地の対決
ここバーゼルではゴミの収集は週に一度だけ!!

しかもゴミに町の指定ステッカーが貼ってないと
持って行ってくれない

d0088142_9474230.jpg


そのステッカーが10枚で22フランって事は
1枚2.2フランなので

d0088142_948759.jpg


ゴミ袋を1つ出すのに2.2フラン(約180円)
払ってる事になる

日本に比べるとすごく高くない?

しかもペットボトルは近くのスーパーに持って
行き収集してもらう

ブツ、ブツ、ブツ、、、、ルールだからしかたないか


さてさて愚痴はここまでにしまして


以前、ここでも紹介したドイツで活動する

書道家パフォーマー竹田吏江さんのブログNeo-Japonism
アトリエギャラリー日記に私たちのことが載ってます

d0088142_9511268.jpg


元祖ネオ・ジャポニズム通信
竹田吏江の Neo-Japonism アトリエギャラリー日記



吏江さん、ありがとうございます
熱いエールとメッセージしっかりと受け取りました
お互いに得た刺激を作品に表現できると良いですね
また近いうちに会えるのを楽しみにしてます!!



今日もラムは体操クラブ

d0088142_9482890.jpg


体育館でラムの体操クラブが終わるのを
待っていると

子を見守る視線の中から、ただならぬ熱い
オーラをまとった父親の視線がこちらに向って

チラチラ

いゃ、チクチクと つき刺さる

こちらがその視線に気づいたのを察して
彼は笑顔で近づいてきた

なんと彼もサーカスパフォーマー
そして、彼の子供もラムと同じクラスにいるらしいです

d0088142_9484890.jpg


あたりさわりのない会話から、お互いの子の話となり

お互いの子供の事を笑顔で褒めあうが
それは皮肉ギリギリラインで
言い方を変えただけの、自分の子供の優れた部分を
アピールする攻防でしかなかった

お互いに口にはしませんが、これは負けれません!!

サーカスパフォーマー2世の対決

いやいや、その親のくだらない意地の対決

ラムよ、頑張ってくれ
私のくだらない意地の為に(笑)

PS:この日記を書いた翌日の朝、この日記を読み返して
頑張ってる娘に、なんとも大人げない、、、と申し訳ない
気持ちでいっぱいになって
ソフトクリームを買ってきて、なぜかを告げずプレゼント
しました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-16 09:53 | Switzerland
週末の出来事をまとめてアップ
色んな方々からのメッセージや連絡が続き
私たちの日記をなかなかアップできなかったので
今回は、まとめて先週から今までの出来事を書いてみようと
思います


9日

スイスの情報誌に私たちの事を取上げてもらえる事になり
取材をうけました

d0088142_19142162.jpg


内容は出版後のお楽しみ

掲載の報告を楽しみにしててください!!



11日

今日はラムが一週間で最も楽しみにしている大道芸の日
午前の体操クラブを終え、その足でカラクリ噴水公園に
向かい食事

d0088142_19144635.jpg


今日のお弁当はラムの大好きなチャーハン

d0088142_1915971.jpg


しっかり腹ごしらえを終え、いつものマルクトプラッツ
近くの通りに向います

今日はマルクトプラッツ広場でイベントが行われるらしく
その搬入のため、いつも以上にコントロールがいます

私たちの到着する数分前に、コントロールによる露天商と
大道芸人の一掃があったらしく、いつになく広さを感じる
ストリート

しばらく様子を見ていると、古株メンバーのゴールドマン
木琴おじさん、キッズサーカスクラブの生徒が集まってきた

そこに顔見知りのコントロールも加わり、どうするか
話し合った結果

「搬入の車が来たらすぐに撤去だけど、それまでなら良いよ」

と言う事になった

土曜の午後からの大道芸のメンバーは

スタチュウパフォーマンスのゴールドマン
木琴おじさん
コンビディアボロのキッズサーカスクラブの生徒
私たちの和風アクロバット

一定間隔に広がりパフォーマンス開始

それぞれ違った種類のパフォーマンスでバランス良く
人が流れていく

木琴おじさんが次の場所に移動し1つスペースが空いた
ところに、いつも見かけない新しいコンビが入ってきた

d0088142_19152791.jpg


彼らのスタイルは、どちらかというとジプシースタイルの
ミュージック演奏なのですが組み合わせが
オルゴールとサックス、そして犬!!

d0088142_19154284.jpg


私たちの隣ということもあって、すぐに打ち解け仲良くなった

d0088142_19155783.jpg


私たち子供連れパフォーマーと、動物連れパフォーマーが
2つ並ぶとストリートのバランスからして
他のパフォーマーがやりづらくなりそうだから、私たちは
今日は彼らに場所を譲りこれにて終了

d0088142_19161736.jpg


道具を片付けて、彼らの素晴らしいパフォーマンスを
お客さんとして楽しませていただきました



12日

ラムの小学校が始まってから、ラムの一週間の日程が
かなりハードになってきた

月曜日
6:00- 7:00 早朝ストレッチ 
7:45-12:00 学校
13:45-16:00 学校
19:00-21:00 自主トレ
火曜日 
6:00- 7:00 早朝ストレッチ 
7:45-12:00 学校
13:45-16:00 Dioのクラスにてトレ
19:00-21:00 自主トレ
水曜日
6:00- 7:00 早朝ストレッチ 
7:45-12:00 学校
15:00-17:30 体操クラブ
19:00-21:00 自主トレ
木曜日
6:00- 7:00 早朝ストレッチ 
7:45-12:00 学校
17:30-20:00 体操クラブ
19:00-21:00 練習
金曜日
6:00- 7:00 早朝ストレッチ
7:45-12:00 学校
13:45-16:00 学校
19:00-21:00 Dioとの合わせ練習
土曜日
10:00-12:30 体操クラブ
13:00-16:00 大道芸
日曜日
Off

イベント出演がない時は基本こんな感じ
あとは体調やテンションによって適度に練習を減らして
休みを入れてる

ラム自身は、まだそれほど苦になっていないらしく
それぞれの場所に一緒に頑張る仲間がいて会うのを楽し
みにそれらをこなしている様子

そんなラムの姿を見て、ミュージシャンのトシさんが

「頑張ってるご褒美に、日曜日に疲れてなかったらうちに
来ないかい? 日本語のわかる1つ違いのお兄ちゃんと遊べ
るよ」

と家に誘ってくれた

もちろんラムは大喜び!!

d0088142_19171749.jpg


そんな流れで日曜日、私たちはBielに向った

到着するとトシさんがホームまで迎えに来てくれて
ラムは駅でマサシくんとご対面

お互いに少し緊張してる様子

d0088142_19173647.jpg


でも、そこは子供同士
あっと言う間に打ち解けて御覧の通り

初めてBielに来たけど住みやすそうな良い町です

トシさんの家の近くには子供が伸び伸びと遊べる
広場や小川があって

家族で住むには最高の場所

d0088142_19175732.jpg


芝生の真ん中で木に寄りかかり読書を楽しんでいる人を
発見

こんな週末の過ごし方に憧れるなぁー

お昼にトシさん宅で日本風カレーライスをご馳走になって
いろんな機材、今までの写真を見せてもらっていると

マサシくんがパフォーマンスを開始

d0088142_19181850.jpg


トシさんと奥さんも演奏に加わり

d0088142_19183676.jpg


家族バンドの生ライブがはじまった


家族で音楽を楽しんでるその幸せいっぱいの姿を見ていると


家族の絆の大切さと力強さが伝わってくる

落ち込んでいるわけでもないのですが
なぜかそれに励まされる気がしました

今日はラムだけではなく、私たち家族全員が癒され
いろんな事に気づかせてもらえました

カレーライスとケーキもおいしかったです

本当にありがとうございました


いろんな人たちからの嬉しい知らせに続き、こんな幸せ
いっぱいの週末をすごしました



最後にサービスショット

d0088142_19185629.jpg


d0088142_19194124.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-09-13 19:20 | Switzerland