<   2010年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
昨日以上に寒く気温は-3度
今日は昨日以上に寒く気温は-3度。しかも外は雪が降っ
ています

私が「今日は止めとこうか?」と言っても

それでも行くといって聞かないラム

ラムのこの負げず嫌いの精神と大道芸への思いは育て
てあげたいところだからしかたがない

d0088142_852729.jpg


ラムに背中を押されながらマルクトプラッツに到着

d0088142_85115100.jpg


早速準備を始めるが、身体に積もる雪が体温で解け水と
なりそれが体温を奪っていく、、、

d0088142_8505753.jpg


しかも、しだいに雪も強くなり吹雪いてきた

ラムはウォーミングアップを開始し、私はそれの終了に
合わせてラムのパートがスタートするように大道芸を開始

d0088142_9491663.jpg



数人の人が足を止めてくれるのですが、寒さの中頑張る姿
に哀れみで投げ銭を入れすぐに立ち去っていく状況

さすがにそんなお金は受け取れないし
私の思う大道芸とは違う、、、
ラムにも、それも大道芸と思って欲しくないので

ラムのヤル気にには申し訳ないけど強制的に中止した

d0088142_9482890.jpg



ラムは当然ながら納得いかない様子

後片付けも手伝わず、いじけている


吹雪はさらに強くなりラムと荷物を抱えテントの下に避難

d0088142_8524682.jpg



ラムは、それが子供扱いだから気に食わないと
言いがかりをつけて更にふて腐れている

d0088142_8522692.jpg



寒さのせいか痛めている腰もいつも以上に痛み、足に痺れ
を感じる事から妻にSOSの電話し手伝いに来てもらった

d0088142_8531089.jpg



妻のおかげで、どうにか無事に帰宅
ラムも妻にうまくなだめられた様子
近くのスーパーでカップラーメンとミカンを買い込んで

d0088142_8532380.jpg



「今から家でごろごろしながらDSするんだから邪魔しないで」

と私に言って自分の部屋に戻っていきました

さてさて、これからの大道芸をどうやって
こなしていくかを考えないといけないなー

トシさんが、ここからがプロの頑張りどころと
言ってたから
なんとかギブアップしないで春を迎えたい

大きな番傘でもさしながら大道芸しようかな
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-27 21:47 | Switzerland
-1度の気温の中での大道芸
更新遅れて申し訳ありません
いよいよ、くたばったのか? など、いろいろ心配のメッセ
ージ頂きましたが、残念ながらまだ元気です

来年から動き出す企画のショー構成を頼まれて今週は
徹夜で企画書づくりしてました

その企画書作りもようやく目処が立ち、ふと窓を見ると
雪が降ってました

d0088142_7294492.jpg


もう、そんな季節なんですね

私がサーカスの仕事でバーゼルに来てからもう一年か、、
歳のせいか時間の経過がとても早く感じます

d0088142_7381150.jpg


今日は雪の降った-1度の気温の中での大道芸がどんな
感じなのか1時間だけラムと共に夕方に大道芸してき
ました

d0088142_7383458.jpg



「北陸生まれは寒さには強いはず!!」

そう自分に言い聞かせ挑んだものの

d0088142_7385878.jpg



動いているうちは寒さを感じなくて良かったのですが
お互いのパートを待っている時間に襲ってくる寒さに
負けました

指先がしだいに感覚を奪われ動かなくなり
足袋の中の足の指が寒さを通り越し痛く感じてきます

それでも、頑張ってなんとか3本ほどこなしたのですが

足を止めて観てくれるお客さんが、寒さに負け途中で
投げ銭を入れて申し訳なさそうに帰って行く姿に
気持ちが折れてしまい

終 了

ちょうど終了時に友人の板前さんに出会い
彼の部屋に寄せてもらい
温まってから帰宅しました


帰りの道中 「スイスは横浜より寒いね」とラムに
話しかけると

「明日は負けないからね!!」とリベンジ宣言

でも、、、

ラムがどんなにヤル気でも観てくれるお客さんが
辛いのは申し訳ない

明日は内容を凝縮した短いショーで挑もうかな
それと防寒対策を強化しなければ!!
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-26 20:18 | Switzerland
いろんな質問メール
いろんな質問メールも貯まってるのでここで
少しだけ答えときますね

●まずは私のクラスに関して次のシーズンはいつ
始まるのですか?

の質問なのですが、ここスイスでの来年の予定は
今のところまだ立ててないです
来年の体育館の使用予約がまだ取れないからです
でも、今までの生徒からの質問への返答やプライ
ベートレッスンは今も行ってますよ

日本から参加の問い合わせもあり、とっても嬉しい
のですが、こちらのホテル宿泊は大変高額で
そこまでしていただいての参加はとても申し訳ない
気がするので今、安宿を探しています

それも含めて決まったらまた日記に詳細をアップし
ますのでそれまでお待ちください

●日本でスポーツウィップのクラスやコントーショ
ンのクラスはまた開催しますか?

の質問なのですが、これも今のところ具体的な帰国
の予定がまだ決まって無く予定を立てれないです

スポーツウィップクラスに関しては協会の事務局の
人が私の帰国が決まってからそれに合わせ企画を考
え場所が決まり次第発表となる流れです
ちなみに、現在私は日本不在の為協会の運営には
まったくタッチしていません、行事報告だけはメー
ルで送られてくるので確認しているといった状況

コントーションクラスに関しては、すでに日本にも
いくつかの団体があり教室など行っていると聞きます
お急ぎの方はそちらに行かれる方が早いですね
帰国しても私は友人のバレエスタジオやダンススタ
ジオ、サーカスへの出張指導などが主になると思いま
すよ
日本の大学から帰国時に講習して欲しいと言われてい
ますがこれも具体的な予定はまだ立ってません
帰国してからの話ですね

●日本から海外のサーカスを目指すのにどんな道が
あるのですか?

の質問なのですが、この質問は今年一番多かった
質問ですね
これも必ずしもってことは言えないのですが、これか
らの目安となるように私の私見でお話しすると

サーカスからしてみれば、募集枠は出演者とスタッフ
の大きく2種で、出演者に関しては、ダンサー、パフォ
ーマー、ミュージシャンといったところ

質問してくる人たちの一番興味あるところは出演者の方
のパフォーマーの枠だと思います
それをさらに分けるならば一般的には、
サーカスの王道スキルのエキスパートか、新しいパフォー
マンススタイルのパフォーマーの2種でしょう

募集に対して参加希望が多いのはサーカスの王道スキ
ルのエキスパートで倍率もレベルもすごいです

サーカスの王道スキルで参加希望者数順にランクをつけ
るとすれば、

1.ジャグリング
2.クラウン
3.アクロバット
4....
5..
6.

といったところでしょうか
でも、どれも採用数は同じで1から3チームほど

その狭い募集枠ににサーカス学校の卒業生、ベテラン、
スポーツからの転進組みが、どっと集まってきます

どれだけ集まってもその中から出演を勝ち取れる
のは悲しくも1から3チームってわけです

一方、新しいパフォーマンススタイルのパフォーマーに
関しては枠数が決まってなく、キャスティングや演出担
当者の目に留まれば即採用
問われるのはアイデアの斬新さと、エンターテイメント
性と完成度です

元々、枠が用意されているわけでもなく不確定では
ありますが、採用確率は同じでも倍率で言うならば
こちらの方がだんぜん甘いです

その他は、スカウトがたまに声を掛けてくることがあり
ます。これはスポーツ関係の人に多いらしいですが稀な
ことなので期待はしないほうが良いですね

ほとんどのサーカスが随時募集は行っています
資料を送るとオーディションや採用時期が知らされてく
るのでそれにしたがって下さい

目指すサーカスの募集は、そんな感じとなっています

今からサーカスを目指す人は、それを頭に入れて
サーカス学校に行くか自分でプランを練ってオリジナルの
パフォーマンスを磨くか、他の方法を探すかといった感じ
でしょう

私も現役パフォーマーとしてサーカスに参加することは
少なくなってきましたが、サーカスや大会の運営スタッフ
などとして参加しいろんなサーカスに携わっています
昔に比べると海外で日本人のパフォーマーと出会うこと
が多くなってきました
サーカスのステージで日本からの新しいパフォーマーと
出会えるのを心から楽しみにしています
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-24 23:10 | Switzerland
日本人の温かさに癒された とても満足した週末
今日はいつになく、コントロールの取締りが厳しく3回
ほど中断することになり、私たちが大道芸をまともに
出来たのは6回だけ

そんな状況の中にも関わらず多くの人が観に来てくれて
とっても嬉しかったです

100枚以上用意していた名刺も、なんとたった一日で
全て無くなってしまいました

名刺が珍しくて、みんな持っていくのかな??
日本ではあり得ない事に驚いてます

名刺を求められたのに渡せなかった人には本当に
申し訳ない思いでいっぱいです。これに懲りずまた観に
来てくださいね
次回はさらに余分に持って行くので渡せると思います

そんな中、今日は4組の日本人の方に声を掛けていただき
ました

日本からこんなに離れた地で「頑張ってね」と日本語で
声を掛けてもらえるのってすごく嬉しい事ですよね
これこそ大道芸ならではの喜び
海外のいろんなサーカスをまわってきましたが
それでもあまり経験しなかった事です

寒い中頑張るラムを気づかってくれてホカホカに温まっ
た甘栗を差し入れてくれる人までいて、本当に感謝です

寒い一日だったけど、今日は日本人の温かさに癒された
とても満足した週末の大道芸でした

寒い中、足を止めて最後まで観てくれて
本当にありがとうございました

おやすみなさい

d0088142_8134287.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-20 22:12 | Switzerland
フリー マーケット
書いたつもりでいた日記が書けてなかったらしく消滅してた
ので、書き直す事にしました

d0088142_23352565.jpg


久しぶりの快晴

ちょうどこの日(とは言っても、もうかなり以前の事)、フリー
マーケットが開催されているとの情報を得たので、家族で行っ
てきました

d0088142_2335551.jpg


業者より一般の人の参加が多いからか、不要となった使える
モノよりは

足が折れた椅子や、ヒビが入った器、動かなくなった時計など

もう要らない壊れたものや、がらくたを出品している人が多か
った

d0088142_23372973.jpg


ラムも意外とこんなのが好きらしく、何か面白いものが無いか
夢中で探してます

d0088142_2338227.jpg


こちらの人にとってはガラクタでも、私たちの目には何故か
オシャレな西洋アンティークに見えてしまうが不思議

d0088142_23382660.jpg


私たちの日本の感覚で例えるならば、使わずにホコリのかかっ
ていたコケシとか日本人形といった感じなのかな

そんな中ラムはお姫様ドレスを発見したらしく、どうしても欲
しいとおねだりするも、その願いむなしく却下され

d0088142_23385612.jpg


いじけてます(笑)

フリーマーケットでは、とくに私の気を引くものは見つからな
かったのですが

d0088142_23392252.jpg


その会場の隣にあったステーキレストランの駐車場でこんな
ものを発見

d0088142_23392695.jpg


荷馬車?

これはカッコ良い

欲しいけど、売り物じゃないんだろうなー、、、、

d0088142_2340458.jpg


こんなのもありました、日本では見かけない石製の標識

d0088142_2340634.jpg


この街には日本では見かけないいろんなものがいっぱいあり
ここに来てすぐは、その一つ一つにとっても感動してたんだけど

最近、それが普通の光景になってきて

感動がなくなってきたな、、、

少し悲しい気もしますが、それがあるからこそ
次の街でまた新たな感動に出会えるわけで

それはそれで良しかな

d0088142_23415689.jpg

[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-19 14:34 | Switzerland
縦開脚 後ろへの可動範囲を広くするトレーニング
■1人での後ろへの可動範囲を広くするトレーニング

骨盤が開かないようにキープしながら

d0088142_13415731.jpg


背骨が反らないように軸をキープし
太ももの付け根にストレッチを感じながら
ゆっくりと上体を後ろに倒していく

d0088142_13421349.jpg


軸足が進行方向に真直ぐになってる事も大切
内股やガニ股にならないように!!

●次にもう少し難易度を下げたバージョン

d0088142_23532538.jpg


小さな椅子を2つ並べて三角形の台を作ります
この形が作れれば椅子でなくても良いです

d0088142_23543958.jpg


骨盤が横にならないようにバランスをとりながら
乗ります
この乗る場所によって負荷が、かわってくるので
自分にとって良い場所を探り見つけましょう

d0088142_23544222.jpg


つま先の向きとひざが伸びている事を確認

d0088142_23544436.jpg


後ろ足も同じく

そして、先ほどのトレーニング同様に
背骨が反らないように軸をキープし
太ももの付け根にストレッチを感じながら
ゆっくりと上体を後ろに倒していきます

●次にもう少しさらに難易度を下げたバージョン

d0088142_23591494.jpg


椅子を1つにします

このとき椅子の上部をしっかりと両手で持って
バランスをとり
その腕と背骨が真直ぐに伸びていることを確認します

d0088142_005583.jpg


軸足のつま先が真直ぐであることを確認します

d0088142_004210.jpg


後ろ足も同じく

そして、先ほどのトレーニング同様に
背骨が反らないように軸をキープし
太ももの付け根にストレッチを感じながら
ゆっくりと上体を後ろに倒していきます

d0088142_02231.jpg



--------------

サポートありの場合

d0088142_13422291.jpg


この状態にうつ伏せに寝る

サポートは対象者の頭の方向が前方になるように
対象者のお尻の上に座り
両手で肩を軽く押さえて、上体が反り返るのを防ぎ
対象者がストレッチに慣れてくるのを待つ

d0088142_1342268.jpg


慣れてきたら、サポートは対象者のお尻の上に座った
まま対象者の足の方向が前方になるように向きを変え
枕の入っている位置を両手で抱えるように持ち
上げていく

d0088142_13423493.jpg


太ももの付け根にストレッチを感じる事が重要
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-17 13:41 | 練習・トレーニング
日本の異端児 更なるヨーロッパでの飛躍
スイスで初めて日本人パフォーマーがメインを勤めた事で
話題となったサーカスモンティの2010シーズンが大好評の
うちに幕をとじました

d0088142_12463270.jpg


その話題を作った日本人パフォーマー村山真哉さんが
1シーズンを終え休む間もなく次はドレスデンのマイムフェス
から招待を受け参加しています

d0088142_1245264.jpg


http://www.pantomimefestival-dresden.de/48601.html


さすが!! スイスのサーカス界で日本の異端児と言われた
だけの事はありますね

そして、この才能を黙って放っとかないのが
芸術への理解度が高いヨーロッパ

その真哉さんに応援のメールを送ったら
ドレスデンのマイムフェスの帰りにバーゼルに立ち寄って
くれると嬉しい返事が返ってきました

そして、今日がその日です

d0088142_1248264.jpg


バーゼル到着がAM7:55なので、私はお迎えの為ラムの登校
と共に家を出てAM7:30にバーゼルの駅に到着

通勤ラッシュで駅はすごい人
これは日本と変わらないか

d0088142_12484325.jpg


そして待ち合わせの時間


この通勤ラッシュに人が溢れている中で発見できるかな
そんな不安を抱え辺りを見回していると

ビジネスマンや学生の中、1人だけ周囲とは明らかに違う
オーラを放っているアジア人が人ごみに紛れてホームの方
から歩いてきます

両手、背中にいっぱいの荷物を担ぎ、手には杖!?

よく見るとそれは

d0088142_1249475.jpg


一仕事終えて帰還するパフォーマーの姿でした(笑)

無事に合流

場所を近くのエスプレッソバーに移し、Bielの町から
真哉さんに会うため駆けつけてくれる事になっている
ミュージャンのトシさんを待つことに

d0088142_1249211.jpg


トシさん到着です

場所を移し朝食をとりながら、スイスでの生活の事や
パフォーマンスの事など共通の話題が多い事から
話しは尽きません

話が盛り上がる中、時計を見ると時間はもう11時を
回っていました

ラムがお昼に帰宅するので残念ながら私は帰宅せねば、、、

d0088142_1247034.jpg


後ろ髪を引かれながら2人と別れ帰路につきました

楽しい時間は過ぎるのが早い、、、

もっと居たかったなー
そんな気持ちを、再会への期待感に変えて
その日を楽しみに待つことにします

真哉さん、トシさん
今日は忙しい中、そして遠い中、会いに来てくれて
ありがとうございました
私の親友2人の縁を結べた事とっても嬉しく思ってます

真哉さんの更なるヨーロッパでの飛躍を楽しみにしてます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-16 13:40 | Switzerland
みんな、頑張るからね!! アリガトウ
d0088142_1311669.jpg


ここスイスでは土日の配達は無いので
月曜日にまとめて荷物や手紙が届きます

d0088142_13113180.jpg


実家からの荷物と、日本からの応援メールが
ちょうど同じタイミングで届きました

d0088142_13113850.jpg


プレゼントや励ましの言葉に
ラムはゴキゲン

ラム: 「みんな、頑張るからね!! アリガトウ 」

イッちゃんからプレゼントしてもらったTシャツは
トレーニングウェアーとしてさっそく使ってます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-15 13:10 | Switzerland
獅子頭つくり2
獅子頭つくり1からのつづき

獅子頭つくり1
http://kinoramu.exblog.jp/12225247/


乾燥したら
つぎに、筆でFRPを表面全体に塗っていきます

d0088142_1325885.jpg


ガラス繊維が無いところやうすく感じるところには、前回
同様にガラス繊維を小さく切ってFRPに浸し張のますます

硬化剤を入れすぎると乾きは早いですが、硬化時に熱を
持ってヒビが入りやすくなるので入れすぎに注意してく
ださいね
塗る時や貼り付ける時に、空気が入らないように気をつ
けながら割り箸か筆で空気を出しながら塗ってください

約1~2日ぐらいで乾きます

表面が少しべたついていますがそれは気にせず、作業を
続けます

d0088142_1325956.jpg


コレをもう1度繰り返します

約1~2日ぐらいで乾きます



コレが終わったら、大きなバケツか桶に水をはって
獅子頭を漬けときます

d0088142_13282252.jpg


内側の新聞紙が水を含み柔らかくなるので、FRPを壊さ
ないようにはがしていきます

d0088142_13285881.jpg


d0088142_13291399.jpg


このときに中の木の支柱が外れますが気にしないで下さい

そして、水分をふき取り、1日放置し完全に水分がなく
なるを待ちます

d0088142_1329077.jpg


そして、内側に厚さ1mmサイズのガラス繊維を小さく切
ってFRPに浸し張っていきます

約1~2日ぐらいで乾きます

ここまでで約2週間

つづきはまた次回
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-12 13:23 | レクチャー&道具
日本人の方々による 持ち寄り市
今日は一週間前から楽しみにしていた日本人の方々による
持ち寄り市の日

Bottomingen で開催されるというので、ラムと共に財布を
握りしめ行ってきました

d0088142_9471784.jpg


私たちの住んでいる所から Bottomingen まではバス
で一本で行けます

時間にして10分ぐらいかな

d0088142_9472042.jpg


ラムの体操クラブも Bottomingen なので、毎週通っ
ていることもあって迷うことなく目的地に到着

到着してみてビックリ、なんと会場はラムの通って
いるジムの道を挟んで向いのお宅

建物の中に入ると部屋がそれぞれ色んなブースになっ
ていて

d0088142_947387.jpg


抹茶の飲める喫茶ルームや、日本でおなじみ
の菓子パンが並んだ部屋、などになっていました

d0088142_9474112.jpg


私のお目当ては、メロンパンとアンパン
並んでいた最後の一つのアンパンゲットで目的達成!!

続きまして、ラムのお目当ては納豆

でも、

会場のどこをさがしても見当たらない

ラムが半べそかいて気を落としていたので、会場に
居た人に納豆の売り場を尋ねたら

なんと、

偶然にも、その人が納豆を出品している人で
クーラーボックスから納豆を取り出して売ってくれ
ました

d0088142_948444.jpg


ラムも大喜び!! 2人の目標は無事達成です

ありがとうございました


さて、今日はこれから気を引き締め
ラムの体操クラブに退会を告げに行ってきます

ラムにとってこの体操クラブでの最後の練習日
いってきまーす
[PR]
by kinosuke_otowa | 2010-11-11 16:46 | Switzerland