<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ありのままを撮った映像


どうにか申し込み用の資料作成が間に合いました

ありのままを撮った映像で失敗などもそのまま
収められたものですが

これを添えて大会にエントリーしようと思います

正直なところ、今までの参加者のレベルを見てきて
このレベルで優勝はもちろんのこと予選通過も、、、
といったレベルだと思いますが

参加する事で自分をヤル気に追いこめるという事と
志だけは高くありたいというそんな気持ちで

今年も懲りずにエントリーさせてもらいます

今までの戦歴は一度も本選進出ならず、、、

でも今年こそはといった不屈の精神でもって
今もてる精一杯の力でラムは果敢に挑んでいきます

私はラムのそのヤル気を保ち練習をサポートするだ
け、もちろん不正な根回しとかは決してしません

娘が第一主義の私がなぜ? って、


サーカスで生きていくという事は
参加枠を賭けた戦いに常に身を置く事

今のうちから身を持ってその厳しい世界で生きて
いくための免疫?! いや強さかな

それを作っていかないとね

経歴に一行加わるだけの結果よりも、そちらの方が
ラムにとっては大切な事と私は思ってまーす
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-31 11:32 | Switzerland
大切なことを忘れてた、、、慌てて作業


何か大切なことを忘れている!?


そう思いながらも時間に追われながら毎日を過ごしていたわけ
ですが

それが何かやっと思い出せました

それは、ラムのサーカスコンテストの出場申し込み!!

なんと締め切りは、明後日の月曜日
申し込み用のPVどころか、ビデオ素材すら準備してなかった

d0088142_13202178.jpg


ラムと慌てて道具とビデオカメラを持ってFreiestrasseに
向いました

ラムに、「編集する時間が無いから1本撮りで失敗してもこの
まま焼いて送るからね」そう告げて、新しい演目の部分の撮影
開始

d0088142_1323947.jpg


ちと今日ばかりは、お客さんの事どころではありません

d0088142_13242815.jpg


ビデオ撮りが何よりも優先

d0088142_1326143.jpg


昨日もショーだったから、軽いウォーミングアップだけで
無謀にも練習無しでいきなりの撮影に挑みました

d0088142_13281866.jpg


常連のお客さんも雰囲気から、なんとなく察してくれたみたいで

d0088142_13294840.jpg


いつになく盛り上げてくれます

d0088142_13304893.jpg


気温が0度の中なので、手袋してても思うように手が動かず

d0088142_13325998.jpg


扇子が開かない、、、、
などのトラブルもありましたが

それでもどうにか撮影を終えることができました

集まってくれた人たちに感謝です
ありがとうございました

この後これをCDRに焼いて申込書に記入しないと
いけないので、今日は本当に申し訳ないですがショーは
この1本のみで、このまま帰宅させていただきます


そして帰宅後、私は編集にとりかかり

ラムは隣で宿題にとりかかったのですが

本日のショーが1本のみで体力をもてあましているラムは
宿題に集中できず

d0088142_13435456.jpg


トレーニング用のバーにぶら下がって

ブラーン、ブラーン

d0088142_13545421.jpg


床で、ブツブツつぶやきながら
今日の自分の演技にダメだししたりと
落ち着きが無い


隣でこんな事やられると
こっちまで気が散って作業に集中できない、、、

でも、そんなことは言ってられない
頑張ってなんとか月曜日に間に合わせます!!

出来上がった動画もいずれアップしますね

それでは、みなさん良い週末を
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-29 13:11 | Switzerland
ドイツのFriburg日独文化協会 新年会
d0088142_9101671.jpg


Friburgの日独文化協会の新年会に出演しました

この会の会長さんとの御縁はイベントでお会いしたのが
きっかけなのですが、
その後も私たちに気を掛けてくださって
度々連絡をいただき会うようになり
今では家族のようにお付き合いさせていただいています

会う度にラムにお土産を持ってきてくれることもあって
ラムにとっても大好きなドイツのお婆ちゃん

d0088142_914760.jpg


今回はラムがいつもの恩返しをできる絶好のチャンス
ここは頑張りどころ

d0088142_9144326.jpg


ショーの準備も整い、あとは自分の出番待ち

d0088142_915372.jpg


パーティーも盛り上がり、素晴らしい音楽家夫婦の演奏が
お客さんの期待をあおります

ハードルの高さを感じる中、ラムの出番がやってきました


そこで何とアクシデント

出番の1分前に急遽
「ここだとお帰りになるお客さんとトイレに行くお客さ
んが通行できなくなるから少し移動してください」

とのリクエストが、、、

ラムはショーの中で椅子を5段積み上げた上で逆立ちするの
ですが、そのパフォーマンスにとって最も大切な事は

台の水平

1段目のたった1mmの揺れも、椅子を5段積み重ねてていくと
それが5cmを超える揺れとなります

司会者の紹介もすでに始まり、登場音楽もなっている状態から
すぐに水平を取り直す事は時間的にも無理と判断し

「今日の椅子は3段まで」とラムに伝えると
ラムはそれに不満の様子でテンションがガタ落ち

そんな状況でのショーのスタートとなったのですが

駆けつけてくれていた書道パフォーマーのリエさん
客席の真前に移動し、そんなラムを応援

それに元気付けられラムのテンションも回復

どうにか最後まで失敗も無くショーを終えることが出来ました

d0088142_9212072.jpg


皆に褒められてご機嫌のラム
会長さんにも喜んでもらってラムも大満足

ラムのここ一番の良い子顔を作って、皆さんに挨拶する中
私の方をチラリと振り向いて

d0088142_9215549.jpg


この、どや!顔

一瞬なのでピンが合わない中どうにか一枚写ってました

この勝ち誇った顔は憎らしいけど、こんな状況でもやり遂げた
ラムは偉いので今日は許す事としましょう(笑)

応援してくれた皆さん、見てくれた皆さん
そして、このおめでたい場に呼んでくれた会長と会の皆様

今日は本当にありがとうございました

この出会いが皆さんにとって更に良い思い出となるように
サーカスの大会で良い結果を出せるよう頑張っていきます
ので、これからも応援よろしくお願いします






追伸:
ちなみに我が家の息苦しい空気の回復に向け頑張ってます
今回のパーティーに妻と親も誘ってみました

d0088142_923399.jpg


パーティーのおかげで以前よりは家の空気も軽くなった気が
します。パーティーに感謝
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-28 23:08 | Switzerland
厄介な夫婦ケンカ
前回のスイスで専門医の診断を受けた日記の後、色んな
方々から励ましやアドバイスのメールを頂きました

ありがとうございます

来週はその専門医から紹介された次のトリートメント
(リハビリ)の専門医に会ってきます

前回の専門医の件に関しては、結局のところ納得できな
いままですが、次の医者にまわされたので

また予約を入れお金を払ってまでその医者に会う必要も
ないかなと、そのまま次に進む事にしました

だってさ、椅子にふんぞり返ってちょっとした動きを見
ただけなのに診察料金が30,000円なんですよ!!
機材なんて何にも使ってないのに、、、

話すとまた怒りが込みあがってくるのですが
それはまぁ過ぎたことなので良しとして

もっと厄介なのが、夫婦ケンカ後の尾が引いたまま
である事

家の中がとても息苦しい、、、

毎日ラムと共に顔を見合わせ、深いため息をついてます


子連れ婚の難しさなのか、いやいや
これは国際結婚の難しさ
喧嘩してみて
似てるようで、似ても似つかぬ文化の違いと言うか
根本的な考え方や習慣の違いを感じます

愚痴っててもしかたないので

なるようにしかならないと

前向きになんとか頑張ってみようと思います
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-27 08:57 | Switzerland
ラムのウォーミングアップ コントーションチャート図
d0088142_21175578.jpg


ラム1人でのトレーニング時の
ウォーミングアップチャート図です

参考になればと思いアップします
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-26 21:22 | Contortion
今日、スイスの専門医に会ってきました
今日、スイスの専門医に会ってきました

専門医の意見は、

自由に歩けてトイレにも行けているのならば何も
問題は無く、手術や他の治療を考える必要は無い。
手術にリスクはつきもので、支障のない生活が
出来ているのにそんなリスクを負う必要がない。
何でもかんでもすぐに手術のというのは数年前の
考え方。
治したいのならばトリートメント(日本で言うとこ
ろのリハビリ運動)をしていきましょう。
手術とトリートメントを5年、10年というスパンで
見比べた場合、回復した人と回復しなかった人の
統計に大差はなく、それならば絶対にリスクの少な
いトリートメントに賭けるのは当然の選択。
大切なのは何が一番リスクが少ないかと言う事だ!

と言い切り

同行した妻も100%でその意見に賛成しています

納得できないのは私だけ、、、、

何よりもリスクが無いことを優先するスイスらし
い考え方なのですが、今が大切な私にとっては
何の解決策にもなっていない

今現在起きている痛みや痺れはどうなるの?

それで仕事に支障が出たらどうすればいいの?
いや、すでに私の仕事には支障が大有りです

5年10年かけてリハビリしてみてその結果変わら
なかった時はまた話し合いましょうって事??
5年10年ってそんな簡単に試して見れる期間じゃ
ないでしょ!!

んー 今が何よりも大切なんだけどなぁ、、、


帰宅してから、妻とその事について話したら
意見が対立して大喧嘩

しまいには、「日本の遅れている医療や考え方を
信じているからスイスの医者の言う事が信じられ
ない」まで言われて、、、、

私は医療や考え方が遅れてるかなんて知らないし
知る必要もなく、治ればそれで良し!!

スイスの医者の言う事が信じられない訳ではなく

これがスイスの一般的な流れと言われ、
高額な民間保険加入に始まり、ホームドクターから
順を追って個人専門医までやっとたどりついた結果
新たにMRIも撮らないで、持参した半年前のエックス
線写真を眺め、簡単なポーズをとらされただけ

しかも、何人もの日本の専門医が簡単では無いと
判断してきた資料を見て

こんなにも簡単な判断で終了って、、、

外見から判断するのは良くないが、まともな検査
設備も持たない高級志向の社長室のような診療所で
ふんぞり返って話すこの医者よりは、色々な検査を
経てその結果の数値や写真から方法や可能性を話し
てくれる日本の医者の方がまだ信頼できる気がする


私の身体を心配するからこそ熱くなり喧嘩する
妻の気持ちは嬉しいのだが

私のそんな気持ちを話したところで、日本の診察を
知らない妻には納得できるはずも無く、ましてこれ
がスイスの普通の診察として育ってきたのなら、な
おさら私の言う事が理不尽な言い掛かりにしか見え
ないだろう

そう思うと話す言葉も出てこなく
ため息しかでない、、、

その私のしぐさを見て、バカにされたと思ったのか
更に怒りを増し最悪の空気

しまいには、トレーニングしているラムにまで難癖
つけて当り散らすしまつ

その妻の行動 (良いテンション維持を心がけトレー
ニングしている人の気持ちを害する行為と、ラムへ
の攻撃)は、私の一番の怒りを誘う行為で

こうなったら、もうお互いに引き所の無い最悪の
状況

これから何日間この険悪な空気が我が家に続くのか
それを考えると胃まで痛くなってくるので考えない
ようにします


話を戻しまして、

そのスイスの医者が薦めるトリートメントと言う
トレーニング方法には指導者として興味があるので
他の医者の診察を受ける前に、もう少しこの医者の
指示に従ってトリートメントと言うトレーニング方法が
どんなものなのか見てこようかな

なんて思ってます

さて、トリートメントを受け、さらに仕事を続けていく為
には痛み止めの薬を出してもらう必要がある

妻は怒ってて医者にはついてきてくれないだろうし

ここは、

ラムに通訳としてついてきてもらうしかないか

大丈夫かな、、、ラムの通訳


なんでイイ歳しててもう少し大人になれないのか
と成長の無い自分に腹が立ちます
そして、ラムにまで飛び火してしまいゴメン

-------------------
追伸

こんな指導者に習った練習方法を続けているといずれ
自分も故障するのではと不安になっている日本の生徒
がいると思うので、ここにちゃんと反論を書かせていた
だきます

私はちゃんとした指導者について習っていないので
正しい練習方法を知るまでに遠道や色んな間違い
そして無理な事もしてきました、私の故障はその間違いや
無理がたたっての事とはっきりと言い切れます。

故障によって、日記でも書いているような結果が私の
身に起こり後悔する気持ちもありますが、でもそれが
あったがゆえに身を持って間違いを理解でき、経験ある
指導者や正しい指導方法ともめぐり会えた訳で、それは
決して無駄な時間でなかったと思っています。

当然ながら娘には私と同じ間違いや辛い思いをさせたく
は無く、それでいて私の成しえなかった夢を追い続けてく
れている娘を応援してやりたい。その為にも最善の指導
法を目指し指導に尽くしています。
それで得た知識と経験をもって生徒にも同じ気持ちで
指導しています。

もし私が過去に早くしてちゃんとした指導者とめぐり会っ
ていたならば、きっとこんな故障は無かったと思います。
しかし、当時の日本にはそんな指導者はいなくてイン
ターネットも今ほど便利に普及してはなく、海外への
壁も今以上に感じられた時代でした。
時代や過去を責めてもしかたないので気持ちを切り替
え、これまでの私の経験が娘や生徒のこれからに生か
されてくれればと願っています。
そして、私自身が見ることの出来なかった世界を共に
私にも見させてくれれば嬉しいなと思ってます。
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-26 14:14 | Switzerland
コントーショントレーニングのせめ所
コントーションについての質問があったので基本と
なるトレーニングのせめ所をここに書きますね

コントーションは 柔軟、バランス力、筋力の3つ
の要素からなる演目です

トレーニングは、この3つの能力を伸ばしていくの
ですが、その中で最もウェイトを占めるのが皆さん
ご存知の柔軟です

柔軟の柱はさらに大きく3つに別れ

d0088142_8192811.jpg


肩関節脊椎(せきつい)股関節の3つを主軸に
可動領域を広くするストレッチを行っていくのです
が、その時にせめるポイントはこの5つ

d0088142_8201578.jpg


指導者によって6つとしている人もいるのですが
うちの場合は、Nのラインの首は筋トレの時に
ブリッジでストレッチするのであえて含めないことに
しています

いろんな生徒を指導してきた経験からなのですが
体操をやっていた人は1番が既に可動範囲が広い人
が多く、バレエをやっていた人は5番が既に可動範
囲が広い人が多いです
ダンスや我流(独学)でストレッチをやってきた人は
4番だけが既に可動範囲が広い人が多いです
開脚を見ると更にいろんな事が見えてきて、空手や
相撲、柔道、カポエイラそれぞれに得意な可動範囲
というのがあり、それを見ると高確率で生徒の過去
のスポーツ歴なんかを当てることができます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-25 08:26 | Contortion
家族それぞれに自由な時間を満喫
週末は天気も良く大道芸日和だったのですが
たまには休みをと思い、家族それぞれに自由な
時間を楽しみました

d0088142_824377.jpg


ラムは最近同じクラスに転入してきて仲良くな
ったインド人の友達の家に遊びに行きました

d0088142_8251649.jpg


しかも電車に乗って!!

ラムの世界がどんどん広がっていくのは親として
とっても嬉しい事なのですが、その分心配も増え
ますね

d0088142_8262125.jpg


今回ははじめて行く友人の家だった事もあって
そっと妻がラムの後を着いて行き無事に到着する
のを確認し

その後、妻は母とダウンタウンで待ち合わせし
ティータイムを過ごしたそうです

私は書類の整理。今まで書き記してきたノートを
引っ張り出し想い出にふけりながら、これからの
ラムの練習課題づくりと、コントーションの事を
ノートにまとめていました

改めてノートを見直すと、いろいろな事を書いて
あるのに驚かされると共に自分の記憶力が弱くなっ
てきている事に気づかされ悲しい気持ちになります

その時に思った事や夢なんかも書き留めてあるので
すが今になって見ると、よくこんなこと書けたな
なんて思うような恥ずかしい事なんかも書いてあり

このままラムに渡せないな、と改めて、まとめ直し
作業の必要性を感じます

でもそんな中に、

当時私が独身の頃、キッズクラスの指導に就いた
ときに書いた一文で

「いずれ自分の子に教える時の為にもしっかりと学
んでおかなければ」となにげなく書いた文があって
驚きました

その当時のノートが今こうして役に立ち、その言葉
通りに、娘に教えているのがなんとも不思議な感じです

さてこの前のベルンの日本人会の新年会での映像を
少しだけアップしました



今回アップしたのはラムの新しい演目の部分

なので、安定感はまだ低いですが
これから更なる安定を目指し頑張るつもりです

今週は、私が始めてスイスの専門医と会う
アポイントが入っています

そして週末にドイツのフライブルグの新年会へ
出演します
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-24 08:21 | Switzerland
再びBernにきています
d0088142_8403212.jpg


ラムの変顔写真からの日記スタートで申し訳ありません
今日は再びスイスのBernに来ています

今日は大道芸の場所の下見と、免許の書換え手続きの為

d0088142_841162.jpg


バスに乗り換えて向った先は

d0088142_8422289.jpg

日本大使館

ここで日本の免許証などの証明書類を作ってもらわなければ
ならないとのこと

運転できることを証明する免許証のそのまた証明の書類!?

なんか考えると変てこなのですが、必要ならば仕方ない

手続きは簡単に終わりました

d0088142_8424761.jpg


あとは、駅に戻って大道芸場所の下見

だーれも大道芸している人を見かけないのですが
これは取締りが厳しいからなのか、寒いからなのか
判断に苦しむ

こんなことなら大道芸の大先輩トシさんに場所を
いくつか聞いてくるんだった、、、と

たいした成果も得れないまま引き上げです
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-21 20:39 | Switzerland
ラムのキャリア5年目にして2度目となる海外で初の出来事
大道芸をしていると

「可愛そうな子供、、」

「親なのに子供を働かせて、、」

そんな言葉を吐いて通り過ぎていく人がたまにいます

もう20年近くパフォーマンスの世界にいて大道芸とサーカ
スを行き来していると性格が図太くなると言いますか心も
鍛えられ、そんなヤジはどうでもよくなってきます
どうでも良いって言い方は良くないですよね、言い換える
ならば、感情任せにネガティブな言葉を吐いて周りを不愉
快な空気にする奴なんかの責任持てない発言にいちいち腹
を立てるだけ無駄! そう思えるようになってきます
大切なのは自分たちの心の持ち方で、三人観てくれている
人がいるとその見方も思いも三人三様、1人のヤジで崩れ
るショーより、1人の拍手を大切に最後までちゃんとした
ショーをしようってな感じです

ラムも今年で5年目に突入するわけですが、幼いなりにも
そんな環境で鍛えられ心も強くなってきました


さてさて、前書きはこれぐらいにしまして
話を本題に戻しましょう

私たちの大道芸をどう見ようが、どう思おうが自由ですが
それを独りよがりな考え方で勝手に事実まですりかえられ
ては困りますネ


新年早々、スイスで重装備の警察に取り囲まれました(笑)


こちらにしてみれば道路で大道芸やらせてもらっていると
いった負い目ぐらいなもので、それもルールーに従って
やっているから取り囲まれるなんて大それた事をした覚え
はありません
パスポートやID 提示を要求されたのでそれに従い、質問に
答えていると警察官が不自然にラムと私を引き離していく

しかも遠くの方で偉そうにこちらを指差し警察に話してい
る怪しい人、、、、、

始めは私もなぜそれが起こったのか意味不明でしたが質問
の内容でしだいにそれが理解できてきました

遠くの方で偉そうにこちらを指差し警察に話している怪し
い人、あいつが警察にありもしない何かを吹き込んだんだな!!

そう思ったので私を疑っている警察官に「ラムはドイツ語
少しわかるから怖がらせないようフレンドリーに今日の
大道芸の出来がどうだったかを聞いてみてよ。その答えで
全て判断すればいい。あとラムの夢も聞いてみてあげて
ください」と話すと、私の事を疑いながらもドイツ語が少し
わかるラムのもとに行き質問し始めた

実はこの「今日の大道芸の出来」「ラムの夢」ってキー
ワードはラムの地雷なんです
ラムは夢が叶っていくサクセスストーリーを自分の中で
もっていて(まぁ見方を変えると都合よく出来ている物語
なのですが)それが否定されたり、思いと違うとイライラし
始めます

まぁどうなるか先の展開がわかってたので待っていると
予想通りラムがその質問にヒートアップする声が聞こえ
てきました

「何で大道芸はだめなの?だったらなんで悪いことを皆が
拍手して喜んでいるの?」「ラムはかわいそうな子じゃない!
ラムが頑張って集めたお金をかわいそうな人たちの募金箱
に入れてるんだよ!!」とヒートアップして警察に詰め寄って
いる声が聞こえてきた

こうなったラムは少し厄介です

そんなラムと警察のやり取りに周りで観てくれていたギャラ
リーも参加する形となって、警察官はバツが悪そうに私の元
にかえってきた

そして、警察官の口から

私たちの大道芸を見かけて丁寧にも警察に通報してくれた方
がいた事を告げられました

その内容が、

「幼い子供が寒空の中、悪い大人に働かされている」

といったなんともドラマチックなもの

それを受けて、重装備の警察官が箱車に乗ってやってきて
私たちの大道芸を取り囲んだとのことです

遠くの方で偉そうにこちらを指差し警察に話している怪しい
人が通報した本人らしく、警察に事実の説明を受け
「そんなの私は知らない」と逆切れしてるのが見える


「これを悪いこととは言わないけど、中には気分を害される
と思って見ている人や、勘違いをする人もいます。皆が心地
よく生活できる環境づくりを心がけてください」
と私たちは警察官に注意され、

この場はこの警察官の立場を立て私たちは帰る事としました


ラムのキャリア5年目にして2度目となる警察沙汰。
しかも海外で初となる警察沙汰の出来事でした
(一回目は横浜だったなぁーなつかしい)

ラムの成長の記録にココに書き記しておこうと思います


d0088142_21441850.jpg


他の人の評価は時に勝手で無責任だけど、その反面
時に温かく心強い2つの顔を併せ持っています

他の人によって生かされている事、他の人の存在の大切
さを忘れることなくこれからも更に5年10年と良い経験と
出会いを積み重ね、私以上の良い人生を歩んでいっ
てくれる事を親として願っています

普通の生活では体験できないスリルある経験をさせちゃ
っていることは事実で、それに関して親としてほんの少し
申し訳なさを感じていますゴメンナサイ
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-01-19 20:42 | Switzerland