<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
大道芸、何があるかわからないところが面白い
今日は悪天候の続く中日で更には気温も寒く人通りも
少なめ

d0088142_13464616.jpg


道行く人たちの足取りも速くスタート時はこの人数

d0088142_1347918.jpg


それでもめげずに、テンション高めて頑張るラム

d0088142_13474346.jpg


「何かやってるぞ」と、目で追いながら
それを気にも留めず通り過ぎて行く人の流れ

皆それぞれに目的を持って、そこに向って歩いて
いるのだからしかたがない

d0088142_1348715.jpg


でもそんな中
ラムの気持ちの入った演技に空気が変わり
道行く人たちの足がピタリと止まります

d0088142_13484364.jpg


ここからが、ラムの勝負所でスタートライン!!

最後まで演目を見てもらえるか、それとも途中で立ち
去るかの勝負

d0088142_1349932.jpg


多くの人に最後まで見てもらえ
さらにご褒美の投げ銭をもらってご満悦の表情


それもつかの間、次のショーでの出来事

アジア人のツアー客がラムを取り囲み
そのツアーガイドに頼まれてショーを始めたラム

ショーも盛り上がり最後まで観たその後の
ツアーガイドがツアー客に言った一言

「これは大道芸でタダだからお金はあげなくても
良いですよ」

そして、ツアーガイドはラムにも一言

「ありがとう。楽しかったよ。頑張ってね」

ツアーガイドは悪ぶれた様子も無く、それが当然の
事のごとく、笑顔でツアー客と共に去っていった

それによってテンションがガツンと落ちたラム

ツアーガイドの大道芸への邪(よこしま)な考え方と
おせっかいな一言にも笑えるが
ご褒美の投げ銭をもらえると期待していたラムの気持ち
が崩れていく姿を横で見てたら

それがなんとも可笑しくて

笑ってはいけないとわかっていても
こらえきれなくて噴いてしまった(笑)

大道芸、何があるかわからないところが面白い


こんな話で締めくくってごめんなさい

寒い中、足を止めて大道芸を観てくれた皆さん
ありがとうございました
そして、ブログを読んで応援してくれている皆さん
ありがとうございます
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-27 00:45 | Switzerland
2011年のスケジュール
今年からの出演日程に関しては、ラムの学校を優先し
学校の休日を基準に出演を考えていこうと思っています

今年はすでに、いくつかの大会やフェスタへエントリー
しています
今はその出場枠を得れるかどうかの結果待ち
来週そのうちの一つの大会の結果発表がありドキドキし
ながら結果を待っています

d0088142_10554348.jpg


その結果を見てから日本行きのチケットを購入しようと思
っています

今のところ、日本には夏休み中に一時帰国の予定
7月前半はスイスで出演予定が既に入っているので
7月中旬から8月前半までの帰国になりそうです

日本からの出演依頼や合同練習のお誘い待ってます!!
よろしくお願いします

---------------
ラムの学期
前期  2010年 8月 9日 ~2011年 1月 21日
後期  2011年 1月 24日 ~2011年 7月 1日

ラムの学校の休日

カーニバル休み
    2011年 3月 5日 ~2011年 3月 20日
ファスナハトカーニバル日
    2011年 3月 14日 ~2011年 3月 16日

春休み 2011年 4月 21日 ~2011年 5月 1日

夏休み 2011年 7月 2日 ~2011年 8月 14日

秋休み 2011年 9月 25日 ~2011年 10月 10日

冬休み 2011年 12月 24日 ~2012年 1月 2日
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-26 10:36 | スケジュール
じいじへ ラムより
ビデオレター



ラムの新技だよ



元気出して頑張って下さい
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-22 23:33 | ラムの日記
トシさんの引越しパーティー
今日はトシさんの引越しパーティー

電車に揺られて1時間、Biel/Bienne に向います

d0088142_21213431.jpg


今年に入ってはじめてみんなで集まる場と
あって楽しみ

d0088142_21214534.jpg


それにしても、Biel/Bienne に近付くにつれて
寒くなってくるのはナゼ??

Biel/Bienneはそんなに標高が高いのかな
それとも昨日の大道芸で風邪ひいたかな

ラムと話しているうちにあっと言う間にBiel/Bienne
の駅に到着

駅でローザンヌから掛け付けてくれたキヨさん、その
友人のトワミさんたちと合流しトシさん宅へ一緒に向
いました

トシさんの新居に到着

d0088142_2122181.jpg


中に入って皆で持ち寄った食事を並べパーティー開始

d0088142_21222913.jpg


お腹を満たした後は、トシさん家族のミニコンサート

d0088142_21224541.jpg


マサシ君の12絃ギターの演奏にビックリ
上達の早さにいつも驚かされます

d0088142_2123116.jpg


最後に全員で記念撮影

楽しい時間をありがとうございました

(写真提供:周さん)
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-20 21:20 | Switzerland
とってもハイテンポで楽しいパフォーマンス
来週から気温がグッと下がるらしく
こんなに良い天候の中で大道芸できるのも
今日が今月最後なのかなと思いながら

いつものFreiestrasseにきてみると
はじめて目にするチームが
すでに大道芸を開始していました

d0088142_21194386.jpg


ヒップホップダンスと寸劇をミックスした
とってもハイテンポで楽しいパフォーマンス

d0088142_21195468.jpg


他の国ではストリートダンサーはよく見かけるん
だけどバーゼルの大道芸ではめずらしく
ラムも見入っていました

若い世代の新しい風が入ってくると良いですね

今日のメンバーは、
フィリピン人の木琴ミュージシャン
ストリートダンサー
アコーディオンが2組、そして私たち

そんなメンバーの中、私たちはショートスタイル
のショーを合計10本行いました

見てくれた皆さん
ありがとうございました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-19 21:18 | Switzerland
運転免許証の手続き
d0088142_2072049.jpg


今日はこちらでの運転免許証の手続きの為にラムと
一緒にコントロールオフィスまでお出かけ

d0088142_2073470.jpg


少し町外れにあるんだけど

d0088142_2074875.jpg


最近、どんどん開発が進み急激にこの辺りが開けて
きている


今のうちに家賃の安そうなこの辺りに引っ越した方が
得なのかな?? なーんて考えながら
少し離れたコントロールオフィスまで歩きます

d0088142_208585.jpg


ようやく建物が見えてきました

d0088142_2081833.jpg


書類を提出すると「あとは審査して送るから」と
言われてあっけなく終了
d0088142_2083184.jpg


思っていた以上に早く終わり時間が余ったので
そのままダウンタウンにお出掛け

d0088142_2084568.jpg


骨董市場をぶらりと歩いて駅に向うと

d0088142_209011.jpg


「あっ!! 木の根を吹いている人がいる」

とラムが言うので、見てみると本当に
木の根を吹いている人がいた

そんな、のどかな一日を過ごしました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-17 20:06 | Switzerland
指導の考え方の違い
今まで色んな国でアクロバットやサーカスの指導者とし
て働いてきたのですが、国や学校によって指導方法も考
え方も大きく異なります

そんな中から、中国のサーカス学校とスイスのワークシ
ョップでの指導の考え方の違いについて書いてみたいと
思います

中国のサーカス学校では

「辛さを乗り越えて得た喜びは自信となり一生の財産と
なって残る」

そして更に

「子供たちそれぞれの有する能力を伸ばしつつ社会で生
きていくための基礎となる精神を培い、サーカス界で
必要とされる人材に育成する事が指導者の役目」

といった考え方

今現在、スイスで指導者しているのですが
こちらの指導は

「押し付けや、詰め込みを強いられて育った子どもたち
は潜在的に嫌だという気持ちも同時に植えつけられ、い
ずれは遠ざかろうとする」

という考え方に基づいた

「子どもたちが嫌がるようなことからは何も得られない
子どもたち自らの意思で取り組み解決、成長していくこ
とが大切。子どもたちがもつ成長していく力を信じその
秘められた大きな可能性を導き育てていくのが指導者の
役目」

といった考え方

中国ではないにしろ同じアジアの日本で育ったった私か
らしてみると、ここスイスの指導方法は少し甘い理想論
にも思えてしまう
おとなりドイツはこれとは全く違いもっと厳しいです


今日再び中国の指導者と連絡を取り合った時に、その事
を話すと

「まだ未成熟な子供にそれを期待しても無駄。しっかり
とした目標、逃げないで向き合う環境を与えないと、楽
しい事以外からは逃げてしまい、いつまでたっても上達
は見込めず社会で生きていくための基礎となる精神すら
育たない。子供の目標への方向付けは大人の役割であり
指導者も同じ」

そう言われました

スイスと中国では相反する考え方ですが、両方共に納得
できるところがあり、自分はどういう指導者であるべき
なのかを色々と考えてしまいます

さてさて、

今までは体育館の場所を借りて他の指導者と共にアクロ
バティック教室を引継いで指導させて頂いていたのです
が、それとは別に今年からは私のアパートの一室でコン
トーション教室を開始することになりました

部屋の掃除も終えて、後は壁一面に鏡を入れるだけ
今はラムと私の練習部屋に使っています

d0088142_2033542.jpg


d0088142_20332227.jpg


ラムも時間に縛られず伸び伸びと練習できて嬉しそう

今、年間のスケジュールを組んでいるので、日本からの
参加を希望する人がいましたら、希望する期間などを
知らせて下さい。できるだけ調整しようと思います
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-15 23:57 | レクチャー&道具
今日も晴天、最高の大道芸日和
今日も晴天、最高の大道芸日和

ラムのテンションも絶好調

d0088142_962699.jpg


d0088142_963983.jpg


d0088142_965392.jpg


近くのショップの店員さんや他の大道芸人も

「ハイ、ラム!!」

と声を掛けてくれるようになり嬉しいかぎりです

d0088142_97823.jpg


ショーを終えて投げ銭をもらうラムを見ていると

d0088142_97282.jpg


なにやら、先ほどからラムの周りを物言いたそうに
うろうろしている子供が居ます

いつもなら、子供には優しく笑顔で接するラムが
困った表情をしているので近づいてみると

d0088142_975515.jpg


子供がラムに何かお願いしている

「この子、ディオさんのマスクをつけてみたいって
言ってるんだけど良い?」

そんなのはお安い御用です!!

d0088142_981241.jpg


この子の可愛イイ姿に癒され、そして再び大道芸開始

d0088142_983833.jpg


d0088142_985435.jpg


d0088142_99811.jpg


本日は合計8本のショーを行ったのですが、ラムは
数をこなす中で気持ちのオンとオフの切り替えを
体得したみたいです
その変化がスタミナに現れ、8本やってもまだ疲れを
見せなくなりました

d0088142_992443.jpg


次の課題は1つ1つの演技への集中力を
もっと高めることかな。それができたら、いよいよ空中芸だね


見てくださった皆さん、応援に駆けつけてくれた方々
ありがとうございました
親子共々頑張りますので、これからも応援ヨロシク
お願いします
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-12 22:05 | Switzerland
妻の職場のファッションショー
今日は妻の職場のファッションショーに行ってき
ました

ファッションショーと言ってもプロのファッショ
ンショーではなく、裁縫学校の生徒たちによるフ
ァッションショーで作った本人自らがモデルとな
って出演するといったもの

卒業生の中にはプロとして活躍している有名人も
いるので、この中に未来の有名デザイナーなんか
もいるのかもしれませんね

いよいよショーの開始です

d0088142_817303.jpg


オープニングアクトは生徒によるダンスさすがに
これに妻は参加してませんが、なかなかのダンス
でしたよ

d0088142_817449.jpg


そして、スポンサー企業名の読み上げがあって
ショー開始です

d0088142_818329.jpg


色んな国をテーマにしたファッションが次々と
登場してきます

d0088142_8185027.jpg


そして、妻の出番

d0088142_819537.jpg


日本をテーマにした着物ドレスでの登場

d0088142_8192071.jpg


ふとラムの方を見ると、なんだか変な表情

d0088142_821938.jpg


それもそのはず、実はラムの実の母の職業は
モデルだったんだよね
ラムもそれを知ってる事から少し複雑な心境のよ
うで素直に喜べない様子

その気持ちは解らんでもないが、ここでは何も言
うではない!!


そして、ショーも無事に終わりパーティーに参加

d0088142_822062.jpg



妻の家族と共に食事をしていると、ここでも何か
を言いたそうにしているラム

その場の雰囲気を壊す爆弾発言が出るんじゃないか
とハラハラして

私は最後まで楽しめないまま、疲れただけで帰って
きました


その帰り道

d0088142_822406.jpg


トラムの中で、映画さながらのアクションでケンカをし
警察に捕まっている人が居ました

悲しくも私の今日一番印象に残っているのは
このケンカかも


さて、明日も大道芸頑張りまーす
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-11 22:16 | Switzerland
180度横開脚は骨盤の形状によって 出来る人と出来ない人がいる!?
関節の基本的な考え方

まずはこれらを準備して下さい

d0088142_545503.jpg


それらを使い下に従い工作をします

d0088142_546328.jpg


下の図のようなものが出来ましたよね

d0088142_5461381.jpg


実はこれは私の教室でひざの関節の説明に用
いる模型です

「えー」って思われる方もいるかもしれませんが
ひざの関節の作りはこんな感じなんです
よく出来た模型だとお医者様にお褒めの言葉を
もらったこともあります!!

ピンクの三角が皿と一般的に呼んでいる骨で
ヒザの部分です
下の図のように逆の方には曲がりやすいですが
ピンクの方には曲がりづらいですよね

d0088142_5464077.jpg


ホームセンターなどでいろんな関節金具が売ら
れていますが、今回作ったモノはそれらと比べ
るとよりヒザの関節に近いのではないかと思い
ます

d0088142_546254.jpg


人の関節にもいろんな種類のものがありそれらを
トータルすると260個以上あると言われています。
それら全ての関節は、筋と筋肉、軟骨、皮膚など
で周りを覆われ、それによって骨と骨が離れない
よう繋がれています。
それらを繋いている筋肉がバネのように伸縮する
ことで関節を動かしているというのが人の関節の
仕組みです

つまりは先ほどの工作で言うところのタオルが今
お話した筋と筋肉、軟骨、皮膚というわけです

それをしっかり頭に入れて本題に進みましょう


最近なぜか、「180度横開脚は骨盤の形状に
よって出来る人と出来ない人がいる」と言って
くる人が多くいます

そのほとんどの人が関節をこう考えています

d0088142_5465542.jpg

これは間違った考え

確かに骨盤が特殊な形状で出来ない人も稀
にいるかと思いますが、まず普通の人で
そんな人はそういないです

レントゲン写真を見た医者が、生まれながら
にして特殊に変形した骨盤ですと認めた場合や、

以前うちの生徒にもいましたが、関節に特殊な
障害を抱えた人以外ならば

普通の人のほとんどは、練習によって180度
開脚は可能です

d0088142_5471090.jpg


正しくは、工作で作ったものと同じく
関節の骨と骨の間には元々隙間があり関節の
動きによってその隙間の広さは変わります
(靭帯や筋肉の話はここでは複雑になるので
触れないでおきますね)

図のようにストレッチトレーニングで筋の伸縮を高
めることによって、その隙間を更に広くしたり狭く
戻したりという事ができるようになり
それがしだいに可動範囲を広げていくのです

バレエや相撲、新体操、ヨガなどでも180度開脚し
ている人を見かけたことがあると思いますが、その
人たちのほとんどが練習によって得た180度開脚

正しいトレーニングと持続のたまものなのです


口ばかりが達者で、できない事を何かにかこつけたい
が為の言い訳に
「180度横開脚は骨盤の形状によって出来る人と
出来ない人がいる」
と言う人を多く見かけます

私もこれまでに筋を切ったり、気持ちの甘えから
トレーニングをなまけてしまって
開脚が出来なくなってはまたトレーニングでできるように
なってを何度も繰り返してきました

毎日続けるという事は簡単そうで難しいことです
いちど途切れると気持ちもそこで折れてしまい
なかなか再開できなくなります

でもそれゆえに
得たものはそう簡単には真似できないモノであり
多くの人ががあこがれる技なのだと思いますよ
共に頑張りましょう
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-02-09 05:43 | Contortion