<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
すっかり仲良しになっちゃいました
この前の日記に書いた日本人のバイオリン少年の事を
覚えていますか

彼の両親からお宅に招かれ遊びに行ってきました

d0088142_505772.jpg


彼の住む場所は同じ街だけど私たちの住んでいる場所
からはダウンタウンを挟んで反対側にあり、トラムの
乗り換えを含むと片道30分ぐらいかかる

まだ子供だけで行き来するのは無理かな。残念、、、

d0088142_512075.jpg


二人共こうして遊んでいる姿は年相応の子供だね

ここのところラムがスランプに入ってて、親子として
の時間よりも指導者と生徒としての時間の方が多かった
から、こうして無邪気に遊んでいる姿を見ると

なんかホッとする

そう言えば私たちがスイスに来て間もない頃にトシさん
のお宅に誘われてラムとBielに行ったのを思い出す

あっ!! そうだ

トシさんのところのマサシ君とバイオリン少年こと
コウジュ君を会わせてあげれば良いんだよね

お互いにキッズミュージシャンで男の子同士だから
話も合いそう

早速両方の親に打診してみようかな

d0088142_52676.jpg


こんなところにカモが!!

まるまる太ってて可愛いなー
カモ鍋にして食っちゃうぞ(笑)

今日は楽しい時間をありがとうございました
これからもよろしくー
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-29 23:59 | Switzerland
新しい従姉妹の誕生です
イベント出演が終わりホッと一息ついたのも束の間

一本の電話に妻が感極まって奇声を発した!!

何事かとラムと駆け寄ってみると、ラムの新しい
従姉妹の誕生の知らせ

d0088142_2491231.jpg


すぐ出かける用意をして、家族と合流し病院に
向かいました

d0088142_2494671.jpg


病院の案内がドイツ語で全くわからない、、、
それらしい病棟をうろうろしていると

d0088142_2495863.jpg


病院らしからぬ、お祝いの花が飾られた賑やかな
病室を発見

ここで間違いないらしい

部屋の中に入ると、出産を終え疲れながらも幸せそう
な顔で子供を抱きかかえる妻の姉の姿があった

d0088142_2502037.jpg


旦那さんがミルクを与えるのに抱きかかえたので
その横に行って近くで見てみると

ヨーロッパの赤ちゃんは生まれながらに人形のよう

アジアの猿っぽい赤ちゃんとは違うね

両方どちらも可愛くて好きなんだけど、青い目の
生まれたての赤ちゃんをこんな間近で見たのは
初めてだったので感動しました

青い目の血統が入った白人の赤ちゃんって、生まれた
時は青い目で、それからいろんな色に変化していって
最後に落ち着いたところで色が決まるんだって

純血日本人の私やラムにとっては不思議な感じです
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-26 18:47 | Switzerland
9.25 Zugバザーウシの小屋2011
アフリカの子供たちに何かできないかとユニセフ
とは別に、直接現地と連絡を取り合いながら支援
活動している日本人団体がスイスにあります

d0088142_217474.jpg


そのチャリティーイベントがZugで25日に行われ
ました

d0088142_217827.jpg


私たちも出演してます

こちらのリンクからその時の様子が見られますよ

http://www.swisswondernet.com/?cat=50

応援してくれた皆さんありがとうございました
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-25 22:14 | Switzerland
バーゼルの大道芸ルールと取り締まり
まったく誰が無茶やっちゃったんだ、、、

d0088142_8445335.jpg


先週の新聞でも告知があったのですが
大道芸の一斉取り締まりです

誰かが住民と問題を起こすか苦情が相当数
入らない限り無いらしいのですが

今回は特に厳しく取り締まっています
いつも大道芸人の居る場所や
街のいたる所に警察官が立っています

そして、15分間隔で警察に出会うぐらい
いくつもの取り締まりチームが街をくまなく
巡回している

d0088142_845179.jpg


そんな中で私たちは大道芸を開始しちゃいました
ルールに引っ掛からないように、いつも以上に
注意しながら音楽なしで大道芸していたのですが

開始早々、警察官が2組みやってきました
私たちの大道芸を2組で囲むようにして眺めている

ショーが終わると、こちらに寄ってきて身分証を
確認し30分以内に立ち去るように警告し立ち去って
行った

ここバーゼルには街で決まっている大道芸のルールが
あります

 ・客引き行為などを行ってはいけない
 ・物販を行ってはいけない
 ・火を使ってはいけない
 ・生音の楽器以外は使ってはいけない
 ・音響機器は使ってはいけない
 ・その場に30分以上居てはいけない
 ・身分証を常に持ち歩く
 ※・平日は12:00から14:00と16時以降
 (これは街の中のさらに細かい管轄でのルールらしい)
 ・土、日、祭日は10:00から20:00

などである

それ以外には、大道芸人たちの中でのルールと
商店街の人たちとの取り決めがあります

 ・できるだけ道具はきれいにまとめ通行人の
  邪魔にならないようにする
 ・隣の大道芸人の邪魔にならないよう距離を置く
 ・お店やビルの出入り口では大道芸を行わない
 ・観客の出したゴミは掃除する
 ・車の通行を妨げない
 ・飲食店のオープンテラスのお客さんへのチップ強要禁止

などです

街のルールに違反した場合は

 警告 < 罰金キップ < 連行 or 禁止勧告

となっています

無茶して苦情が上がるか、住民からよっぽど嫌われて
いない限りは、警告止まりなのですが
今回の取り締りでは今までにない
厳しい罰則を受けた人がいたそうです

仲良くしている警察官の話だと

スイスパスポートを持たない外国籍の大道芸人が
ゲマインデのビザ発行取り決めに違反したとして
滞在許可証を取り上げられたらしいです

さすがにこれは痛い、、、、

いわゆるパスポートに傷がつくとか、再びビザがとれなく
なるブラックと呼ばれているヤツです

恐ろしや、、、、、

いずれ、ラムか私のどちらかが
スイス国籍とっといた方が良いのかな
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-24 23:42 | 各国の大道芸スポット情報
ご迷惑おかけします
今、スターバックスから更新中

我が家のビルのネット回線に問題があるらしく
しばらくインターネットできません

メールもチェックできないので
急ぎの連絡などは
スイスの携帯までよろしくお願いします

ご迷惑おかけします
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-19 22:46 | ディオの日記
バーゼルのカンフー教室発表会
今日はバーゼルでカンフーを教えている
友人トーマスのクラス発表会に行ってきました

d0088142_6304765.jpg


神にお祈りを捧げ

ライオンダンスからのスタート

d0088142_631278.jpg


いつになく真剣な眼差しで生徒を見守りながら
太鼓を叩くトーマスの姿が実にカッコ良い

d0088142_6322378.jpg


この日は彼の恩師たちも駆けつけトーマスと生徒の
演技を上座から手を組んで眺めていたのですが

d0088142_632445.jpg


彼らの一体感ある演技のパワーに取り込まれ
黙っていれなくなって飛び入り参加しちゃいました

その後、トーマスの粋な計らいで
集まった人たちに私たちを紹介してくれました

そこで、ラムは自己紹介を兼ね
カマとアクロバットの演武を披露
みんなそれをとても喜んでくれました

d0088142_6342715.jpg


皆を包み込んでいく、この一体感と熱気が
とても懐かしく心地よい

d0088142_6344887.jpg


私はアメリカのサンフランシスコにある中華街に
住んでいた時、地元のライオンダンスのチームから
ライオンダンスや棒術を学びました

d0088142_635194.jpg


この道具の一つ一つが、その時の記憶を蘇らせて
くれます

地上2mの高さのたった10cm四方しかない柱の上で
獅子頭を手に相方に担がれ舞っていた日々の事

横腹に青アザを作って頑張った練習や、その後
皆で食べた食事の味

お祭りの時の、耳鳴りがおさまる暇なく鳴り続く
爆竹のサウンド

d0088142_636468.jpg


もう一度あの街を次はラムと共に訪ねたいな
そんな気持ちにさせられます

今日は最高のエンターテイメントをありがとう


彼のクラスに興味ある方はこちらのリンクからどうぞ
d0088142_6394654.jpg


http://www.wongfeihung.ch/
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-18 22:29 | Switzerland
小さな日の丸のバイオリン弾き
行く先々で現地の大道芸情報を書いてきたので
いつかどこかでそれを見て訪れた日本人パフォーマ
と出会う日がくるかなと思っていたのですが
まさかこんなにも早くしかもラムより年下のパフォ
ーマーが現れるなんて思っても見ませんでした

今回はそんな出会いについて書こうと思います

私たちは既にこの街に来て三度目の冬を迎えようと
してます

いつの間にかこの街の常連ストリートパフォーマー
たちと打ち解け、街の人たちからも声を掛けてもら
えるようになってきました
どこの国に行ってもその街それぞれに常連のストリ
ートパフォーマーというのがいて、ここバーゼルに
もそんな人たちがいます
中には自分の食い扶持(ぶち)が減るなんて新参者を
嫌う人や、自分だけが良ければそれで良いなんて考
え方でルールや商店街の人たちの事を無視した身勝
手なパフォーマンスをする人なんかもいますが、そ
の地に長く住み着いた常連ストリートパフォーマー
のほとんどは謙虚で心優しい人たちが多いです

驚くことに私たちがこの街に来た時にはすでに一人
日本人のストリートパフォーマーがいました
それが言わずと知れた、このブログでも度々登場す
るミュージシャンのトシさん。 彼はBielを拠点に
スイスのドイツ語圏の街を回っているのでいつもバ
ーゼルに居るわけではないですが古株の常連です
今ではたまに一緒にコンビを組んだり、休日に一緒
に遊びに行ったりする程の仲にまでなりました

私がここに来てから見かける日本人ストリートパフ
ォーマーは彼と私たちぐらいで、あと他にはアジア
圏まで出身範囲を広げると中国人とインドネシア人
が一人ずつ居るぐらいでした

先週、久しぶりにフライエ通りに大道芸に行ってみ
ると私たちがいつも大道芸させてもらっている場所
にラムと同じぐらいの年頃のアジアの男の子が独り
でバイオリンを弾いていました

幼いながらも力強いしっかりとした演奏で音楽好き
のバーゼルの人たちを足止めし、ちょっとした人垣
を作っていました

私たちも観たかったのですが、着物姿の私たちが立
ち止まると人目を惹いちゃうので邪魔しちゃ悪いと
思い私たちは少し離れた場所で大道芸をはじめるこ
とにしてその場を去りました

私たちが一本目の大道芸を終えたとき、その男の子
がこちらに向かって歩いてきて日本語で話しかけて
きました

歳を尋ねるとこれまたびっくり。なんと6才とラム
より年下、そのくせ受け答えはラムよりしっかりし
ている

その子の両親も合流したので、話を聞いてみると半
年ほど前に親の転勤でこちらに引っ越してきて大道
芸するラムを目にしそれに影響され大道芸を始めた
とのこと

それを聞いてラムは、なんか照れくさそう

それも無理はない、今まで自分より年下のストリー
トパフォーマーに会ったことはなく、しかもラムに
影響されてなんて事を言われたのは初めて

それが6才の日本人だなんてサプライズが、ここス
イスで起こるとは私も予想すらしていなかった

「可愛い後輩が出来て良かったね」

とラムに話しかけると

「嬉しいけど心配なんだよね。大道芸って悪いこと
してなくても警察が来るでしょ、それに変な人も多
いから大丈夫かな。ラムはいつもディオさんが一緒
に居るから、万が一の時はディオさん置いて逃げれ
るし(笑)」

なんて返答が返ってきた

8才にもなると、なかなか言ってくれるね!!

でも冗談は抜きにして、3才から大道芸をしてきた
だけあってラムの意見はごもっとも
確かに、純粋な子供には理解しがたい辛い事や、危
ない事も多くあるので一人で大道芸するのは心配だ

私自身もラムが10才までは一人での大道芸は無理
と踏んでいて、来年は一年間、私が付き添いながら
ラムがソロ演目をこなし、それを見てから一人での
大道芸を許可しようと思っていた
治安が良いスイスや日本でも、子供を狙った卑劣な
犯罪はあるからね

まあ心配するときりがないか、、、

そう言う私も、同じ気持ちで心配してくれる人たち
の反対を押し切って、ラムと共に旅を続けてきた訳
だし言える立場ではない

家に帰ってから、ラムが同じ年の頃のブログや練習
の成果や日々の事を書き溜めたノートを読み返して
みると、いろんな思い出が蘇ってくる

危険な事も多くあったけど
大道芸をしていたからこその出会いや成長もあって
そこで得たものはとても大きかった

道でのパフォーマンスは自由ゆえに難しく
四季と人が相手だからこその厳しさもありますが
その試練の数だけ成長と喜びがあります

同じ道を歩いた先輩として、私たち親子も心から
応援しています頑張って下さい


今回は写真が無くてごめんなさい
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-17 21:03 | Switzerland
ラムの新しい学校
家族から一か月遅れでスイスに戻ってみるとラムは
すでに新しい学校への転入を済ませ新しい学校に
通っていました

今までの学校は外国人ばかりを集めたドイツ語を学ぶ
ことを主体とした学校で、7から18才までの生徒が
いるクラスでした

そこで1年間学びどうにか地元の同学年に合流できる
語学力と学力がある事を認められ、今回晴れて地元の
普通の小学校に転校することになりました

それはすっごーく嬉しい事なのですが

次の学校まで遠くて歩きで25分はかかる。バスだと
2駅先になり、そこから更に歩きで5分。
日本でもそれはあり得る事なのですが、ここスイス
ではこれからのシーズン日の出が遅くなり学校に行く
時間は真っ暗なのが心配

だからと言って学校を変えてもらうわけにはいかない
ので、我慢するしかないのですが、、、

そこで、

時間が合う時は出来るだけ送り向かいしてやる事に
しました

それと、歩きで25分はかわいそうなので新しい
キックボードをラムに購入しました

それを使うと15分で帰ってきます

しかも同じ学校だった既に仲良しの友達が同じクラス
に2人居て、一緒に帰ってきてるみたいです

そんなに心配ないかもね

私が日本から帰ってきて早々に、その新しい学校の
三者面談がありラムのクラスを見てきました

d0088142_5253761.jpg


これが新しい学校
外観は地味な感じです

d0088142_526659.jpg


一応、遊具なんかもあるのですが寂しい感じ

ラムのクラスに通されて、保護者全員が集まって
説明とそれぞれの挨拶

d0088142_5264057.jpg


内容はこんな感じ
私にはさっぱりわかりません、、、

ラムのクラスのメイン教師は現在出産間近で大きなお腹
その引き継ぎの為もあって、今はこのクラスに3人も
先生がいます
皆すごく優しそうな感じでした
中でもアートの先生はラムとすごーく仲良しらしく既に
私たちのいろんな事をラムから聞いて知っていました

d0088142_527263.jpg


これがラムの教室です
ラムの席は一番窓側で先生の席のすぐ前でした

これだとズルできないね
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-14 05:25 | Switzerland
成田からバーゼルまでの道のり
日本で携帯電話からブログにアップしたのが
うまくいってなくバグってたので
改めまして、このページに

初めてバーゼルに来る人のための道のり

をアップします

-------------
成田発 ルフトハンザ航空 フランクフルト経由 バーゼル行き
の場合

d0088142_19355012.jpg


成田空港のターミナル1の南ゲートに向かいます

d0088142_1936476.jpg


バスやタクシーは出発ゲートのある4階に乗り入れて
くれます

d0088142_19361816.jpg


第一旅客ターミナル南ウイング出発ゲートから建物に
入ります

d0088142_19362875.jpg


受け取る荷物を乗せるカートを一台ゲットしておくと
後で便利です

d0088142_19364063.jpg


S4だと荷物預所から近いので便利ですが、S1からS4
どこから入ってもかまいません

d0088142_1937446.jpg


地図ではこうなってます

中に入って建物の一番左側の壁沿いに宅配会社の
窓口が並んでいるので、宅配業者に配達をお願いした
人は手荷物を受け取りに行きます
(クロネコは入り口側から向かって一番奥の窓口です)

d0088142_19371939.jpg


荷物を受け取ったら、次に航空会社の窓口に行き
チケットを受け取り、搭乗手続きを済ませます

d0088142_19373379.jpg


d0088142_19374575.jpg


事前に予約が完了していれば、パスポートを見せる
だけで搭乗手続きから、預ける荷物の受け取り
チケット発券までの全てがここで行われます
ここで預ける荷物は目的地まで運んでくれるので
乗り換えのときなどに受け取り再び預ける事は
ありません

ルフトハンザ航空の場合は(2011年9月現在)日本から
ヨーロッパ間は23kgのスーツケース2つまで預ける事が
出来ます

d0088142_19375744.jpg


チケットと荷物受け取り控えを受け取ったら
チケットの名前(白く囲った部分)がパスポートの名前と
同じかを確認します

d0088142_19384972.jpg


次にチケットの赤く囲んだところが搭乗ゲートなのですが
度々変更があるので

d0088142_193892.jpg


大きな“出発のご案内”と書かれた掲示板で
自分の登場する便を探し搭乗ゲートや出発時間の変更が
無いかを確認します

間違いがなければ、そのまま出国ゲートに進みます

d0088142_19391751.jpg


はじめに手荷物検査があり、それを抜けて
階段を降りると次に出国カウンターがあります

d0088142_19393018.jpg


それを抜けると案内所と掲示板があります
ゲートがわからなければ尋ねることができますが

d0088142_19394558.jpg


尋ねなくてもサインボードに従って進めば問題なく
自分の搭乗するゲートに行けると思います

d0088142_19395934.jpg



ここで飲み物やお土産など買って機内に持ち込め
ますが

d0088142_19404747.jpg


お土産を買うときに注意して欲しいのは
目的地まで乗り継ぎでいく場合、乗り継ぎ地点で
再び持ち物のチェックと入国手続きがあるので
お酒などの液体物は、お土産として入国可能な
範囲の量であっても機内持ち込みルールにひっかかり
取り上げられるおそれがあります

搭乗ゲート前にたどり着いたら
モニターに搭乗する便が書かれているかを確認し
ちゃんと書かれていれば、あとは搭乗時間と
案内アナウンスを待つだけです
もし、モニターに搭乗する便が書かれてなかったり
違う便が書かれている場合は、近くに出発のご案内”
が表示されている掲示板やTVモニターがあると
思うので搭乗機にゲートの変更がないか確認してみて
下さい
それでも問題解決しない場合は、搭乗案内窓口などに
いる航空会社の人に尋ねてみてください


 ■■ 乗り継ぎ ■■ 

ここでもう一枚の次の乗り継ぎチケットの搭乗ゲート
の表記を確認しときましょう
このゲートに向かって進むことになるのですが、乗り
継ぎ地に着くと当然ながらここからは日本語の解る人
も日本語での表記もなくなります
英語や他国語に弱い人は、ここからが不安なところ
だと思います

d0088142_19414210.jpg


サインボードにある“Connecting flights”の指示に
従い進んでいきます

進路の途中で搭乗ゲート番号の表記に変わることも
あるので、その時はそちらに従い目的の搭乗ゲートを
目指してください
搭乗ゲートは英語で boarding gate です
表記は“←A1-10,B1-10 gate”などという表記になっ
ています
意味はA1からA10、B1からB10までのゲートは矢印の
方向ですよという意味です

d0088142_1942954.jpg


進路を進むとゲート到着前に入国審査があります
入国審査ゲートについたら列に並び自分の審査を待ち
ます(パスポートとチケットを提示しなければいけな
いので事前に取り出しといて下さい)

パスポート写真と本人の確認のためにサングラスや
帽子はとらなければいけません
顔の確認とパスポートにスタンプを押すだけで会話
なしで通過させてもらえることもありますが、ふつう
は目的地や入国の目的などを質問されます

その際に答える英語ぐらいは事前に調べておきましょう

例:   

Where you go ? (どこに行くのですか?)

Switzerland(スイスです)

Vacation or Work? (休暇ですか仕事ですか?)

Vacation (休暇です)


入国審査を無事に通過すると全ての便の乗り継ぎゲート
が表示されたモニターがあるので、自分の乗り継ぐ便の
搭乗ゲートと時刻に変更がないか調べましょう

d0088142_19422957.jpg


空港(フランクフルトなど)や到着ゲートによっては
進路通りに進むと稀に一度外に出されてしまうことが
ありますが、この時は預けた荷物を受け取る必要は無く
そのまま搭乗ゲートを探して進んでください

もし迷ったら誰かに尋ねてください

例:

Excuse me. Where is ○○ gate?
(すみません○○ゲートはどこですか?)

搭乗ゲートに向かって進路を進むとゲート到着前に
再び手荷物検査があります

d0088142_194255100.jpg


ペットボトルや機内持ち込み禁止のものなどはここで
捨てさせられます

d0088142_19431276.jpg


乗り継ぐ便の搭乗ゲートに到着したら、モニターに
その便が表示されているかを確認します

d0088142_19433181.jpg


搭乗時間になったら案内があり
子供連れの人、障害者、ファーストクラス、ビジネス
クラスの人から搭乗が始まります
エコノミークラスの人はその後に案内され乗り込みます

そのまま機内につながる通路を進むか、飛行機まで送迎
してくれるバスに乗り込みます

d0088142_19442346.jpg


小型機の場合は飛行機までバスで移動になる事が多い
です

d0088142_19444439.jpg



目的地に到着

到着後飛行機を降りると、次は進路案内表示“Arrival”
の指示に従い矢印を進み、預け荷物うけとり口に進みます

d0088142_19445967.jpg


d0088142_19451378.jpg


預け荷物うけとり口に到着したら、モニターで自分の搭乗
してきた便の荷物がどこに出てくるかのベルト番号を確認
します(ここでの表示は最後に乗った飛行機の便名です)

d0088142_19453132.jpg


カート持ってきて荷物の出てくるのを待ちます

d0088142_19454936.jpg


日本で預けた全ての荷物を見つけて受け取ります
(似ているスーツケースが多いので預けたときの控え番号
と同じか確認して間違いないことを確認してください)

d0088142_1946536.jpg


間違いが無ければカートを押して外に出ます

d0088142_19462031.jpg


目的地バーゼルに到着です
[PR]
by kinosuke_otowa | 2011-09-07 08:36 | ディオの日記