松任産 甘栗南瓜(アマグリカボチャ)
d0088142_1317980.jpg


料理人の知る人ぞ知る食材 

甘栗南瓜(アマグリカボチャ)

これだけでは大きさが分からないので
隣にナシを置いてみました

d0088142_13193261.jpg


加賀料理には欠かせない食材で
名前の通り 甘栗のような甘さを持ったカボチャです

d0088142_1320628.jpg

[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-09-26 13:15 | 料理
地元の温泉
d0088142_10382882.jpg


従姉妹たちと毎日の日課となっている柔軟練習を済ませ

d0088142_10395151.jpg


向かった先は地元の温泉

d0088142_1040255.jpg


いつ来ても最高です!!

d0088142_10401681.jpg


パフォーマーの私たちにとってこの上ない最高の環境
ここが故郷で良かったと思える最高の瞬間です

帰郷時にはいつもここで一年の疲れを癒し新たな旅立ちに
備えた身体づくりをしています!!

d0088142_1040212.jpg


ラムがパフォーマーを目指す限り、大きくなってもこれは
変わらないんだろうな

満足x2 !!!
[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-09-19 20:42 | 帰郷
退院を前に病院へお見舞いです
石川県に着いた私たちの向かった先は父の入院する病院

d0088142_2513336.jpg


退院を前に病院へお見舞いです

d0088142_2514099.jpg


毎回、海外に旅立つ前に生きて会えるのはこれが最後に
なるかもねと話して旅立つのですが

そんな事を言ってる人ほど長生きすると言うか、、、

まぁ、なにはともあれ
ラムとの再会を喜ぶ父を見れて嬉しいです

d0088142_2515970.jpg


私が海外にいる時間と同じぐらいの時間を、体調の回復
だけを目標に、ここで持て余した時間を過ごしていく
一年というのは辛いんだろうな

妻子共に健康であることに感謝です

d0088142_255094.jpg


実家に帰ると、ちょうど秋祭りでお神輿と獅子舞が町を
練り歩いていました

d0088142_255477.jpg


妻は初めて目にする地元の祭りに夢中

d0088142_2564319.jpg


そこで、深夜の祭りの最後に行われる
燃え盛る炎の中、鳥居を潜って神社に入る宮入りを見に
行く事にしました

d0088142_25782.jpg


私たちがバーゼルで地元のお祭りを目にした時と同じ感
じ感動なのかな

d0088142_2572186.jpg

[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-09-16 23:50 | 帰郷
schopfheimでの写真が
d0088142_4251779.jpg


Schopfheimでのイベント出演が地元の新聞やWebなどで
取り上げられていたようです

イベント会場で私たちのショーを見てくれた方が、私たちにその
事をメールしてくれました

メールに添えられたリンクをクリックしてみると
私たちのショー中の写真が大きく取り上げられていました

しかし、掲載された写真がシゃッターを切ると同時に
運悪く私の身体がラムに被ってしまったらしく
そのイベントで会場を一番沸かせた功労者のラムが
手しか写っていませんでした

このことにラムは少し納得いかない様子

私も頑張っているんだから
たまには、こんなのもあって良いよね


この記事へのリンクはこちらから
http://www.badische-zeitung.de/schopfheim/viel-volk-beim-ersten-folk-im-park--61929160.html

とっても楽しいイベントでした
また参加できると良いな~
[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-09-12 03:04 | Switzerland
ラムの秋休みに合わせ一時帰国
ガン転移で入退院を繰り返していた父親の退院日が決まり
ラムの秋休みに合わせ一時帰国することになりました

d0088142_244058.jpg


友人トシさんの助けがあって、スイスでの新居も決まり
帰ってくる場所も無事に確保

d0088142_2442166.jpg


妻も職業訓練学校を卒業し仕事もひと段落ついて家族揃っ
ての帰国です

d0088142_2431420.jpg


仕事の事や、新居への引越し、転校手続きなど
短い期間にいろいろありすぎて本当に疲れた、、、

d0088142_2455150.jpg


今振り返ると、日々いっぱいいっぱいでいろんな人たちに
迷惑を掛けてしまった事への反省多々です

特にサーカススクールのオナー夫婦、アヤコファミリー
廣瀬ファミリー、三好ファミリー、清水ファミリーには
至らない私をサポートしていただき本当に感謝しています
温かい声を掛けてくれた周一ファミリー、郁世ファミリー
ヨシさん、崎さんにも感謝してます

d0088142_246032.jpg


再びスイスに帰っきた時には恩返しできるよう頑張りたい
と思います

d0088142_2464647.jpg


妻と話し合い、今回一番辛い思いをさせてしまったラム
へのお詫びと頑張ったご褒美に、帰国後その足でラムが
以前から行きたがっていた愛読している月刊誌チャオの
お店に連れて行ってあげる事にしました

d0088142_2465914.jpg


久しぶりに原宿の竹下通りに来ましたが、飲食店以外の
全てと言って良いほどガラリと姿を変えてしまっている
のに驚きです

d0088142_2472088.jpg


ラムも願いが叶ってご満悦!!

さて、今夜の夜行バスで石川県の実家に向かいます
[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-09-06 22:40 | Switzerland
スイスのイタリア語圏の街 Lugano ルガノ
今日はスイスのイタリア語圏の街 Lugano ルガノに
来ています

普段から大道芸のために列車で1時間ぐらい移動する
ことはよくあるので、そんなに気にすることもなく
ルガノ行きの列車に乗り込んだのですが

d0088142_3452837.jpg


スイスの北の国境の町バーゼルから、スイスの南に
位置するこの街まで、なんと片道3時間40分

朝の8時に家を出て到着したのがお昼過ぎ
「ちょっと行ってくる」とは言えない距離ですね
今回ばかしは、さすがに遠く感じます

同じ時間をかけてまたバーゼルに帰らなければいけ
ないので21時に帰宅するとなると、17時には
再び列車に乗らないといけなく、ここで滞在できる
時間は4時間半ぐらいか、、、、

それでも8本ぐらいは大道芸出来そうかな

なんて考えながらバスに乗り込み湖沿いの市街地に
向かいます

d0088142_34603.jpg


どこをとってもすべてが絵になる美しい街

今回は、たまたま近くのロカルノという町で映画祭
が開催されているせいもあって平日なのに街中は
観光客が多く、スーツやドレス姿の人なんかも見か
けました

いつでもショーが出来るように衣装の着物姿で
街中を散策していると

d0088142_3464320.jpg


私たち以外の大道芸人を発見

私たちも頑張らねば

いつもは苦労する場所探しなのですが、街中を歩い
ているだけで何が始まるのかと興味を持った人たち
が遠巻きに私たちの後をついてきてくれて、人集め
に困ることもなく、お店の邪魔にならない広めの場
所を見つけて私たちもパフォーマンス開始

d0088142_3473810.jpg


すでに集まってくれている人たちにつられるように
私たちの目新しい和風のパフォーマンスにどんどん
人が集まりだし、いつもの観客ゼロから始めるゲリラ
大道芸のショーではなく、どことなくイベントでの
ショーのような不思議な感じ

こんなにも順調に、しかも恵まれた環境が与えられる
と、後で警察に止められるのではないか??などといっ
た、かえって余計な心配をしてしまいます


そんな心配をよそに、イタリア語圏のせいかお客さん
のノリも良く、拍手と歓声でショーを更に盛り上げて
くれます

d0088142_3475892.jpg


ラムも、いつにないギャラリーの盛り上がりにビッ
クリしている様子

初めての地でしたが問題もなくショーを最後まで終え
ることが出来ました

d0088142_3483471.jpg


要らない心配をしたせいで余計気疲れした私とは
対照的に、ラムは観客との一体感の中、心地よくショ
ーを出来たことにご満悦


この後も調子良く次々いけるかなと思っていたのです
が、ショーの後に見てくれた人たちから次から次と話
し掛けられ、いろいろ説明するのに時間をとられてし
まい、本日のショーの3本目を終えたところで帰宅
時間を迎えました

大道芸は3本しか出来ませんでしたが、とっても充実
した環境で大道芸させてもらえたことに満足し帰路に
つきました

d0088142_349434.jpg


またいつかこのエリアを、次は泊りがけで訪れたいと
おもいます

私たちの大道芸を見てくれた皆さん、ありがとうござ
いました
[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-08-07 20:43 | Switzerland
ついてない土曜日
d0088142_3513939.jpg


今日は朝からルッツェルン Luzern の街で大道芸


の予定でした、、、

が、

着いて早々一本目の大道芸開始1分で警察に注意されて中止

その時の警察の理不尽な態度と扱いに、ヤル気をそがれ
気持ちが折れてしまい 帰宅

d0088142_3552482.jpg


たった40分足らずの滞在時間でした

ラムも「今日は、もう大道芸はしない」と言ってるので

帰宅した私たちは、
先日花火大会に誘ってくれた御礼に妻を誘い
久しぶりに家族そろって

d0088142_4113494.jpg


映画“メリダとおそろしの森”3D を見に行きました


d0088142_4121128.jpg


いつもはケンカの多い妻とラムなのですが
今日は映画の好みが合ったからか
不思議と仲良くしています

d0088142_412063.jpg


時間がこのまま全てを解決してくれれば良いなー

なんてね
[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-08-04 14:51 | Switzerland
スイスで過ごす初めての夏!!
d0088142_20482023.jpg


ここに来てもう三年近く経つのにスイスの夏を経験
するのは初めてで、とっても新鮮な感覚を受けます

d0088142_20483689.jpg


今日は妻の家族に誘われ花火大会にやってきました

スイスは夏の日沈が22時ぐらいと遅く、なかなか暗
くならず

d0088142_20485535.jpg


花火が始まるのをステージイベントを見ながら待つ
ようです

ステージではキッズサーカスのショーやヨーデルや
ホルンなどいろんな催しがあり待つ人たちを楽しま
せてくれます

d0088142_2049362.jpg


待つこと二時間ようやく辺りが暗くなってきました

d0088142_205067.jpg


地に響くほどの炸裂音を鳴らす空砲が打ち上げられ
その合図と共に花火大会が始まりました

d0088142_20504162.jpg


近距離から頭上めがけて打ち上げられる花火は凄い
迫力

d0088142_20505570.jpg


夏ですねー

d0088142_2051228.jpg

[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-08-01 20:47 | Switzerland
友人家族のイベントに便乗し10数年ぶりのヨーロッパパーク
d0088142_553733.jpg


23、24日と、先日のドイツでのイベントに引き続きドイツ側
の国境を越えて10数年ぶり??にやってきたのは

d0088142_5533432.jpg


ここヨーロッパパーク

一度ここでお仕事させていただいたことがあるのですが
その時はまだ独身でした

子連れで楽しんでいるお客さんを見て、子供と来れば楽
しい場所なんだろうなーなんて考え眺めていた記憶が
蘇ってきます

d0088142_554393.jpg


それが今、娘と訪れているという現実が目の前にあること
になんとも不思議な気持ちにさせられます

d0088142_555674.jpg


新しく仲良くなったスイスのご家族が、この夏のファミ
リーイベントにお泊りでテーマパークに遊びに行くと
聞いて便乗させてもらっちゃいました

d0088142_556111.jpg


この夏は引越しなどで先の予定が読めず、これといった
ファミリーイベントを考えてなかったのでラムは大喜び

しかも全てがドイツ語なのでラムにとっては最高の環境

d0088142_5562740.jpg


ヨーロッパのいろんな地域や童話をテーマにした遊具や
催しがあり、キャラクター色の強いディズニーランドと
は対照的で面白い

d0088142_5571487.jpg


こんな高飛び込みのショーなんかもありましたよ

d0088142_557343.jpg


空中ブランコなんか比べ物にならない高さからのダイブ
見ているだけで背筋がムズムズとしてきて嫌な感じです

d0088142_5575456.jpg


そんな私とは対照的に、ラムはやってみたそうな感じ?!


d0088142_5584342.jpg


いつもは年齢制限があって、なかなか入れないでいた
ボールプールを発見し

一緒に行った家族の子供たちと入り楽しそうに遊んでます

d0088142_605212.jpg


私の知り合いが今シーズンのここのショーに出演している
こともあって、途中から私たちは同行させていただいた
ご家族とは別行動でショーを中心に見て回る事にしました

d0088142_612686.jpg


まず初めに向かったのは中国のショー
雑技学校出身の芸達者な4人の子供たちがいろんな演目を
こなしていきます

d0088142_615438.jpg


さすが中国!! ハイレベルなテクニックで魅せてくれます
このショーを見ただけで満たされてお腹いっぱいな感じ
なのですが

d0088142_622282.jpg


次はアイスショーに向かいます

d0088142_63294.jpg


すごいお金をかけたショーで凄い技もいっぱい見せてくれ
るのですが、、、、

d0088142_63266.jpg


なんかまとまりのないショーで、途中で帰る観客が多く
子供たちが退屈そうにしています

ラムもめずらしく見ている途中に眠っちゃいました
まぁ、ちょっと疲れもたまってるからの事でしょう、、、

今日はこれにて一旦帰宅


d0088142_672653.jpg


さて、日も変わり今日はヨーロッパパーク二日目

d0088142_682446.jpg


d0088142_685654.jpg


今日もヨーロッパパークで遊べるとあってラムは
朝からご機嫌です

d0088142_694595.jpg


早速、ストリートパフォーマーに遭遇

d0088142_6104586.jpg


d0088142_6113082.jpg


今日は乗り物にも挑戦

d0088142_6123679.jpg


久しぶりにラムのこんな笑顔を見ました

d0088142_6135872.jpg


そして、次に向かったのはイタリアエリアのエンターテイ
メントアクロバットショー

d0088142_6151713.jpg


席につくまではこんな感じで、おちゃらけていたのですが
音楽が始まりパフォーマンスの道具が出てくると

d0088142_6171181.jpg


先ほどまでの締りのない笑顔から目つきも変わり

d0088142_61873.jpg


その見つめる先にあるのは、同系統のパフォーマンス

d0088142_6184163.jpg


同業ではあってもキャリアが違います
一流のパフォーマーの演技だけあってさすがですね

d0088142_6213078.jpg


でも、

セクシーさは数年先まで敵わないにしても今のラム
ならば、技と表現力だけならば、もう1レベルぐらい
アップするだけで出来そうな気がします

時間にすると、あと一年先ぐらいかな

d0088142_6222235.jpg


なんて、考えながら次に向かったのは

水遊びの出来るエリア

d0088142_6233344.jpg


暑い日だけあって、大掛かりな遊具もないのに
大人気です

d0088142_6245354.jpg


子供は子供らしく、こうでなきゃダメだよね!!
セクシーさなんてのは、まだまだ要らない(笑)

ラムも楽しそうに一緒に行った家族の子供たちと
服をびしょ濡れにして遊んでます

d0088142_626311.jpg


ラムには尋ねてみてないけど
今回のヨーロッパパークでラムが一番楽しいと
思ったのは水遊びだったんじゃないかな

親子共に本当に楽しい時間を過ごせました
同行させてくれたご家族に感謝です
[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-07-25 21:50 | Germany
屋外ステージを経験
d0088142_18471028.jpg


ドイツのSchopfheimという街に来ています

d0088142_18475546.jpg


今日はここで行われる Folk im Park というイベント
のステージに出させていただきます

d0088142_18491925.jpg


他の出演者は全てミュージシャン。しかも、ライブ慣
れしたベテラン揃いです

d0088142_1849454.jpg


前の出番の人が会場を盛り上げていく光景を黙って眺
めるラム

d0088142_18502452.jpg


雰囲気の違う盛り上がりに、ちょっとプレッシャーを
感じてるようです

前のバンドの盛り上がりの余韻が会場に漂う中、司会
者からの紹介を受けてステージの中央に登場したまで
は良かったのですが、緊張しているところに持ってき
て、音響トラブルで1分間の中断

ステージ上でそのまま待たされ、更に緊張してるのか
なと思いきや

会場がその事によってざわつきだしたことで、ラムの
緊張も一緒に解れたらしく、いつもの大道芸と同じ
雰囲気でショーを開始することができたようです

d0088142_1852986.jpg


はじめはザワザワしていた会場も、心地よさそうに舞
うラムの姿に観客の視線も集まりだし、徐々に静かに
なっていき

d0088142_18531488.jpg


和の曲が響き渡る会場を、神秘的で悲しくも温かい
不思議な空間が包み込んでいきます

その雰囲気に後押しされ、失敗の多いポイントもパー
フェクトにこなし大拍手と歓声の中ショーを終える
ことが出来ました

d0088142_18535913.jpg


ステージをやり遂げたことでの安心感と達成感から
自然にこぼれたラムの笑顔に、今まで会話を交わす
こと無かった他の出演者たちも笑顔で「良かったよ」
と声を掛けてくれました

d0088142_18542792.jpg


すごーく嬉しそうです

d0088142_18561597.jpg


ステージと観客が一体となった不思議な時の流れが
今まで経験なしたことのない心地よさをラムに与え
てくれたらしく、イベントの全ての演目が終わり
会場のステージが撤去されていくまで会場を去ろう
とはせず、今日のイベントが行われた会場をジッと
眺めていました

d0088142_18564539.jpg


素敵な経験をさせてくれた来場者の皆さん、そして
チャンスを与えてくれたスタッフの皆さんに心から
感謝してます

d0088142_18571197.jpg

[PR]
# by kinosuke_otowa | 2012-07-22 18:44 | Germany